2015年10月25日

下町ロケット 第3話

第3話「池井戸潤・直木賞受賞作〜新たな敵・帝国重工が牙をむく!」11月1日放送

ナカシマ工業との訴訟において事実上の勝利を手に入れた佃製作所。多額の和解金も入り、そのうえ帝国重工に特許を譲ればさらに20億もの大金が入ってくるとあって、社内は大いに盛り上がるが、ひとり佃(阿部寛)だけは別の可能性を探っていた。そして特許売却か、使用契約かを帝国重工に返答する当日。いずれにしてもバルブシステムの使用権利を手に入れ、「スターダスト計画」の遅れを取り戻そうとしていた財前(吉川晃司)と富山(新井浩文)だったが、佃は財前らが予想だにしなかった提案を示す。財前を驚かしたその提案とは?

一方、ノーリスクで多額の金を得られると思っていた江原(和田聰宏)や迫田(今野浩喜)、真野(山崎育三郎)ら若手社員は、財前に示した佃の提案を聞くと一転、「自分の夢のために会社を私物化するな」と詰め寄る。さらに、開発部のリーダーである山崎(安田顕)や、埜村(阿部進之介)らバブルシステムの開発チームの関係もギクシャクしてしまう。

そんなある日、佃は、娘の利菜(土屋太鳳)から突然、「1億円を貸してほしい」と頼まれ……!?

第1話 2015年10月18日「ジャパン・ドリーム感動物語の誕生!!中小企業が大企業に勝負!涙…!夢とプライド」
第2話 2015年10月25日「池井戸潤・直木賞受賞作〜娘の愛で20億買収の危機を救えるか15分枠大SP」
第4話 2015年11月8日「池井戸潤・直木賞受賞作〜反撃開始!下請けの屈辱をはらせ!!」

下町ロケット TOPへ
各話視聴率へ
2015年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2015年秋ドラマ視聴率一覧へ

『下町ロケット 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 2015年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

下町ロケット (第3話・11/1) 感想
Excerpt: TBS系・日曜劇場『下町ロケット』(公式) 第3話『池井戸潤・直木賞受賞作〜新たな敵・帝国重工が牙をむく!』の感想。 なお、原作小説:池井戸潤氏の『下町ロケット』は未読。WOW..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2015-11-02 06:57

下町ロケット「池井戸潤・直木賞受賞作〜新たな敵・帝国重工が牙をむく!」
Excerpt: 裁判は、神谷弁護士(恵俊彰)の作戦もあり、佃製作所は、佃(阿部寛)の主張が反映された、和解という事実上の勝利に。 多額の和解金も入り、そのうえ帝国重工に特許を譲れば、さらに20億もの大金が入って..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2015-11-02 08:17

下町ロケット 第3話★部品供給
Excerpt: 下町ロケット 第2話 ナカシマ工業との和解に成功した佃(阿部寛)は、バルブシステムの特許を帝国重工に売却するか使用契約にするかの選択を迫られる。佃はそこで、部品供給という第三の道を選択。それだけ..
Weblog: 世事熟視〜コソダチP
Tracked: 2015-11-02 10:00

下町ロケット 第3話
Excerpt: 「池井戸潤・直木賞受賞作〜新たな敵・帝国重工が牙をむく!」 内容 神谷弁護士(恵俊彰)の作戦で、ナカシマ工業との訴訟合戦は、 佃(阿部寛)の主張が反映された和解という事実上の勝利で終わった。 5..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2015-11-02 22:25

【下町ロケット】第3話プチ感想と視聴率最高♪
Excerpt: 「池井戸潤・直木賞受賞作〜新たな敵・帝国重工が牙をむく!」 第3話の視聴率は、前
Weblog: ショコラの日記帳・別館
Tracked: 2015-11-03 00:04

下町ロケット〜お金より技術。この作品は、金融資本主義批判の作品ですね
Excerpt:  技術とお金の物語である。  技術は、人々の生活や人生を豊かにする。  佃航平(阿部寛)が裁判で語った、トーマスエジソンのアイロンがそうだ。  では、お金はどうか?  本来なら、お金も人を豊かにす..
Weblog: 平成エンタメ研究所
Tracked: 2015-11-03 09:09

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
50音検索