2015年10月06日

テディ・ゴー! 第1話

STORY1「クマに謎のオヤジ」2015年10月10日

山瀬和子(森川葵)は、熱海で暮らす23歳のフリーター。この日、ようやく決まったバイトでクマの着ぐるみを着ていた和子は、別れたばかりの元彼のデート現場を目撃。やけになって八つ当たりをしていたのが見つかり、あっけなくクビを言い渡された。その帰り道、街で見かけたクマの編みぐるみに心ひかれた和子は、そのクマを手に入れる。

クマを手に家に帰った和子は、母親の厚子(峯村リエ)から生活費を請求される。払えるはずもなく動揺する和子は、仕事をクビになったことを察した厚子から板前修業をちらつかされてとっさに翌日支払う約束をする。

翌朝、クマを抱いて寝ていた和子は、鏡に映った自分と強面の男(哀川翔)が抱き合っている姿に悲鳴をあげる。厚子に助けを求めるが、どうやら厚子には男の姿は見えず声も聞こえないようだ。気味が悪いとクマを捨てようとする和子に、天野康雄と名乗ったクマは、へそくりを渡すことを条件に“人探し”を頼む。背に腹は代えられぬと渋々引き受けることにした和子は、康雄に言われるがまま古びたビルにある学習塾「高井塾」に向かうが、そこでとんでもないことが発覚する…

第2話 2015年10月17日

テディ・ゴー! TOPへ
2015年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2015年秋ドラマ視聴率一覧へ

『テディ・ゴー! 第1話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2015年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

テディ・ゴー! (第1話・10/10) 感想
Excerpt: フジテレビ系『テディ・ゴー!』(公式) 第1話『クマに謎のオヤジ』の感想。 なお、原作小説:加藤実秋新氏の『アー・ユー・テディ?』は未読。 恋人に振られアルバイト..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2015-10-11 22:01

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索