2015年08月18日

HEAT 第8話

第8話「最大の敵社長との全面対決!再開発止める秘策とは」2015.8.25 ON AIR

いたずらで火事を起こそうとしていた少年に刺されて重傷を負ったタツヤ(AKIRA)は、病院で一命を取り留めた。だが、事件は思わぬ騒動に発展。 タツヤを襲ったのは再開発反対派の住民だとのうわさが流れたことから、賛成派が暴力に屈さず計画を推し進めるべきだと声を挙げ、 再開発の具体案を決定する準備組合総会が一週間後に行われることになったのだ。

そんななか、等々力(鈴木伸之)がひょんなことから犯人の少年を突き止めて事件の真相を知り、 咲良(栗山千明)も榊(井出卓也)から、タツヤが住民に寄り添った「災害に強い町」を目指す再開発プランを準備していたことを打ち明けられる。 消防団員として必死に町を守ろうとしていたタツヤの思いを知った第十一分団の面々は、そろって病院を訪ね、悩み、苦しんでいたタツヤと和解。 仲間たちのやさしさにふれたタツヤに笑顔が戻る。

「もう一度俺にチャンスをくれませんか」と咲良らに告げたタツヤは、意を決して日比野(稲垣吾郎)のもとへ。 住民の意向を無視した強引な再開発に異論を唱えると、準備組合総会に自らも出席し、計画に反対すると宣言する。

総会までのわずか一週間で、日比野の計画を覆す無謀な戦いに身を投じたタツヤは、再開発をめぐる疑惑に気づく。 日比野が工事を委託した「堂島建設」には、星乃市長(国広富之)との癒着を疑わせる不審な点があったのだ。 タツヤは真相を探ろうと幸多市に住む堂島建設の社員・畠山和夫(小林隆)に接触するが、すでに日比野の指示で箝口令が敷かれ、畠山は何も話そうとしない。

そんな折、タツヤは星乃の妻が経営するブティックと堂島建設の繋がりをつかみ、この店との取り引きを隠れ蓑に賄賂の金が流れていると確信。 その証拠となる裏帳簿を手に入れようとするが、日比野の差し金で星乃の妻が証拠隠滅を図り、バラバラの紙くずにされてしまった。 反撃の手はすべて断たれたかに思われたが、タツヤの懸命さに心を打たれた畠山が総会で不正の内幕を証言することを承諾。タツヤは一転、勝利を確信する。

ところが総会の当日、畠山が証言を止めると言い出した。日比野が畠山の病気の妻の治療費を請け負うと約束し、口を封じたのだ。 総会で不正を告発し、再開発計画の中止を訴えるも、証拠がないと日比野らに一蹴されて追い詰められるタツヤ。 しかし、第十一分団のメンバーがタツヤを助けたいと徹夜で復元した裏帳簿を持って咲良が駆けつけ、形勢は逆転。 日比野と星乃は組合員たちの非難にさらされるが、そんなとき、「火事だ!」「早く逃げろ!」という声が会場に響き渡り…。

第1話 2015年7月7日「初回は2時間SPー街を狙う男が街を守るヒーローへ!史上初の消防ドラマが今夜開幕大火災の中絶体絶命」
第2話 2015年7月14日「大パニックに響く魂の叫び」
第3話 2015年7月21日「119番に隠された真実!病の孤独な少年を救え!」
第4話 2015年7月28日「台風直撃夫婦の想い出を守れ!嵐の中、決死の救出」
第5話 2015年8月4日「夏祭りの夜に事件勃発!仲間と別れの時!涙の決断」
第6話 2015年8月11日「リストラ危機!消防団が分裂!仲間の絆つなぐ真実」
第7話 2015年8月18日「恐るべき社長の本性!最大の裏切りに消防団が崩壊」
最終話 2015年9月1日「大火災の中、決死の救出!最後の無線と涙の敬礼」

HEAT TOPへ
各話視聴率へ
2015年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2015年夏ドラマ視聴率一覧へ
タグ:heat

『HEAT 第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2015年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

HEAT 第8話
Excerpt: いたずらで火遊びをしていた少年(浦上晟周)に刺されたタツヤ(AKIRA)は、病院に運ばれて、一命を取り留めます。 咲良(栗山千明)は病院に駆けつけますが、エリ(菜々緒)に追い返されてしまいます。..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2015-08-26 11:23

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索