2015年07月28日

HEAT 第5話

第5話「夏祭りの夜に事件勃発!仲間と別れの時!涙の決断」2015.8.4 ON AIR

ついに日比野(稲垣吾郎)が再開発プロジェクトの最終候補地を「幸多市」に決定。 タツヤ(AKIRA)に敗れた濱田(田中圭)に、日比野はあろうことかタツヤのチームのサポートに加わるよう命じる。だが、その指示の裏にはなにか思惑があるようで…。

プロジェクトが本格始動し、仕事に追われるタツヤ。そんななか、エリ(菜々緒)から、「もう消防団の活動を続ける必要はない」と言われ、 日比野からも「消防団をまだ続けるつもりなのか」と問われて退団の潮時だと考えるが、辞めることを迷っている自分に気づいて戸惑う。

そのころ、第十一分団のメンバーは地元の夏祭りの準備に大ハリキリ。やぐらや屋台の設営、出店する露天商たちへの指導や祭り当日の見回りなどを毎年任されている夏祭りは、 消防団の活動の中でも一、二を争うほど忙しくなる一大イベントなのだ。今年からタツヤも加わり、頼もしいと喜ぶ咲良(栗山千明)に、タツヤは退団を切り出すことができない。

そんなある日、エリが咲良を訪ねてきた。エリは消防団の活動がタツヤの本業に支障をきたし、負担を強いていると告げ、 「彼を解放してもらえませんか?」とすぐにでも辞めさせるよう咲良に詰め寄る。 この言葉にショックを受けた咲良は、これ以上迷惑をかけることはできないとタツヤに退団を勧め、タツヤも夏祭りを最後に辞めることを決意する。

互いに複雑な思いを抱えたまま迎えた夏祭りの日、会場の準備に追われるタツヤらは、予想外のトラブルに見舞われる。 金魚すくい屋の到着が遅れ、出店が間に合わないというのだ。水槽もポイも器も届かない中、別便で先に送られてきた大量の金魚を前に困り果てる団員たち。 しかし、「やりましょう。俺たちで金魚すくい!」というタツヤの言葉に奮起。町を駆け回って道具をそろえ、なんとか出店に漕ぎ着ける。

無事に祭りが始まり、町の人々の笑顔が溢れる会場を微笑ましく眺めていたタツヤは、家族と遊びに来ていた合田(佐藤隆太)から、 消防団の地道な活動が町の当たり前の幸せを支えていると告げられる。 この言葉に心を動かされたタツヤは「もう少し、団にいさせてもらえませんか?」と咲良に頭を下げ、消防団に残ることに。 咲良は喜びのあまり泣き出してしまうが、そんなふたりの姿をエリが物陰から見ていて…。

ともにトラブルを乗り越え、第十一分団のメンバーとの絆を深めていくタツヤ。だが同じ頃、濱田が思わぬ人物に接触していようとは知るよしもなく…。

第1話 2015年7月7日「初回は2時間SPー街を狙う男が街を守るヒーローへ!史上初の消防ドラマが今夜開幕大火災の中絶体絶命」
第2話 2015年7月14日「大パニックに響く魂の叫び」
第3話 2015年7月21日「119番に隠された真実!病の孤独な少年を救え!」
第4話 2015年7月28日「台風直撃夫婦の想い出を守れ!嵐の中、決死の救出」
第6話 2015年8月11日「リストラ危機!消防団が分裂!仲間の絆つなぐ真実」

HEAT TOPへ
各話視聴率へ
2015年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2015年夏ドラマ視聴率一覧へ
タグ:heat

『HEAT 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索