2015年07月27日

ブスと野獣 TOP

2015年8月1日から同年9月19日まで、毎週土曜23:40 - 翌0:05に、フジテレビ系の「土ドラ」枠で放送された。全8話。


概要
恋愛未経験ながら共に面食いのブサイクな男女2人が、美男美女と恋人になるためにあらゆる手段を使って悪戦苦闘する、とびきり変わったラブコメディー。大学のディベート部エースで理屈至上主義論者の“ブス”な男・中田健太を、大人計画所属の若手個性派俳優・矢本悠馬が演じ、“野獣”な女・篠原幸恵を、ブスカワなビジュアルと独特な存在感でブレーク中の女性お笑いコンビ・おかずクラブのゆいPが演じる。


ストーリー
今まで一度も恋人ができたことのない、大学2年生の“ブサイク”な男女・中田健太(矢本悠馬)と篠原幸恵(ゆいP)。一度見たら忘れられない、強烈なインパクトを与える残念な外見を持つ2人の共通点は、自分のルックスを棚に上げて、“面食い”ということだった。

そんな2人が恋に落ちたのは、お互いの親友である美男美女。レスリング部のマネジャーを務める幸恵の親友・上条梓(逢沢りな)は誰もが振り向くかわいさ。健太の親友・北原颯佑(成田凌)は、ディベートサークルとバスケットボール部に所属している、爽やかな笑顔を振りまくイケメン。恋愛未経験の健太と幸恵は協力し合い、恋人になるまでの作戦を立てて実行に移していく。


キャスト
中田健太(矢本悠馬)
本作の主人公。明央大学2年生。20歳。ディペート部のエース。容姿が悪い事から、通称:ブスと呼ばれる男。今まで恋人が出来た事がなく、美人な恋人が欲しいと思っている。座右の銘は「ペンは剣より強し。ディベートは世界を救う」

篠原幸恵(ゆいP(おかずクラブ))
本作のもう1人の主人公。明央大学2年。20歳。レスリング部主将。容姿が悪い事から、通称:野獣と呼ばれる女。健太と同様、今まで恋人が出来た事がなく、イケメン(特に塩系イケメン)の恋人が欲しいと思っている。座右の銘は「欲しいものは力ずくで手に入れる」

上条梓(逢沢りな)
幸恵の親友で、健太の想い人。明央大学2年。レスリング部マネージャー。才色兼備で、大学のマドンナ的存在。

北原颯佑(成田凌)
健太の親友で、幸恵の想い人。明央大学2年。20歳。ディベート部とバスケ部を掛け持つ文武両道のイケメン。

マサル(森下大地)
シズカ(オカリナ(おかずクラブ))
下北沢にいそうなカップル。健太と幸恵の前に度々現れては、2人に影響を与える。

ナレーション(村本大輔(ウーマンラッシュアワー))

スタッフ
脚本:坂本絵美、村井真也
キャラクター監修:モリタイシ
プロデュース:池田拓也
演出:加藤裕将、高野舞

主題歌:『時間をとめるラブソング』サンボマスター(Victor / Getting Better)


各話あらすじ(2015.8.2 - 9.19)全8話 平均視聴率 2.90%
第1話 2015年8月1日「最悪の一目惚れ」 視聴率 4.7%
 頭の回転が速く口が立つ20歳の健太(矢本悠馬)は大学ディベート部エースだが、彼女いない歴=年齢。通称‘ブス’の健太の一番の目的は美人の彼女をつくることだ。一方、同じ大学で同い年のレスリング部主将・幸恵(ゆいP)は努力で強さを手にしたが、‘野獣’と呼ばれる幸恵が一番欲しいのはイケメンの彼氏だ。図書室で最低の出会いを果たした2人は、互いの親友である梓(逢沢りな)と颯佑(成田凌)に一目ぼれしてしまう。

第2話 2015年8月8日「たった一言の勇気」 視聴率 2.8%
‘野獣’の幸恵(ゆいP)はイケメンの颯佑(成田凌)に、‘ブス’の健太(矢本悠馬)は美人の梓(逢沢りな)に一目ぼれするが、颯佑と梓からは2人がいい雰囲気だと誤解されてしまう。颯佑と梓が連絡先を交換したことを知った2人は、自分たちも好きな相手の連絡先を知りたいと躍起になるものの、自分に自信がない不細工な2人には聞き出すことが至難の業。焦る幸恵と健太は、言い争ううち、相手に指摘された自分の欠点に気付き…。


第3話 2015年8月15日「恋の見切り発車」 視聴率 2.1%
 健太(矢本悠馬)と幸恵(ゆいP)は、颯佑(成田凌)と梓(逢沢りな)が一緒にランチしている姿を見て動揺。彼らの仲が進展する前にデートに誘おうと思い付く。とはいえ、デートの経験がない健太と幸恵はどうしたらいいか分からず、彼らの趣味を探ることに。そして、彼らがあるお笑い芸人のことが好きだと知る。その芸人のライブチケットが欲しい健太と幸恵は早朝から列に並ぶが…。

第4話 2015年8月22日「私にも愛を下さい」 視聴率 1.9%
 颯佑(成田凌)と梓(逢沢りな)から両思いだと勘違いされ、焦りを隠せない健太(矢本悠馬)と幸恵(ゆいP)。健太は幸恵と相談し、颯佑と梓を誘っての‘ダブルデート作戦’を計画する。うまくいけば、その日のうちに告白までできるはずだと鼻息の荒い健太と幸恵は、同性同士で出掛けて偶然を装い街で会い、何とかダブルデートに持ち込む。ところが、最後に立ち寄った居酒屋で、4人は知人の合コンに合流させられてしまい…。

第5話 2015年8月29日「ネバーギブアップ」 視聴率 2.5%
 合コンで勇気を出して颯佑(成田凌)に思いを告白した幸恵(ゆいP)は、冗談だと思われ、全ての気力を失う。梓(逢沢りな)は幸恵が本気で颯佑を好きだと知り、普通はもっと仲良くなってから告白すべきだと意見する。ところがそれを聞いた健太(矢本悠馬)が、梓の‘普通’と自分たちのような不細工な人間の‘普通’は違うと怒ってしまう。その後、われに返った健太は、説教したことを謝ろうとするが、なぜか梓は健太を避け始める。

第6話 2015年9月5日「胸がチクリとする」 ※「ワールドカップバレーボール2015女子・日本×アメリカ」(19:00 〜 21:39 45分延長)が放送のため、開始時間変更( 24:25 - 24:50 )。 視聴率 3.3%
 失恋覚悟で告白に挑んだ健太(矢本悠馬)は、晴れて梓(逢沢りな)と恋人同士になり、幸福の絶頂に。一方、告白を目の前で見た幸恵(ゆいP)は、健太を失って初めて胸の痛みを覚え、動揺していた。そんな中、健太と梓は幸恵の恋を応援しようと、颯佑(成田凌)も誘ってのダブルデートを計画。ところが当日、健太と梓は現れず、幸恵は颯佑と2人きりにされてしまう。幸恵の携帯電話には健太たちからデートの行程表が送られ…。

第7話 2015年9月12日「ふたりきりの夜」 視聴率 3.0%
 健太(矢本悠馬)と幸恵(ゆいP)はそれぞれ念願かなって、理想の相手である梓(逢沢りな)、颯佑(成田凌)と恋人同士に。ところが、2人はお互いのことが気になって仕方がない。そんなある朝、二日酔いの上に、ほぼ裸の状態で部室で目覚めた健太と幸恵は、状況を把握できず動揺する。前夜、英語ディベート大会優勝を部室で祝っていた4人。やがて梓と颯佑が帰り、健太と幸恵は2人で、理想の恋人を得た祝勝会を始めたのだが…。

最終話 2015年9月19日「最高の結末!?」 視聴率 2.9%
 互いへの恋心を自覚した健太(矢本悠馬)と幸恵(ゆいP)。幸恵は颯佑(成田凌)に、健太のことが頭から離れないと正直に伝え、別れを告げる。一方、健太は梓(逢沢りな)を振るかどうかで悩み抜いていた。このままでは梓に対して不誠実になると、健太は意を決して別れを告げようとするが‘美女の魅力’に負けてなかなか言い出せない。幸恵が颯佑と別れたとは知らない健太は、その夜、4人で約束していた花火大会に出掛ける。


番組公式サイト


タグ:ブスと野獣

『ブスと野獣 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索