2015年07月09日

廃墟の休日 TOP

2015年7月10日から同年9月25日まで、毎週土曜日0:52 - 1:23(金曜日深夜)に、テレビ東京系の「金曜25時」枠で放送された。


概要
国内外の壮大で美しい廃虚を舞台に、俳優とそのクリエーター仲間が旅する様子を紹介する“ロードムービー的ドキュメンタリードラマ”。廃虚を訪れる俳優らの素顔が見られるドキュメンタリーと、彼らが道中や廃虚で繰り広げるエチュード(即興芝居)の二つの要素を組み合わせて展開する意欲作で、廃虚に詳しい謎の人物ジョン・Tに誘われた俳優らが、指定された廃虚に向かうという設定で進行する。


ストーリー
廃虚に詳しいジョン・Tに誘われた俳優が、廃虚を撮影するためクリエーターの友人を連れて指定された場所へ向かう。だが、待ち合わせ場所にジョンは現れず、彼からのメールだけが届く。メールでの指示や、ジョンが差し向けた人々の導きで、俳優らはなんとか目的の廃虚に到着。同所の過去の写真と見比べながら、思い思いの感想を語り合い、はかなくも美しいその情景を後世に伝えるべく、撮影を開始する。


キャスト
安田顕(1〜3話)
俳優。SNSで知り合った、廃墟に詳しいジョンに誘われて兵庫と長崎の廃墟を訪れる。

野口照夫(1〜3話)
映画監督。安田顕と共に兵庫と長崎の廃墟を訪れる。

田辺誠一(4話〜)
俳優。SNSで知り合った、廃墟に詳しいジョンに誘われてアメリカ合衆国の廃墟を訪れる。

スミマサノリ(4話〜)
執筆家・デザイナー・映像クリエイター。田辺誠一と共にアメリカ合衆国の廃墟を訪れる。


スタッフ
プロデューサー:井上雅晴(テレビ東京制作)/清水啓太郎(松竹撮影所)
制作:テレビ東京/テレビ東京制作
制作協力:松竹撮影所
製作著作:「廃墟の休日」製作委員会

主題歌:コレサワ「シュシュ」(RECO RECORDS)


各話あらすじ
第1話 2015年7月10日「日本2大廃墟・軍艦ホテル」
 ある日、世界中の廃墟を知り尽くしている謎の男ジョン・Tから「廃墟を撮りに来ないか?」と誘われた安田顕は、友人で映画監督の野口照夫と旅に出る。しかし待ち合わせ場所にジョンは現れない。行き先もわからず戸惑っていると、見知らぬ人からメッセージカードを渡される。2人は、ジョンが差し向けたであろう人々から渡されるカードや、彼から送られてくるメールに導かれ、やがて美しく壮大な廃墟・摩耶観光ホテルにたどり着く。

第2話 2015年7月17日「日本2大廃墟・廃墟の王様」
 世界中の廃墟を熟知している謎の男ジョン・Tのメッセージに導かれ、野口照夫監督と長崎にやってきた安田顕。翌朝、指定された港から乗り込んだ船は軍艦島行きと思っていたが、船頭によると目的地は隣の島だという。が、悪天候でその島に船がつけられず、急きょ軍艦島に接岸。かつて炭鉱の島として栄えた島で、日本最古の鉄筋コンクリートの集合住宅などを眼前にした安田と野口。2人は「廃墟とは何か」について思いを馳せる…。

第3話 2015年7月24日「廃墟の記憶」
 美しい廃墟を巡る旅を続ける安田顕と友人の野口照夫監督は、長崎での本当の目的地、軍艦島の隣にある中ノ島に到着。2人は、ジャングルのように生い茂る草むらをかき分け山頂に向かう。そこで目撃したのは、かつて軍艦島の住民の憩いの場だった公園の跡や、荘厳な展望台やツタの絡まる建造物。ジョンはなぜ中ノ島を見せたかったのか?2人はその答えを探るように、軍艦島と中ノ島、2つの島をテーマにした映像のスケッチを始める。

第4話 2015年7月31日「爆発の生き残り」
 世界中の廃墟を知り尽くしている謎の男ジョン・Tから廃墟巡りの誘いを受け、友人のスミマサノリと共に米・ニューヨークにやって来た田辺誠一。しかし待ち合わせ場所にジョンはおらず、代わりに現れた謎の男性から受け取ったカードを元に、2人は目的地となる廃墟の探索を開始する。わずかなヒントを頼りに電車と船を乗り継ぎ、かつて武器商人が建てたという廃墟「バナーマン城」にたどり着く。

第5話 2015年8月7日「天空のホテル」
 謎の男ジョン・Tのメッセージに従い、米・ニューヨークのキングストンにあるB&Bで休むことになった田辺誠一と友人のスミマサノリ。2人が寛いでいると突然、次のメッセージが渡される。導かれるように訪れたアウトドアショップで、目的地が山の上にあると聞いた2人は、そこで渡されたGPSと地図を頼りに登山を開始。かつてのリゾートホテル跡へと向かう。草木が生い茂る廃墟で、2人は光と影のコントラストに興味をそそられ…。

第6話 2015年8月14日「巨大廃墟群」
 世界中の廃墟を知り尽くしている男ジョン・Tに導かれ、アメリカニューヨーク州北西部にあるバッファローにやって来た田辺誠一と、その友人のスミマサノリ。見知らぬ人から渡されたチケットでリバークルーズに参加する事になった2人は、川沿いにある巨大廃墟群を見て回ることになる。

第7話 2015年8月21日「巨大な駅」
 墟に詳しい謎の男ジョン・Tに導かれるまま、田辺誠一とその友人のスミマサノリは、かつて1日数万人が利用したというバッファロー駅を訪れる。荘厳なアールデコ調のホール、高層タワー、7つのプラットホーム…。巨大な駅を隅々まで見て回った2人は、その圧倒的な美しさを映像のスケッチに残す作業を始める。

第8話 2015年8月28日「世界一の工場」
 アメリカの廃墟を巡る不思議な旅を続ける田辺誠一とその友人のスミマサノリ。ジョン・Tからの指示に従ってペンシルバニア州スクラントンにやってきた2人は、かつてアメリカ随一と称されたスクラントン・レース工場跡を訪れる。巨大紡績機、倉庫、時計塔、従業員専用の娯楽施設などが点在し、まるで迷路のように広大な敷地内を見て回った2人は、在りし日の繁栄に思いを馳せる。

第9話 2015年9月4日「えいがのなごり」
 廃墟に詳しい謎の人物ジョン・Tからのメッセージに従い、アメリカのペンシルバニア州フィラデルフィアにやってきた田辺誠一とその友人スミマサノリは、「えいがのなごり」というヒントを頼りに町の人々に聞き込みを行い、ランズダウン劇場跡に辿りつく。見学を終えた2人は、60年以上にわたって町の社交場として栄えた美しい劇場をテーマに、映像のスケッチを始める。

第10話 2015年9月11日「地下」
 世界中の廃墟を知り尽くしている謎の男ジョン・Tから廃墟巡りの誘いを受け、友人の吉田照幸と共に栃木県の宇都宮にやってきた生瀬勝久。しかし、待ち合わせ場所にジョンはおらず、送られてきたメッセージには「目的の廃墟は“地下にある”」。廃墟を記したMAPを頼りに2人が辿り着いたのは、大谷石採掘場跡。採掘場周辺を散策したのち地下へと進むと、そこには地底湖が広がっていた。地底湖の先で2人が見た景色とは…。

第11話 2015年9月18日「コンクリの神殿」
 廃墟に詳しい謎の男ジョン・Tに導かれ、秋田県の鹿角花輪駅にやってきた生瀬勝久と吉田照幸。目的の廃墟は“コンクリの神殿”。ジョンから送られてくるキーワードや聞き込みを頼りに、2人は尾去沢鉱山にたどり着く。708年に発見されて以来、1978年に閉山するまで、日本の主力銅山の一つであった尾去沢銅山は、縦横に800kmに及ぶ坑道が広がる。2人はその坑道をめぐり、さらに立入禁止のロープを越え、今や廃墟となっている精錬所跡へと向かう…。

最終話 2015年9月25日「コンクリの神殿」
 廃墟に詳しい謎の男ジョン・Tに導かれ、宮城県の古川駅にやってきた生瀬勝久と吉田照幸。“夢を見る”という謎のキーワードに戸惑いながらたどり着いたのは、とある不動産屋。2人は、その主人から遊園地の昔の写真を見せられ、目的地が今は閉園している「化女沼レジャーランド」であることを知る。最盛期には年間数十万人が訪れたという遊園地。その現在の姿を目の当たりにした2人は、華やかなりし過去に思いを馳せる…。


番組公式サイト
タグ:廃墟の休日

『廃墟の休日 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年秋(10- 12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
50音検索