2015年06月26日

僕らプレイボーイズ 熟年探偵社 TOP

『僕らプレイボーイズ 熟年探偵社』(ぼくらプレイボーイズ じゅくねんたんていしゃ)は、2015年7月17日から同年9月11日まで、毎週金曜日19:58 - 20:54に、テレビ東京系の「金曜8時のドラマ」枠で放送された。原案は、藤田宜永「還暦探偵」(新潮文庫刊『通夜の情事』所収)。主演は高橋克実。


概要
高橋克実主演の異色ミステリー。藤田宜永の「還暦探偵」を原案に、“中高年の、中高年による、中高年のため”の探偵ドラマが展開する。高橋が演じるのは、メンバーが全員、55歳以上という「プレイボーイズ探偵社」に所属する元サラリーマンの探偵・岩瀬厚一郎。


ストーリー 
妻の奈月(水野真紀)、その母である佳世(冨士眞奈美)と3人で暮らす中年男性・岩瀬厚一郎(高橋克実)は、家電メーカーに長年勤務していたが、ある日、突然リストラされる。まだ多額のローンを抱えている厚一郎は、再就職先を探した結果、「プレイボーイズ探偵社」に勤めることになる。だが、そこはメンバーが全員55歳以上の男性という、一風変わった探偵事務所だった。

厚一郎は、元クレー射撃選手の由井虎次(石田純一)、タクシー運転手との兼業探偵・田浦要(笹野高史)らくせ者ぞろいの同僚たちと時に協力し、時にぶつかり合いながら、中高年の男女から持ち込まれる依頼を解決するため奔走する。


キャスト
岩瀬 厚一郎(いわせ こういちろう)
演 - 高橋克実
「プレイボーイズ探偵社」の新人探偵。長年家電メーカーの営業職だったが、突如リストラされてしまい転職。入り婿で、妻と姑との3人暮らしだが、2人に頭が上がらない。家のローンも10年以上残っているため、リストラされたことを2人に言い出せずにいる。

プレイボーイズ探偵社
土屋 元禄(つちや げんろく)
演 - 伊東四朗
「プレイボーイズ探偵社」所長。かつては警視庁捜査一課の鬼警部だったが、警察の体制を憂いて退職し、中高年の事件は中高年の探偵だからこその解決方法があると考え、同事務所を設立。刑事時代に培った洞察力で、さまざまな事案を解決してきた。

由井 虎次(ゆい とらじ)
演 - 石田純一
「プレイボーイズ探偵社」の探偵。元クレー射撃の選手で、モスクワ五輪の代表にも選ばれたが、同大会を日本がボイコットしたため五輪には出場していない。抜群の動体視力を誇り、走る車のナンバーを読み取ることができる。女性の扱いが得意で、かなりのプレイボーイ。

田浦 要(たの かなめ)
演 - 笹野高史
「プレイボーイズ探偵社」の探偵。探偵業の傍ら、タクシー運転手もしている。東京都内の道に詳しく、初めて訪れた場所でも大体の方向は把握できる。緊急時には人が変わり、レーサーのように爆走する。

堀切 保(ほりきり たもつ)
演 - 角野卓造
「プレイボーイズ探偵社」の探偵。かつては開業医だったが、年寄りばかりの相手をすることに嫌気が差し、所長である土屋の人柄にほれたこともあり、探偵に転職。理系でありながら人情家だが、理屈っぽく、すぐにうんちくをたれるのが悪いくせ。

磯貝 美由紀(いそがい みゆき)
演 - 中村静香
「プレイボーイズ探偵社」の経理兼事務員。表向きはセクシーでかわいいが、探偵たちに鋭い突っ込みを入れて場を凍りつかせることもある毒舌家。

岩瀬家
岩瀬 奈月(いわせ なつき)
演 - 水野真紀
厚一郎の妻。年下だが、夫を尻に敷く鬼嫁的な一面も。母親ともども、かなりの浪費家で、多額のローンを抱えている。

岩瀬 佳世(いわせ かよ)
演 - 冨士眞奈美
奈月の母。一人娘である奈月は目に入れても痛くない存在で、愛情を注いでいる。その一方で、厚一郎には手厳しい。

ゲスト
第1話
三宮 英子
演 - 田中美佐子
千葉 竜吾
演 - 金田明夫

第2話
中西 寛子
演 - 市毛良枝
中西 健一
演 - 中丸新将
岸谷 武志
演 - 中村倫也

第3話
佐藤 圭作
演 - 小野寺昭
河合 沙織
演 - 篠原真衣

第4話
篠原 瑠璃子
演 - 秋野暢子
佐々木 義則
演 - 春田純一

第5話
藤村 百合子
演 - 松原智恵子
岸谷 千帆
演 - 高橋ひとみ
藤村 正和
演 - 斉藤陽一郎
堀切 卓也
演 - 東根作寿英

第6話
陶久 町子
演 - 佐々木すみ江
陶久 茂
演 - 佐戸井けん太

第7話
加藤 善治
演 - 浅野和之
加藤 妙子
演 - 杜けあき
風間 輝樹
演 - 大澄賢也

第8話
田浦 京子
演 - 根本りつ子
吉崎 仁美
演 - 角替和枝
堀切 卓也
演 - 東根作寿英
吉崎 文香
演 - 映美くらら

スタッフ
原案:藤田宜永「還暦探偵」(新潮文庫刊『通夜の情事』所収)
脚本:吉本昌弘、松本美弥子、福田卓郎
演出:鈴木浩介、塚本連平、水村秀雄
音楽:平沢敦士
サウンドデザイン:石井和之
探偵監修:株式会社MR
技術協力:ビデオスタッフ
照明協力:ザ・ホライズン
美術協力:BEENS
CG:OXYBOT
チーフプロデューサー:岡部紳二(テレビ東京)
プロデューサー:中川順平(テレビ東京)、志村彰(The icon)、高石明彦(The icon)
製作:テレビ東京、The icon

主題歌:ウルフルズ「ロッキン50肩ブギウギックリ腰」(ワーナーミュージック・ジャパン)


各話あらすじ(2015.7.17 - 2015.9.11)全8話 平均視聴率 3.55%
第1話 2015年7月17日「リストラから探偵へ」ラテ欄「平均年齢ナント65歳中高年のお悩みズバッと解決!5人組登場」 視聴率 3.4%
 中堅家電メーカーの営業部で働いていた岩瀬(高橋克実)は、長年勤めた会社を突然リストラされてしまい、同期である人事部部長の千葉(金田明夫)を訪ねるが、全く相手にされず会社を早退してタクシーでどこかへ向かう千葉を追う。岩瀬が乗ったタクシー運転手の田浦(笹野高史)は、岩瀬の様子に興味をもち事情を聞く。すると、家で入婿である岩瀬は妻や姑に尻にしかれており、リストラされたことを告白したら大変なことになることがわかり、田浦は思わず絶句してしまう。タクシーは、とあるホテルの前に停り、田浦は去り際に「プレイボーイズ探偵社」の求人広告を岩瀬に渡す。

第2話 2015年7月24日「ペットを探して」ラテ欄「愛犬が招いた夫婦の危機!?」 視聴率 4.1%
 迷い犬捜しの依頼が探偵社に舞い込む。聞き込みを始めた岩瀬(高橋克実)らは、愛犬を亡くした後、‘ペットロス’状態に陥っていた寛子(市毛良枝)がその犬を連れていたとの情報を得る。外見の特徴から間違いないのだが、寛子は自分の犬だと主張。寛子の夫・健一(中丸新将)も妻の言いなりだ。そこで、田浦(笹野高史)が愛犬の散歩のついでに寛子に接触し、説得を試みるが、その一方で、徐々に寛子の事情が明らかになる。

第3話 2015年7月31日「中高年のひきこもりを阻止せよ!」ラテ欄「引退シェフのプライドと涙のスープ」 視聴率 2.6%
 引きこもっている69歳の圭作(小野寺昭)の近況を知りたいという依頼が舞い込む。依頼人である妹・友恵(増子倭文江)によると、圭作は1年前までホテルの料理長だったが、方向性の違いで店側ともめて、引きこもるようになったという。再び職に就けば活力が戻ると考えた堀切(角野卓造)らは、人手不足のステーキ店を紹介。働きだした圭作だが、岩瀬(高橋克実)らが店に様子を見に行くと、客の食べ方に文句をつけ始めて…。

第4話 2015年8月7日「急増!初恋の人探し!」ラテ欄「初恋の相手探しは吉か凶か!?」 視聴率 3.8%
 定年退職を控えた瑠璃子(秋野暢子)が、初恋の相手・飯島(郷田ほづみ)を捜してほしいと「プレイボーイズ探偵社」を訪れる。瑠璃子は部長や部下たちから退職を惜しまれていたが、定年後は第二の人生を満喫したいと思い、初恋の人捜しを依頼したのだという。そんな中、岩瀬(高橋克実)が飯島の居所をつかみ、瑠璃子に報告。岩瀬らに背中を押され、瑠璃子が勇気を出して会いに行くと、飯島から予想外の反応が返ってくる。

※2015年8月14日は「コレ考えた人、天才じゃね!?〜今すぐ役立つ生活の知恵、集めました〜スペシャル」(18:58 〜 20:50)が放送のため、休止。

第5話 2015年8月21日「結婚できない息子の彼女は詐欺師!?」ラテ欄「親の代理婚活!?別れさせ料200万円!!」 視聴率 3.2%
 堀切(角野卓造)が親同士の見合いでわが子の伴侶を探す‘代理見合い’に参加。同じく息子の相手を探す百合子(松原智恵子)も出席していた。しかし後日、岩瀬(高橋克実)と堀切は、百合子の息子のデート現場を目撃。百合子の依頼で調べると、相手の千帆(高橋ひとみ)はホステスで、バツ2の子持ち。さらに2人の元夫から金を奪っていた。百合子は息子を別れさせると言うが、千帆を追っていた岩瀬はその動向が気に掛かる。

第6話 2015年8月28日「おばあちゃんを追跡せよ!」ラテ欄「母が残す最後の絆…20年目の真実!」 視聴率 4.3%
 義母・町子(佐々木すみ江)が近所でトラブルを起こすので探ってほしいという陽子(梅沢昌代)の依頼で、岩瀬(高橋克実)らは町子の尾行を始める。すると万引未遂や畑荒らしなど、問題が続出。さらに田浦(笹野高史)は幼なじみだと思い込まれ、困惑する。どうやら町子は認知症のよう。陽子と夫の茂(佐戸井けん太)は、町子を預ける施設を探すため、行動報告書の作成を岩瀬らに依頼する。だが、田浦は町子の様子が気になる。

第7話 2015年9月4日「30年連れ添った妻が浮気?!」ラテ欄「浮気疑う夫!?妻がまぶしく見える時」 視聴率 3.4%
 岩瀬(高橋克実)らは浮気調査の依頼を受ける。依頼人の加藤(浅野和之)の妻・妙子(杜けあき)は、定年退職した夫を家に残し、パートなどと言って毎日帰りが遅いという。調査中に岩瀬は、妙子とダンス講師・風間(大澄賢也)がハグする姿を目撃。妻のことは全部分かっていると豪語していた加藤はダンスのことを初めて知り、ショックを受ける。その後、妙子を問い詰めた加藤は、彼女の話も聞かず家から追い出してしまう。

最終話 2015年9月11日「今度の以来は最後の仕事!?」ラテ欄「最後の依頼!妻を悩ます夫源病」 視聴率 3.6%
転職の誘いを受け、心が揺れる岩瀬(高橋克実)。事務所には、なかなか結婚を切り出さない娘の恋人の身辺を調べてほしいとの依頼が来る。話を聞くと、その恋人は堀切(角野卓造)の息子・卓也(東根作寿英)と判明。調査の結果、卓也がある事情でプロポーズに踏み切れないでいると分かる。そんな折、田浦(笹野高史)が、妻の看病のため休職したいと申し出る。そこで岩瀬は、妻の奈月(水野真紀)を看病に行かせることを提案する。


番組公式サイト
(僕らプレイボーイズ 熟年探偵社 - Wikipedia)

『僕らプレイボーイズ 熟年探偵社 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

僕らプレイボーイズ 熟年探偵社「リストラから探偵へ」
Excerpt: 藤田宜永の「還暦探偵」を原案に、“中高年の、中高年による、中高年のため”の探偵ドラマが展開するのだそう。(原案があったとは、あらま、びっくり)これもまた、「新しいオトナのエンタメ」?! …コミカルで楽..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2015-07-19 06:40

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
50音検索