2015年06月24日

シメシ TOP

『シメシ』は、TBS系で2015年6月23日から同年7月14日まで、毎週水曜1:11 - 1:41(火曜深夜)で放送された。全4話。主演は村上淳。


概要
人生の岐路に立たされている人に、新たな一歩を踏み出す道しるべとなる“始飯(シメシ)”を提供する感動のレストランドラマ。天才シェフ・寺屋敷錬一(村上淳)が、「もう存在しない店の料理」や「今は亡き人が作ってくれた料理」などのリクエストに応えるため、セカンドシェフの小瀬清(林遣都)が集めた情報を基に、“失われた料理”を完全に再現していく。


ストーリー 
フランス語で“素晴らしき人生”という意味の名前がついたレストラン「ボンビーブル」は、オーナー兼ギャルソンの池山樹理(愛加あゆ)が1日1組の客のみを受け入れる不思議な店。「もう存在しない店の料理」や「今は亡き人が作ってくれた料理」など、客がリクエストする“失われた料理”が提供される。

職人気質の天才シェフ・寺屋敷錬一(村上淳)をセカンドシェフ・小瀬清(林遣都)がサポートするほか、料理に関する情報を収集する調査係も兼ねている。

葛藤や悩みを抱えた客たちは、ここで再現された料理を食べることで再び前を向いて新しい人生を歩み始めるため、店の料理はいつしか“始飯(シメシ)”と呼ばれるようになる。


キャスト
メイン
寺屋敷錬一
演 - 村上淳
レストラン「ボンビーブル」のシェフ。寡黙で職人気質。

小瀬清
演 - 林遣都
レストラン「ボンビーブル」のセカンドシェフ。料理のアシストと”失われた料理”に関する情報を収集する調査係を兼任。

池山樹理
演 - 愛加あゆ
「ボンビーブル」のオーナー兼ギャルソン。凛とした雰囲気の女性で、人が本来持つ“再生する力”を信じている。樹里の曽祖父が中心となって、「ボンビーブル」を設立した。

ゲスト
前岳壮太(第1話)
演 - 光石研
旅行代理店を経営。妻子持ち。7歳の誕生日に食べさせてくれた「キッチン浜田の煮込みハンバーグ」をオーダーする。

前岳壮太の幼少期(第1話)
演 - 羽村仁成

前岳壮太の父(第1話)
演 - 山本浩司

前岳壮太の母(第1話)
演 - 山田真歩

キッチン浜田のシェフ(第1話)
演 - 樋浦勉

前岳壮太の妻(第1話)
演 - 友倉由美子

前岳壮太の娘(第1話)
演 - 庭野結芽葉

植松俊介(第2話)
演 - 深水元基
湘南ブルーアストロズに所属するプロ野球選手。

北原監督(第2話)
演 - ダンカン
高校の野球部の監督。

北原監督の妻(第2話)
演 - 高橋由美子

網本綾子(第3話)
演 - 田畑智子
38歳。演歌歌手。デビューは18歳。21歳の時に「巣鴨の恋」を発売しスマッシュヒット。
その後はヒット曲がなく地方での営業活動が中心に。

網元綾子の中学時代(第3話)
演 - 平山由梨

グラン・タマシマのマネージャー(第3話)
演 - モロ師岡

グラン・タカシマのウェイター(第3話)
演 - 山崎潤

綾子の祖父(第3話)
演 - ミッキー・カーチス

大前田健司(第4話)
演 - 波岡一喜
35歳。長男。3年前に大前田建設の社長に。

大前田要(第4話)
演 - 小柳友
30歳。次男。後継者問題で兄との関係はぎくしゃくしている。

大前田健司の幼少期(第4話)
演 - 木村聖哉

大前田健司の幼少期(第4話)
演 - 岡本拓真

大前田要の幼少期(第4話)
演 - 高橋曽良

大前田貴美恵(第4話)
演 - 朝加真由美
66歳。母。

大前田康弘(第4話)
演 - 長谷川初範
父。大前田建設の会長。脳梗塞で意識不明の状態。

スタッフ
企画・プロデュース - 大澤剛
脚本 - 金沢知樹
監督 - 小川弾
チーフプロデューサー - 丸山博雄(毎日放送)
プロデューサー - 藤田大輔(スタジオブルー)、近藤あゆみ(スタジオブルー)
アソシエイトプロデューサー - 星友里恵(ワタナベエンターテインメント)、宮田幸太郎(スタジオブルー)
音楽 - 濱田貴司
撮影 - 月永雄太
照明 - 高橋信
録音 - 島津未来介
美術 - 寺尾淳
スタイリスト - 田村和之
ヘアメイク - 田アちひろ
フードスタイリスト - 前田かおり
編集 - 田村友一
助監督 -  伊野部陽平
ロケーション統括 - 柿本浩樹
監督助手 - 阿部綾子、清水優
撮影助手 - 伴徹、馬場孝郎
美術助手 - 青木聡美
スタイリスト助手 - 持田洋輔
フードスタイリスト助手 - 草野陽子、宮アよしふみ
アシスタントプロデューサー - 田口梓
制作担当 - 細谷光
制作主任 - 垂木宙也
制作進行 - 柴田祐策、清水泰貴
車輛 - 西村信彦、田中昇、金沢明
EED - 稲川実希
MA - 中田仁
音響効果 - 小川沙織
ポスプロコーディネイト - 吉田愛
スチール - 川野結季歌
タイトルデザイン - 藤沢厚輔
宣伝 - 安藤ひと実
HP担当 - 加々本裕樹、山内絵美
編成 - 高橋俊博、池邉真佐哉
制作プロダクション - スタジオブルー
製作 - ドラマ「シメシ」製作委員会、毎日放送

主題歌:花/Ms.OOJA


各話あらすじ(2015.6.22 - 2015.7.13)全4話 平均視聴率 1.18%
第1話 2015年6月23日「キッチン浜田の煮込みハンバーグ」※1:13〜1:48 視聴率 1.1%
 レストラン「ボンビーブル」を舞台に、天才シェフ・寺屋敷(村上淳)らが“失われた料理”を再現し客に提供していく姿を描く。ある日、旅行代理店を営む男性・前岳(光石研)が来店。前岳は、「両親が、自分の7歳の誕生日に食べさせてくれた『キッチン浜田の煮込みハンバーグ』を食べたい」と注文する。

第2話 2015年6月30日「恩師の雪見鍋」 視聴率 1.8%
 プロ野球選手の植松俊介(深水元基)は、ここ数年、けがが続いていた。そんな彼が、高校時代の恩師が作ってくれた「雪見鍋」をもう一度食べたいと訪ねて来る。

第3話 2015年7月7日「グラン・タカシマのオムライス」 視聴率 0.8%
 演歌歌手の綾子(田畑智子)は、祖父の勝男(ミッキー・カーチス)に育てられた。彼女はかつて祖父に食べさせてもらったオムライスを思い出し、店を訪ねてくる。

最終話 2015年7月14日「父の焼きそば」 視聴率 1.0%
 健司(波岡一喜)と要(小柳友)の兄弟はぎくしゃくした関係。そこで母親は、彼らの父親が唯一兄弟のために作った手料理を2人に食べさせたいと、店を訪れる。


番組公式サイト
(シメシ - Wikipedia)
タグ:シメシ

『シメシ TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索