2015年05月29日

恋愛時代 第10話

第10話「離婚届と嘘が導くプロポーズ…父の深い愛」
6月4日(木)よる11:59

喜多嶋竜一(佐藤隆太)の妻・貴子(霧島れいか)から預かった離婚届を役所に提出できないまま、はる(比嘉愛未)は喜多嶋の家を訪れた。だが、喜多嶋は留守のようだった。帰ろうとするはるは、駅前で喜多嶋と貴子が一緒にいるのを見つけ、つい後をつけてしまう。

離婚届をはるがすでに提出したと思い込んでいる喜多嶋は貴子に別れの言葉を述べていた。淡々とした貴子の態度は、一見もう喜多嶋との結婚生活になんの未練もないように見えた。だが、貴子の
「わたしたち、一緒にいて楽しかったわよね」

という台詞を聞き、はるは理一郎の事を思い出してしまう。あの日。マンションまで理一郎に思いのたけをぶつけにいったあの日、理一郎も
「……俺たち、一緒にいて楽しかったよな」と言ったのだ。

貴子は、まだ喜多嶋に想いを残しているのではないかと思いはじめるはる。

喜多嶋が去った後、はるは意を決して貴子の前に姿を見せた。

「自分でも、どうして出せないのかよくわかりませんでした。でも、今日はっきりしました。貴子さんは、喜多嶋さんと別れたくないんですよね」

貴子を問いただすはる。だが、貴子は「喜多嶋の存在は我慢の対象でしかない」と言い、はるの言葉を否定するのだった。

理一郎は織田多実子(芦名星)の買い物に付き合っていた。以前から欲しかった大きな鍋が買え、はしゃぐ多実子。イタリア行きが中止になったことをあえて理一郎に言い出さずにいる多実子は、

「休みが有っても戻ってくる余裕無いんじゃないかな」などといい、理一郎の心を少しづつ自分との結婚へ向けて誘導していくのだった。

「花籠」でついに友人の海江田(中尾明慶)に「結婚するかもしれない」と告げる理一郎。理一郎にはると復縁してほしいと願っている海江田の心は穏やかではない。

「結婚するならイタリア行きは止めるんだろ?式を9月中にやらなくてもいいんじゃないの?」
「もう決まってる仕事をキャンセルするわけだから、ただ『結婚の予定です』って言うより、式までしたいんだって」
「……それは織田さんの都合だろ」

理一郎が多実子の言いなりになっているのがどうしても引っかかってしまう海江田。
「俺、ここで結婚したら、一人でいたくないって思ってる女の人と一緒にいて上げられる。やっと……」
理一郎の言葉に、海江田ははっとした。はるが流産した日、理一郎ははるのそばにいなかったのだ。あの時、本当は理一郎がどこで何をしていたのか、はるは未だに知らないのだ。

「俺、今でも思うんだよね。あの時、はるちゃんにほんとのこと話すべきだったんじゃないかって」
海江田の言葉に「そうかもしれない」と思う理一郎。だが、すぐにこれでよかったのだと思い直した。はるとはもうけじめをつけたのだから、今更話すことでもないんだ……。

花籠のドアが開き、小百合(江口のりこ)が入ってきた。海江田から理一郎が多実子と結婚すると聞かされた小百合だが、

「ああいう女を選ぶってことは、わたしが思ってたより、つまんないやつだった」
と理一郎に言い放つのだった。

喜多嶋と食事に行った帰り道、はるは理一郎とばったり会う。
多実子にプロポーズすると聞かされたはるは素直に理一郎を応援し、
「プロポーズは手を抜かないでちゃんとロマンティックにやりなさいよ。一生憶えてることなんだから」とハッパをかけるのだった。

家に戻ったはるは引っ越しを考えはじめる。理一郎は多実子との新しい人生を歩もうとしている。こんな近所に自分が住んでいるのは、不自然だろう。急な思いつきに、遊びにきた妹のしず夏は驚く。はるは理一郎との思い出の品を整理し始める。その中から、鍵が出てきた。それは、理一郎のマンションの合鍵だった。

多実子にプロポーズするために指輪を買い、高級なレストランを予約した理一郎。だが、待ち合わせ場所に普段着で現れた多実子は「理一郎の家で食事がしたい」と言う。

食卓についた多実子は、理一郎にイタリア行きの話はだいぶ前になくなったことを告げる。多実子の言葉を聞いた理一郎は……。

第1話 2015年4月2日「運命の人と離婚…だけど好き」
第2話 2015年4月9日「離婚して初キス&ロールキャベツを作る女」
第3話 2015年4月16日「キス相手はホテル王?娘も私も抱きしめて」
第4話 2015年4月23日「バツイチ女は…再婚相手の親が衝撃の一言」
第5話 2015年4月30日「涙の別れでも楽しかった…元夫は特別キス」
第6話 2015年5月7日「衝撃告白渦巻く愛と決別!初恋の人が登場」
第7話 2015年5月14日「あの男と一夜…激怒妻と対面初恋が再燃」
第8話 2015年5月21日「別れて!土下座男が衝撃の発言別居妻は…」
第9話 2015年5月28日「託された離婚届…気まずすぎる全員集合!」
第11話 2015年6月11日「幸せ願う嘘に込められた深い愛元夫結婚へ」

恋愛時代 TOPへ
2015年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2015年春ドラマ視聴率一覧へ
タグ:恋愛時代

『恋愛時代 第10話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2015年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

アイムホーム八話&恋愛時代十話&アルジャーノンに花束を九話感想
Excerpt: ■アイムホーム八話今回は恵(上戸彩)、香(水野美紀)、今の妻と前妻のふたりの事が描かれたので、物語がわかりやすかったです。わかりやすいっていっても、別に謎は解けてないし、毎回小出しに謎解明してるから、..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2015-06-06 08:59

恋愛時代 第10話
Excerpt: 「離婚届と嘘が導くプロポーズ…父の深い愛」 内容 喜多嶋(佐藤隆太)と貴子(霧島れいか)の離婚届を託されたはる(比嘉愛未) だが、どうしても、決断出来ずにいた。 そんななか、はるとつき合うことにな..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2015-06-06 20:52

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
50音検索