2015年05月28日

京都人情捜査ファイル 第6話(最終話)

最終回「最後の支援〜復讐に燃える鬼刑事の罠!放たれる裁きの銃弾」
2015年6月4日(木) よる 8:00 〜 8:54

 元京都府警捜査一課の中山大蔵(綿引勝彦)の娘、智美(小宮有紗)が何者かに射殺される。殺害には特殊な改造銃が使われており、捜査一課はかつて中山が逮捕した人物の中に犯人がいるとみて捜査を開始する。現役時代の中山は取り調べの強引さから“鬼の中山”と恐れられていた。そんな中山への恨みが事件の引き金になったとにらんだのだ。

 その思いは妻の陽子(山下容莉枝)も同じだった。大切な娘を失った衝撃から中山を責めてしまう陽子。犯罪被害者支援室の吉崎仁美(松下由樹)は、そんな陽子が気がかりでならない。一方、戸隠鉄也(高橋克典)は中山が復讐に手を染めるのではないかと危惧する。犯人を憎む思い。それは、かつて妻を殺された自分が抱いたものと同じだった…。

 戸隠は急ぎ岩瀬警務部長(松平健)から特捜の許可を取り付け、智美の周辺調査に着手する。同じころ、中山は自分が逮捕した人物の中に、改造銃を作っていた男がいたことを捜査一課に報告していた。だがそれは、中山が自ら犯人に手を下すため捜査一課をミスリードするための策略だった。はたして戸隠たちは中山の復讐を止めることができるのか…!?

スペシャル「実在する犯罪被害者支援室の活躍を初ドラマ化!通り魔&身代金誘拐〜悲劇の家族を救うため結成された特捜チーム〜壊された心、必ず取り返します!」2015年4月25日
第1話 2015年4月30日「被害者の一番近くにいる警察官たちを、知っていますか?」
第2話 2015年5月7日「伝統芸能巡る父娘の壮絶バトル!殺された陶芸家と美しき姉妹」
第3話 2015年5月14日「双子殺人事件〜歩く兄の死体!古民家から消えた血染めの庭石」
第4話 2015年5月21日「悪夢のウェディング花嫁狙うストーカーとベールの下の別の顔」
第5話 2015年5月28日「最終章!完全犯罪の報酬〜余命1ヶ月の娘と交わす最後の約束」

京都人情捜査ファイル TOPへ
各話視聴率へ
2015年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2015年春ドラマ視聴率一覧へ

『京都人情捜査ファイル 第6話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索