2015年05月21日

京都人情捜査ファイル 第5話

FILE.05「最終章!完全犯罪の報酬〜余命1ヶ月の娘と交わす最後の約束」
2015年5月28日(木) よる 8:00 〜 8:54

 河川敷で男性ホームレスの他殺体が発見される。同じホームレス仲間から“センセイ”と呼ばれていた男の名前は河原真(螢雪次朗)。岩瀬警務部長(松平健)の記憶にも残る元殺人犯だった。

 10年前、河原は知り合ったホステスに一方的な好意を抱き、交際を断られた腹いせに女性を殺害。刑に服した過去があった。

 存命の家族は娘の佐智子(福田沙紀)一人。遺体検分に現れた佐智子は、出所後一度も会っていないという父親を「この男」と呼び、「ふさわしい死に様」だと言って涙の一つも見せない。また、自分と関係のない男の死に支援は必要ないと、戸隠鉄也(高橋克典)たちの申し出も辞退する。10年前の事件当時、重い心臓病を患っていた佐智子は、娘が生きるか死ぬかというときに若い女性に入れあげ、殺人まで犯した父に、自分は捨てられたと思い、今なお恨んでいるのだ。

 そんな佐智子とは対照的に、河原が根城にしていた公園では、ホームレス仲間が廃材で祭壇を作り、河原の死を悼んでいた。仲間の一人は、訪ねて来た戸隠に、河原が最後まで大事にしていたという切り抜き記事を見せる。それは、10年前に佐智子が受けた心臓の移植手術成功を伝える記事だった。

 ホームレスいわく、約束を守ることに関してはとりわけ厳しかったという河原の人物像と、10年前の殺人事件とに共通の性質を見いだせない戸隠は、10年前の事件の再調査を皮切りに特捜をスタートする!

スペシャル「実在する犯罪被害者支援室の活躍を初ドラマ化!通り魔&身代金誘拐〜悲劇の家族を救うため結成された特捜チーム〜壊された心、必ず取り返します!」2015年4月25日
第1話 2015年4月30日「被害者の一番近くにいる警察官たちを、知っていますか?」
第2話 2015年5月7日「伝統芸能巡る父娘の壮絶バトル!殺された陶芸家と美しき姉妹」
第3話 2015年5月14日「双子殺人事件〜歩く兄の死体!古民家から消えた血染めの庭石」
第4話 2015年5月21日「悪夢のウェディング花嫁狙うストーカーとベールの下の別の顔」
最終話 2015年6月4日「最後の支援〜復讐に燃える鬼刑事の罠!放たれる裁きの銃弾」

京都人情捜査ファイル TOPへ
各話視聴率へ
2015年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2015年春ドラマ視聴率一覧へ

『京都人情捜査ファイル 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2015年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索