2015年03月20日

五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜 第12話(最終話)

第12話「VS超わがまま社長令嬢元カレ登場&解散危機」3月26日(木)よる11:59〜

常務の真田涼子(東ちづる)から「中央管理センターは潰すことにした」と知らされた高瀬京香(渡辺直美)。その一方で、佐竹一郎(山本裕典)は、涼子から、あるツアーを成功させれば、念願の海外旅行部への異動を叶えてやると言われていた。京香はその浮き足立つ佐竹に、中央管理センターが潰れることを告げられないでいた。

佐竹の任された“あるツアー”とは、「サンセットツアーズ」の社長令嬢、日暮美園(篠田麻里子)と、その婚約者、長友孝俊(佐藤祐基)との京都旅行だった。

数日後、佐竹はその美園と孝俊を迎える。だが、早速、美園は佐竹の考えたプランにダメ出し。「京都だから寺、見せりゃいいって思ってんでしょ?!とりあえずネイルサロン行くから」と美園。その上、ドライバーの川端哲男(寺島進)にも、「なに、その趣味悪いサングラス!ビジュアル的に受け付けない!」とチェンジを言い渡す。その後も、佐竹の案内に不満だらけの美園は、「あなたもチェンジ!明日は別の人に代わってちょうだい。いるでしょ?トラベルマスターって人」と美園は、京香を指名したのだった。

その頃、中央管理センターでは、部署が潰されることを知って、沢村紅葉(高月彩良)が転職先を探していた。そこに京香を呼びにきた佐竹が現れ、ようやく中央管理センターが今月限りでなくなることを知るのだった。「そんな!」と青くなる佐竹。だが、京香が社長令嬢のツアーを成功させれば、会社の考えも変わるかもしれないと思い至り、なおのこと京香の協力を仰ぐのだった。そして、ツアーの資料を京香に見せるが、京香は参加者の名前を見て、顔色を変える。「……私にはできません」と京香。え!?と佐竹。

京香が頑なに応じないので、翌日、佐竹は、代わりに紅葉に来てもらう。だが、美園は「やだ。その人、性格悪そう」と紅葉を拒否して、「一人で回る」と行ってしまう。憤然とする紅葉に、孝俊が、「すみません……、京香さんが来ないのは私のせいです。私は京香さんの元婚約者だから」と言う。「え!?」とそれに驚く佐竹と紅葉。

孝俊が京香の元婚約者だと知って、「夕里」の女将の大河原百合(有森也実)が、京香が孝俊の前に現れることができない事情を佐竹に語る。「京香さんがご自分で旅行をされることを嫌いになったのは、あの方がきっかけなんどす」と百合。

かつて京香は、東京本社で営業成績No.1のツアープランナーだった。そのときに孝俊と出会い、婚約まで至った京香。二人は、ある日、京香の企画したツアーに参加したのだが、予定を詰め込みすぎたプランだったため、客の間でいざこざが起こってしまう。そのとき京香は自分のたてていたプランの実態を知り、その後は、客一人一人の気持ちに沿ったプランを作るよう、日々努力を重ねるようになった。だが、そのために労力がかかりすぎ、孝俊ともすれ違い、上司の涼子とも対立が続いた。それでも“客一人一人を考える”という姿勢を頑として崩さなかった京香は、とうとう左遷部署に飛ばされたのだった。

その頃、美園は中央管理センターの京香を訪れていた。「なぜ来なかったのよ。孝俊さんを気にしてるの?まだ未練でもあるわけ?」と京香に美園。「念のため言っておくけど、孝俊さんに変なちょっかい出さないでよね!私たち幸せになるから!」と京香をけん制して去って行く。京香は、その美園が、あるお守りを身につけているのを見逃さなかった。

一方の佐竹は、京香の事情を知り、自力で美園のツアーをなんとかしようとする。美園の立場になってツアーを進めようとする佐竹と、それを支える川端、紅葉ら。

翌日、孝俊が、京香に会いに来ていた。「婚約、おめでとうございます」と言う京香に、「婚約のこと、実は後悔しているんだ……」と孝俊。温和で優しいと思っていた美園が、このところ周囲にひどく当たり散らすようでいて、全く理解できない、とこぼす孝俊。

孝俊が去った後に川端と紅葉が駆けつける。「佐竹も必死でやっているが、やっぱり京香ちゃんじゃないと無理だ!」と二人。「元カレが何だ!そんなことに振り回されるなんて、らしくない!」と。そこに、美園が行方不明になったとの連絡が入って――

京香には思い当たるところがあったが、先に孝俊の元へ行く。そして孝俊に、「あなたはまた同じことを繰り返すんですか?」と言う。孝俊は、以前、京香との関係に行き詰った時も元カノのもとに駆けつけたのだった。「美園さんは、おそらく、あなたのために変わろうとしているんです。それでもあなたの気持ちが離れてしまうのではと不安で仕方ないから、あのお守りに頼って……」と京香。さらに、「孝俊さん、辛いからといって過去にすがらず、目の前の大切なものから目を逸らさないでください」と言うのだった。

そして、京香は孝俊を、美園が持っていた“願いの叶うお守り”のゆかりの場所へ呼ぶ。そこに美園はいた。美園は、孝俊のために、料理や家事といった不得意なことも必死に克服して変わろうとしていたのだった。だが、うまくいかないことから不安や苛立ちが増し、周囲に辛く当たるようになっていた。それを知った孝俊は、今のままでいいと美園の手をとり、美園にふさわしい夫になることを誓うのだった。

その様子を、桜庭兵一(綾田俊樹)に連れられた涼子が見ていた。京香は涼子に礼を述べる。「ありがとうございました。私はやはり旅行が好きです。どんな環境におかれようと、私はお客様を満足させることにかわりはありません」と。

後日、涼子は、中央管理センターを残すよう手を回した。その裏には桜庭の口添えや、宿敵、宮田正(星田英利)の貢献もあって……

ある日の中央管理センター。「なんで僕が処理場なんかに!?」と佐竹。涼子にその存在意義を認められた中央管理センターは、新たなメンバーを迎えた。

第1話 2014年1月8日「渡辺直美連ドラ初主演旅行会社VSクレーム客」
第2話 2015年1月15日「家族旅行で愛人密会…絶対バレない!?(秘)計画」
第3話 2015年1月22日「縁切り占い師と対決!離婚危機の夫婦を救え」
第4話 2015年1月29日「超人気スターぶち切れ京都一の舞妓を探せ!」
第5話 2015年2月5日「前妻めぐる男のバトル元亭主VSイケメン彼氏」
第6話 2015年2月12日「危険な熟年婚活ツアー意外なストーカー素顔」
第7話 2015年2月19日「盲目の父と京都親子旅家族写真に秘めた真実」
第8話 2015年2月26日「町工場の京都社員旅行超激安ツアーで奇跡が」
第9話 2015年3月5日「セレブ社長がNG連発京都食べ歩き旅のナゾ」
第10話 2015年3月12日「彼ママは老舗旅館女将婚前旅行で強烈いびり」
第11話 2015年3月19日「最終回直前に大波乱!美人常務のリストラ祭」

五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜 TOPへ
各話視聴率へ
2015年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2015年冬ドラマ視聴率一覧へ

『五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜 第12話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2015年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜 (第12話 最終回・3/26) 感想
Excerpt: 読売テレビ系『五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜』(公式) 第12話/最終回『VS超わがまま社長令嬢元カレ登場&解散危機』の感想。 涼子(東ちづる)は京香(渡辺直美)に..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2015-03-27 08:03

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索