2015年02月27日

五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜 第9話

第9話「セレブ社長がNG連発京都食べ歩き旅のナゾ」3月5日(木)よる11:59〜

芹沢ビューティカンパニーの女社長、芹沢江利奈(佐藤藍子)のツアーを担当することになった佐竹一郎(山本裕典)。江利奈は、化粧品会社社長の一人娘で、両親の死後、香水からエステ、美容整形まで扱う一大企業に成長させたスーパー女社長だった。そしてその芹沢ビューティカンパニーは、サンセットツアーズの大口顧客。佐竹が、その重要顧客を、上司の宮田正(星田英利)から押し付けられたのには理由があった。江利奈は、実は大クレーマーというのだ。「それでも大口顧客だから、機嫌を損ねるとクビだからね」と同僚の木村紗枝(ちすん)も佐竹に忠告する。

ビクビクしながら、ツアー当日を迎える佐竹。そこに美人だが威圧感のある江利奈と、こき使われる秘書の佐野裕樹(鈴之助)が現れる。江利奈のために用意されたプランは京都のおばんざいを食べ歩くツアーだった。「さっさと行くわよ!」と江利奈。

だが、いざ料亭に入ると、江利奈は、“かぶら蒸し”を一口だけ食べ、「……次に行くわよ」とすぐ出て行く。「え?」と佐竹が「次のお店は明日訪れる予定ですが?」と言っても、「さっさと案内して!出来ないならおたくとの付き合いはこれきりよ」と強気。仕方なく、料亭に無理を言い、次々まわって行くが、やはり江利奈は、かぶら蒸しを一口食べるだけ。無理に応じた料亭も、そんな江利奈に腹を立て、佐竹に苦情を寄せる。ひたすら謝る佐竹はその日のうちに、中央管理センターの高瀬京香(渡辺直美)のもとに泣きつく。「お願いです!芹沢江利奈も納得するかぶら蒸しの名店を教えて下さい!」と。

翌日、京香は佐竹と、江利奈をいくつかの名店に連れて行くが、やはり江利奈はかぶら蒸しを一口、手を付けるだけだった。その江利奈が、旅館「夕里」で、ある少年と出会う。その少年の両親は、息子に京料理を食べさせるために夕里に来たと言う。「味のわかる大人に育ってほしいんです」と母親。だが少年は「嫌だ!野菜は嫌い!」とダダをこねて泣きだす。それを見ていた江利奈は、女将の大河原百合(有森也実)に「私にこの方たちの夕食を任せてもらえませんでしょうか?」と申し出る。子供には優しい江利奈だった。

そして夕里の厨房で、慣れた手つきで料理をする江利奈。江利奈は作ったかぶら蒸しを少年に差し出す。その上には、かぶらで作った可愛いウサギが乗っていた。「美味しい!」と少年は夢中になって食べる。百合もその味付けを「京の味をよく再現してはる」と感心するが、京香は、江利奈の飾り細工のウサギを見て考え込んでいた。 京香は、秘書の裕樹を呼び止める。「芹沢様にとって、かぶら蒸しはなにか特別な思い出がありますね?教えていただけませんか?」と京香。裕樹は「実は……」と話し出す。

江利奈は、5歳の時に京都で別れた実の母親を探しているのだと言う。江利奈は芹沢家の実子でなく養女だった。「母の顔も名前も覚えていないようです。ですが最近、名前が須崎美也子だと分かったのです。ただ居場所が分からなくて、わずかに残った母の味の記憶だけを頼りに、探しているのです」と裕樹。江利奈がかぶら蒸しを一口食べるだけで店を出るのは、なるべく多くの店をまわって早く母を探したいからだった。

「このことは秘匿でお願いします。社長が生まれながらのセレブでないと分かると会社のイメージに関わりますので」と裕樹。「分かりました」と京香。

そして、京香は、佐竹や、沢村紅葉(高月彩良)、川端哲男(寺島進)らとともに、徹底的にウサギの乗った“かぶら蒸し”を探すのだった。だが、なかなか見つからない。諦めかけたころ、佐竹と川端が立ち寄った「日の出食堂」に、ようやくそれが見つかった。

早速、京香と佐竹は、江利奈を「日の出食堂」に連れて行く。江利奈はそのウサギのかぶら蒸しを見て驚く。その味にも驚く。江利奈はそれを作った女性に思わず「須崎美也子さんですか?」と尋ねるが女性は、山田真紀子(かとうかず子)だと名乗った。

「美也子さんなら、これを私に教えてくれた人です。でも十年前、交通事故で亡くなりました」と真紀子。その言葉にショックを受ける江利奈。だが、すぐに気持ちを切り替え、京香に礼を言う。「来てよかったわ。母の味を見つけることができたんだもの」と江利奈。

だが、京香は釈然としないものがあって、すぐに須崎美也子の交通事故死のことを探る。すると、そんな事実はなかった。京香は裕樹に連絡を取り、東京に戻ると言う江利奈を足止めするよう依頼する。そして自身は、日の出食堂へと向かった。京香は、真紀子に言う。「あなたが須崎美也子さんですよね?」と。だが、それを否定する真紀子。 その頃、佐竹や紅葉たちが、江利奈と裕樹を光念寺に案内していた。そこは江利奈と母の美也子が別れた場所だった。そこに京香と真紀子が現れる。

真紀子は、「美也子さんから聞いた話だけど……」と江利奈に語りだす。美也子は江利奈を心から可愛がっていたが、夫の病死により、自殺を何度も考えるほど行き詰まっていたのだ、と。その折、子供を欲しがる裕福な夫婦がいることを知り、江利奈を託したのだと言う。「それがあなたのためになると思って……」と真紀子。そして真紀子は、美也子は、江利奈を手放した時点で母親失格で、二度と子供に会う資格はない、子供が訪ねて来ても会わないと決心していた、と語る。

その真紀子に江利奈は言う。「私、母親になるんです。それで母に伝えたかったんです。生んでくれてありがとうって」、そう言って去る江利奈の姿に、真紀子は三十年前に別れた幼い江利奈の姿がオーバーラップする。思わず江利奈に駆け寄り抱きしめる真紀子。「お母ちゃん」と江利奈。真紀子は「ごめんなさい……」と自分が美也子だと認めた。

実の母との絆を取り戻した江利奈は、マスコミにも、自分には実の母親が別におり、生まれながらのセレブでないと公表。さらに、部下の裕樹との結婚も発表した。

第1話 2014年1月8日「渡辺直美連ドラ初主演旅行会社VSクレーム客」
第2話 2015年1月15日「家族旅行で愛人密会…絶対バレない!?(秘)計画」
第3話 2015年1月22日「縁切り占い師と対決!離婚危機の夫婦を救え」
第4話 2015年1月29日「超人気スターぶち切れ京都一の舞妓を探せ!」
第5話 2015年2月5日「前妻めぐる男のバトル元亭主VSイケメン彼氏」
第6話 2015年2月12日「危険な熟年婚活ツアー意外なストーカー素顔」
第7話 2015年2月19日「盲目の父と京都親子旅家族写真に秘めた真実」
第8話 2015年2月26日「町工場の京都社員旅行超激安ツアーで奇跡が」
第10話 2015年3月12日「彼ママは老舗旅館女将婚前旅行で強烈いびり」

五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜 TOPへ
各話視聴率へ
2015年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2015年冬ドラマ視聴率一覧へ

『五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2015年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜 (第9話・3/5) 感想
Excerpt: 読売テレビ系『五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜』(公式) 第9話『セレブ社長がNG連発京都食べ歩き旅のナゾ』の感想。 美容関連会社を経営する敏腕社長・江利奈(佐藤藍子..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2015-03-06 09:43

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
50音検索