2015年02月10日

ゴーストライター 第6話

第6話「私は真実を述べます嘘つきへの法の裁き」2月17日火曜よる9時

 映画「エターナルレシピ」の完成披露試写会でリサ(中谷美紀)が挨拶をしようとしたその時、会場にリサと同じような髪型と服装の由樹(水川あさみ)が現れた。平然とステージに上がった由樹は、リサのマイクを奪うと、「エターナルレシピ」を書いたのはリサのゴーストライターである自分だと言い放つ。

 会場は騒然となり、試写会は一時中断される。神崎(田中哲司)は、激しく動揺して控室に戻ってきたリサをなだめると舞台挨拶の続行を求める。そんなことはできないと拒むリサ。

 自らの運転で試写会場の駐車場から出てきたリサの車に、由樹が乗り込んできた。ふてぶてしい態度で話しかけてくる由樹に、努めて冷静に対応しようとしていたリサだが、やがて…。

 あくる朝、由樹はスポーツ新聞を全紙買ってくる。芸能面を開くと、そこには昨日の試写会の記事が大きく載っていた。

 会社には内緒で由樹をサポートしている小田(三浦翔平)は、真奈美(菜々緒)に、行き場のなくなった由樹を居候させて欲しいと頼む。真奈美は面倒なことに巻き込まれたくないと言いつつも、ゴーストライターの件は一切話題にしないという条件で許可をした。

 「エターナルレシピ」の大ヒットを祝うパーティーが開催された。神崎は、これまでの功績が認められて取締役になっていた。上機嫌で挨拶に回っていた神崎だが、そこで携帯電話にある連絡が入る…!

第1話 2015年1月13日「罪への秒読み〜偽りの日々の始まり」
第2話 2015年1月20日「夢か結婚か、それとも嘘か…泥沼の決断」
第3話 2015年1月27日「罠か、チャンスか、デビューの甘い誘惑」
第4話 2015年2月3日「原稿をください…消えた天才作家の誇り」
第5話 2015年2月10日「舞台に上がったゴースト。逆襲の始まり」
第7話 2015年2月24日「私は消えたい…勝利のシナリオの結末」

ゴーストライター TOPへ
各話視聴率へ
2015年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2015年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ゴーストライター 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2015年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ゴーストライター (第6話・2/17) 感想
Excerpt: フジテレビ系『ゴーストライター』(公式) 第6話『私は真実を述べます嘘つきへの法の裁き』の感想。 由樹(水川あさみ)は、リサ(中谷美紀)が登壇する映画の完成披露会場に乗り込み、衝撃..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2015-02-18 07:42

ゴーストライター「私は真実を述べます嘘つきへの法の裁き」
Excerpt: ついに出ました、物語冒頭での、雨の中での、乱闘シーン!同じような、白いドレスで、もみくちゃの、つかみ合いの喧嘩っそして、始まった裁判… でも、意外なことに、1回で、終わってしまうとは。リサ(中谷美紀)..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2015-02-18 07:52

ゴーストライター 第6話★川原由樹をつぶすために彼女の人格を否定する
Excerpt: ゴーストライター 第6話 由樹(水川あさみ)は、リサ(中谷美紀)が登壇する映画の完成披露会場に乗り込み、衝撃的な行動に出る。しかし、すぐに会場から追い出され、会は何事もなかったかのように進められる。..
Weblog: 世事熟視〜コソダチP
Tracked: 2015-02-18 10:00

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索