2015年01月16日

五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜 第3話

第3話「縁切り占い師と対決!離婚危機の夫婦を救え」1月22日(木)よる11:59〜

佐竹一郎(山本裕典)は、カリスマ縁切り占い師・天地魅和子(内田春菊)プロデュースの「京都縁切りツアー」の添乗員を務めていた。女性に人気の魅和子のツアー。
「皆さん、二日間、気合い入れていきますよ!絶対に悪縁を断ち切るぞ!」「おーっ!」と、魅和子は血気盛んな客たちと盛り上がるが、佐竹はひいている。そこへ、1人おとなしい倉石亜紀(遠山景織子)もいた。

ツアー一行が、縁切りの名所“鉄輪の井戸”をまわっている頃、「サンセットツアーズ」の宮田正(星田英利)の前に、倉石弘樹(窪塚俊介)が現れる。弘樹は亜紀の夫だった。弘樹は、亜紀の参加している「縁切りツアー」を中止してほしいと宮田に訴える。「お願いです!妻の縁切りを阻止してください。私は妻と別れるつもりはありません!」と弘樹。「……と言われても」と、宮田は対応に困り、弘樹を中央管理センターにいる高瀬京香(渡辺直美)、沢村紅葉(高月彩良)たちに押し付ける。

弘樹は京香に、縁切りツアーの中止を依頼するが、「それはできません」と京香は断る。だが京香は、なぜ妻の亜紀が弘樹と別れたがっているのか事情を聞く。弘樹は製菓メーカーに勤めており、かつては出世を約束された花形部署にいたが、直属の上司が出世争いに負け、上司とともに左遷・降格されたのだと言う。

「おそらく妻は、僕の将来がないことを悟って、こんなはずじゃなかった……と悲観しているのでは」と弘樹。「そんなことで離婚になるの?」と紅葉はいぶかるが、川端哲男(寺島進)は、弘樹の左遷・離婚の危機に自身の過去を重ね、弘樹にいたく同情する。そして、京香に弘樹を助けてやってほしいと言う。京香は、弘樹と亜紀が、互いの気持ちについて話し合っていないと知り、「まずは奥様の気持ちをちゃんと確認しにいきましょう」と動き出す。

京香と弘樹は、縁切りツアー中の佐竹と魅和子のもとを訪れる。弘樹は魅和子に、「妻と話がしたいんです!別れたくないんです!妻に会わせてください!」と言うが、魅和子は、「今、会わせるわけにはいきません。奥様はあなたとの離婚を望んでいます。私の占いで、悪縁という結果が出れば、私は、あなた方に別れることを推奨します!」と言う。それに対して京香が「離婚は占いで決めるべきじゃないと思います」と反論するが、「私の占いにケチをつけるというの?!」と魅和子が怒りだす。あわてて仲裁に入る佐竹。

亜紀の真意を知りたい京香は作戦を考え、ツアー客のふりをして、亜紀と同室になって潜入。そして京香は亜紀の本心を探ろうとするが、亜紀は、夫との相性がどんな占いでもいつも“悪縁”と出てしまう、と愚痴をこぼしただけだった。

翌日、亜紀は、魅和子の占いでも「あなたたち夫婦は、互いのいい運まで消し合う、とんでもない悪縁よ。すぐに別れた方がいい」と言われてしまう。
京香は、そのときの亜紀の浮かない表情から、本当は別れたくないのでは?と亜紀に尋ねる。だが、「仕方ないわ。私たちは悪縁なのよ。だから、夫は左遷もされて不幸続き……しかも夫は、左遷を私に隠して騙してたのよ」と亜紀。「ご主人は言えなかったんですよ。亜紀さんのことを愛しているから」と京香は言うが、亜紀はひどく思いつめた表情でいる。

そして、ツアー一行は、縁切りの名所“安井金比羅宮”に行き、縁切り碑(いし)の前に立つ。お札で埋め尽くされた巨石の前に佐竹、魅和子、亜紀らツアー客。
「さあ!このお札に願い事を書いて、お札を持って表からくぐると悪縁が切れます!」と魅和子。亜紀は「夫と離婚できますように」とお札に書いて石の前に立つ。そして石をくぐろうとするが、そこに弘樹が現れる。

「亜紀!俺は縁切りなんかしたくない!見捨てないでくれ!」と弘樹は言うが、亜紀は「そういうあなたが嫌なの!」と縁切り碑を潜り抜けてしまう。「これで悪縁は切れたわ!」と言う亜紀に、ショックを受ける弘樹。ただ京香は、亜紀が手に持ったお札を石に貼らないで去ったことに気付く。お札を石に貼らないとその祈願は完了しないのだった。

落ち込む弘樹を慰める川端と佐竹。一方の京香は、亜紀に尋ねる。「亜紀さん、お札をわざと貼らなかったでしょう?本当は弘樹さんと縁を切るのに、ためらいがあるのではないですか?」と。
亜紀は、京香の察した通り、弘樹のことを今も愛していた。だが、弘樹が左遷されたり、不幸になっているのは、自分との悪縁のせいだと自分を責めていたのだった。
「私のせいよ。私のせいで夫は不幸になっている。だから、あの人のために私は別れた方がいいの」という亜紀。その時、弘樹が川端と佐竹に連れられて現れる。
「僕は不幸なんかじゃない!どんな悪縁でもいいから一緒にいてくれ!」と弘樹。そして二人は京香の計らいで、互いの想いを確認し合うのだった。

そこに魅和子も現れる。「私が見た中でもあなたたちは1、2位を争うほどの悪縁だわ。でも、それでも別れられないのが男と女。悪縁に負けない強い愛と絆は、悪縁を凌駕し、いつかすべてを良縁に変えるわ。頑張りなさい」と魅和子。京香は、亜紀と弘樹を良縁祈願のお参りに案内し、無事に夫婦の絆を深め、旅を終えるのだった。

第1話 2014年1月8日「渡辺直美連ドラ初主演旅行会社VSクレーム客」
第2話 2015年1月15日「家族旅行で愛人密会…絶対バレない!?(秘)計画」
第4話 2015年1月29日「超人気スターぶち切れ京都一の舞妓を探せ!」

五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜 TOPへ
各話視聴率へ
2015年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2015年冬ドラマ視聴率一覧へ

『五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2015年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜 (第3話・1/22) 感想
Excerpt: 読売テレビ系『五つ星ツーリスト〜最高の旅、ご案内します!!〜』(公式) 第3話『縁切り占い師と対決!離婚危機の夫婦を救え』の感想。 佐竹(山本裕典)は‘縁切りのカリスマ’と評判の占..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2015-01-23 08:40

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
50音検索