2015年01月15日

DOCTORS3 最強の名医 第3話

第3話「医者の本音が大暴走勝負をかけた48時間」2015年1月22日放送

 「この病院に来られても、必ずしも病気が治るとは限りません」という告知を患者に行うという森山院長代理(高嶋政伸)の突拍子もないアイデアによって、医療トラブルや患者からのクレームは激減。「究極のリスク管理は何もしないこと!」と、ますます図に乗る森山。

 一方、相良(沢村一樹)は、前の病院で手術を断られたS状結腸ガン患者・堀口晴子(西田尚美)の手術を担当。「責任はすべて自分一人が負う」と宣言し、千住(斉藤陽一郎)や瀬戸(浅利陽介)の協力のもと困難な手術に立ち向かう。患者の気持ちに全力で応えるという、医師として本来あるべきその姿に、和枝(伊藤蘭)や佐知(比嘉愛未)、看護師たちも気持ちを一つにする。

 過去の事故が原因で全身麻酔が出来ず、意識のある晴子を励ましながら手術を進める相良。はたして手術の行方は? そして森山の院長代理としての采配の結果は……!?

新春ドラマスペシャル 2015年1月4日「患者のためなら手段を選ばないスーパードクターが帰ってきた!!恩人がすい臓がんに!!難手術を乗り越える秘策とは!?14キロ激やせドクターとのクビを賭けた闘いが今夜始まる」
第1話 2015年1月8日「完全復活!!20センチ巨大腫瘍を体外で切除!?新たな闘いが始まる」
第2話 2015年1月15日「トラブル続出!!死ぬ前に…50年目の真実」
第4話 2015年1月29日「一発逆転(秘)手術で、17歳と世界を目指す」

DOCTORS3 最強の名医 TOPへ
各話視聴率へ
2015年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2015年冬ドラマ視聴率一覧へ

『DOCTORS3 最強の名医 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2015年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

DOCTORS3 最強の名医 (第3話・1/22) 感想
Excerpt: テレビ朝日系『DOCTORS3 最強の名医』(公式) 第3話『医者の本音が大暴走勝負をかけた48時間』の感想。 患者からのクレームに逆ギレした森山(高嶋政伸)が、病院の玄関にとんで..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2015-01-22 23:02

DOCTORS3 最強の名医「医者の本音が大暴走勝負をかけた48時間」
Excerpt: 森山院長代理(高嶋政伸)、ついに壊れて、途方も無く暴挙な張り紙を。リスク管理は万全だけど、病院の評価は下降線の一途。先生達は暇になり、患者さんまで、いなくなってしまいました。トホホ…その傍らで、相良(..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2015-01-23 08:34

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索