2014年12月27日

美しき罠〜残花繚乱〜 TOP

『美しき罠〜残花繚乱〜』のタイトルで、2015年1月8日から同年3月12日まで、毎週木曜日21:00 - 21:54に、TBS系の「木曜ドラマ劇場」枠で放送された。全10話。主演は田中麗奈。
フジテレビで数多くのヒットドラマを手掛けた光野道夫が同局の技術制作会社である共同テレビに移籍して初の演出作品となる。


原作
『残花繚乱』(ざんかりょうらん)は、岡部えつによる小説。

書籍情報
双葉社刊 2014年7月18日発売 ISBN 978-4-575-23871-6


概要
3年間の不倫に終止符を打ち、いわくつきの結婚に向かおうとしている主人公の西田りか(田中麗奈)を中心に、男女関係が複雑に絡み合っていく恋愛劇。
勤め先の常務・柏木荘太(村上弘明)と不倫関係にありながらも純愛を信じていたりかが、荘太の妻・美津子(若村麻由美)の画策で、美津子に心を寄せる青年実業家・落合圭一(青柳翔)との見合いを強要されるスリリングな展開が見どころ。
脚本は、ドラマ「ラブジェネレーション」(フジテレビ系)など数々の話題作で知られる浅野妙子が手掛ける。


ストーリー 
ごく普通の会社員・西田りか(田中麗奈)は、父親像を求めて上司の柏木荘太(村上弘明)と不倫をしているが、欲張らず、家庭のある荘太に遠慮しながら、純愛のような感情を抱いていた。
しかし、2人の関係を知った荘太の妻・美津子(若村麻由美)は、りかを憎み、落合圭一(青柳翔)との見合いを強要。圭一は、美津子に恋心を抱いており、4人の思惑は複雑に絡み合うことに。りかの心の奥底では、美津子への激しい憎悪、荘太への愛憎が渦巻き、静かな復讐劇が幕を開ける。


キャスト
主人公
西田 りか → 落合 りか〈34〉
演 - 田中麗奈
ショウズホールディングス社員。圭一の妻。同社傘下のオーガニックカフェチェーン「アレグロ」へ出向し、4号店店長を務める。
柏木家

柏木 美津子〈47〉
演 - 若村麻由美
荘太の妻。ショウズホールディングス社長令嬢。

柏木 荘太〈54〉
演 - 村上弘明
美津子の夫。りかの不倫相手。ショウズホールディングス筆頭常務。

柏木 美羽〈16〉
演 - 吉田里琴
美津子と荘太の娘。圭一を兄のように慕う。

クリンチュア
落合 圭一〈33〉
演 - 青柳翔
社長。りかの夫。荘太の亡くなった友人の弟。学生時代から美津子に好意を抱いている。
志織
演 - 篠原ゆき子

前田 勇司
演 - 阿部翔平

佐々木 高広
演 - 内村遥

書道教室
桐谷 麻紀〈42〉
演 - 三浦理恵子
りかの書道教室仲間。フリーのインテリアコーディネーター。独身主義。

滝本 泉〈36〉
演 - 高橋かおり
りかの書道教室仲間。クラウド・サックス証券社員。コンプライアンス・オフィサーとして起業を志す。

江崎 龍子〈60〉
演 - 池畑慎之介
女性書道家。独身。

西田家・落合家
西田 俊夫
演 - 平泉成
りかの父。りかが17歳の時に妻を亡くし、電機メーカーの技術職を定年退職後は息子の良介と二人暮らし。

西田 良介
演 - 犬飼貴丈
りかの弟。スーパーサンマル店員。父・俊夫と2人暮らし。

落合
演 - 野村信次
圭一の父。

落合 百合子
演 - 内田尋子
圭一の母。

ショウズホールディングス
寺内 昭彦〈72〉
演 - 清水?治
創業者で社長。美津子の父。

寺内 巧巳〈40〉
演 - 丸山智己
副社長。美津子の弟。

吉岡
演 - 飯田基祐
荘太の部下。

神崎 達弘
演 - 山田明郷
神崎リゾート社長。ショウズホールディングスによる吸収合併に伴い役員に加わる。昭彦の古くからの知人。

アレグロ
小山 沙月
演 - 田島ゆみか
社員。アレグロへ出向中。

羽場
演 - 今井隆文
コック。

美咲
演 - 大沢ひかる

その他
田代 江美
演 - 三倉佳奈
Blossom美容クリニック美容整形外科医。美津子・麻紀の担当医。

滝本 孝史
演 - 六角慎司
泉の夫。リストラで職を失ってからは無職。

相沢
演 - 八幡朋昭
麻紀の交際相手。

スタッフ
原作 - 岡部えつ『残花繚乱』(双葉文庫刊)
脚本 - 浅野妙子、泉澤陽子
音楽 - 大隅知宇、信澤宣明
演出 - 光野道夫、岩田和行、村上正典(共同テレビ)
タイトルCG - 佐竹淳
フードコーディネート - 住川啓子
パース画デザイン - 島田祐輔
絵画協力 - 市橋節子
書道監修・題字 - 江島史織
医療指導・クリニック監修 - 東京イセアクリニック
医療監修 - 石田喜代美、新村核
編成 - 永山由紀子、吉本香苗(TBS)
プロデューサー - 栗原美和子、後藤庸介(共同テレビ)
製作 - 共同テレビ、TBS

主題歌 - 安田レイ「恋詩」(SME Records)


各話あらすじ(2015.1.8 - 2015.3.12)全10話 平均視聴率 6.65%
第1話 2014年1月8日「運命の出逢いは妻が仕掛けた復讐だった!魅惑ラブサスペンス 」※初回15分拡大(21:00〜22:09)
 カフェの店長を務める34歳のりか(田中麗奈)は、本社の常務・荘太(村上弘明)と不倫関係にある。その妻・美津子(若村麻由美)は社長・昭彦(清水紘治)の娘で、弟・巧巳(丸山智己)が副社長だ。今年のりかの誕生日は日曜日。美津子が実家に泊まるからと、荘太はりかを映画に誘ったものの、結局当日キャンセルする。状況を察して傷ついたりかが、1人で映画を見終わると、外は雨。すると、圭一(青柳翔)が傘を差し掛けてきて…。

第2話 2015年1月15日「欲張り妻への逆襲!新恋人を巡る戦い!!」
 荘太(村上弘明)に振られたりか(田中麗奈)は、一度は断った圭一(青柳翔)との縁談を受けることに。りかが断ると予想していた美津子(若村麻由美)は、不意を突かれ動揺する。一方、圭一はりかからの誘いを受け、美津子に電話で報告。圭一は、りかに恋心は抱いていないが、交際してみると正直に告げる。

第3話 2015年1月22日「第三の女・敵は妻だけではなかった!」
 美津子(若村麻由美)と圭一(青柳翔)の関係が続いていると確信したりか(田中麗奈)は、美津子の挑発に乗った自分を責め、圭一にネックレスを送り返す。数日後、圭一がランチタイムに社員を伴い来店。そこに、父・俊夫(平泉成)がけがをしたとの電話が入り、りかは圭一の車で実家へ急ぐ。幸い軽傷だった俊夫は、2人を恋人同士だと誤解する。一方、美津子への思いを断ち切ろうとする圭一は、荘太(村上弘明)にあることを頼む。 

第4話 2015年1月29日「婚約が招く嵐・仲人を受けた妻の怒り」
 りか(田中麗奈)は、圭一(青柳翔)が自分に黙って実家の縁側のリフォームを頼んでくれたと知る。俊夫(平泉成)が、圭一との結婚を期待しているのは明らかだ。電話で礼を述べたりかは、両親に会ってほしいと言われ、荘太(村上弘明)の親友だった圭一の兄の墓参に同行。その夜、プロポーズされたりかは即答を避け、迷っている理由を泉(高橋かおり)だけに明かす。一方、美津子(若村麻由美)は、荘太からプロポーズの件を聞いて…。

第5話 2015年2月5日「呪われた花嫁・挙式前夜に新郎がW浮気」
 美津子(若村麻由美)にりか(田中麗奈)との不倫写真を突き付けられた荘太(村上弘明)は、もう終わったと告げ、逆に圭一(青柳翔)を紹介したことを非難し、これ以上下品な真似はするなとくぎを刺す。結婚式を翌日に控え、感情を抑えきれない圭一は、美津子の自宅を訪ねるが、全てを忘れるよう諭される。その夜、圭一は麻紀(三浦理恵子)とベッドを共にした。結婚式当日、美津子は花嫁控室にいるりかに「結婚は地獄」だと言い放つ。

第6話 2015年2月12日「第二章・結婚は地獄欲張り妻の報復再開」
 新婚生活がスタートするが、圭一(青柳翔)はりか(田中麗奈)に触れようとしないばかりか、仕事で会社に泊まり込む日々が続いていた。そんな中、自宅を訪ねてきた泉(高橋かおり)から、圭一と麻紀(三浦理恵子)の関係を知らされたりかは放心状態に陥る。しかし、りかが圭一にその件を切り出したことがきっかけとなり、2人の距離は一気に縮まる。一方、入院していた美津子(若村麻由美)の父で社長の昭彦(清水紘治)がこの世を去る。

第7話 2015年2月19日「怒りと涙の一騎打ち今夜全てが暴かれる」
 麻紀(三浦理恵子)は美容クリニックの女医の話から、りか(田中麗奈)と荘太(村上弘明)が不倫関係にあったと知る。一方、美津子(若村麻由美)は荘太が新たに浮気をしていることに気付く。そんな中、書道教室の主宰者・龍子(池畑慎之介)が、顔を見せないりかを心配して店にやって来た。りかは麻紀と圭一(青柳翔)の関係、さらに荘太との過去を明かす。その後、泉(高橋かおり)が現れ、ある手段を使って独立したとりかに報告する。

第8話 2015年2月26日「帰らない夫…愛を失った女は鬼になる!」
 りか(田中麗奈)が一大決心をしたころ、圭一(青柳翔)は美羽(吉田里琴)からショッキングな事実を知らされていた。りかは帰宅した圭一が、自分より先にその話を持ち出したことにぼうぜんとする。会社に寝泊まりする圭一は、バーで麻紀(三浦理恵子)と遭遇し、その件を知らなかったのは自分だけだと自嘲する。一方、美津子(若村麻由美)も精神的に追い詰められていた。そんな中、美羽を傷つけてしまったことを悔やむりかは…。

第9話 2015年3月5日「妊娠発覚、妻の逃亡最後の逆襲!悪女へ」
 圭一(青柳翔)から説明を求められたりか(田中麗奈)は、荘太(村上弘明)との関係を打ち明けられなかった経緯を正直に話す。そんなりかに、圭一は「過去は忘れて、もう一度やり直そう」と告げる。一方、美津子(若村麻由美)は荘太が自分に何の相談もなく、新社長に就任したことで、精神状態が不安定に。突然、りかの自宅を訪ねて、圭一と男女の関係だったと言い放つ。圭一は否定するが、りかはしばらく圭一と距離を置くことに…。

最終話 2015年3月12日「結婚とは?意外な結末に納得できますか」
 美羽(吉田里琴)から妊娠を指摘されたりか(田中麗奈)は、何とかごまかす。しかし、それは美津子(若村麻由美)に伝わる。そんな中、美羽から圭一(青柳翔)に、両親がますます険悪な雰囲気だと、救いを求める電話が入った。圭一は4人で話し合ってみると答え、りかも同意する。そして、日曜日。2人は柏木家を訪問し、圭一は自分の胸にずっとしまっていた過去を持ち出す。さらに、りかも美津子も荘太(村上弘明)も、本心をさらけ出す。

各話視聴率


番組公式サイト
(残花繚乱 - Wikipedia)

『美しき罠〜残花繚乱〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おねだり娘(吉田里琴)と泥棒猫(田中麗奈)と美しき罠〜残花繚乱〜と美人妻(若村麻由美)
Excerpt: 同じような人間関係でも・・・全く違うドラマになるという・・・話でございます。 正妻と愛人と娘といえば・・・「Nのために」の主人公の家庭と一緒である。 あれは・・・婿養子が正妻と娘を家から追い出し愛人を..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2015-01-09 09:37

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
50音検索