2014年12月05日

ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜 第11話

第11話「女子高生襲う卑劣犯行…権力で罪もみ消しに怒り爆発」12月11日 23:59〜放送

カラオケボックスで一人の女子高生・高津愛子が、五人の男子大学生に襲われた。
主犯はリーダー格の田島一馬(前田公輝)。しかし、一馬にやられたと何度も訴える愛子の証言を無視し、警察は身代わりになった下っ端の秋吉裕司(佐藤大樹)を逮捕する。愛子に重傷を負わせた張本人である一馬は無罪放免だ。 一馬の父は、大企業・田島電機の社長・田島総一郎。今までもドラ息子が傷害事件を起こす度、息のかかった政治家を使って警察に圧力をかけ、息子の罪を揉み消してきたのだ。

愛子の両親に依頼された夏美(山口紗弥加)とミノワ(松本利夫)は、顔中を包帯で包まれ、目も虚ろな愛子の姿を見て誓う。「必ず事件の目撃者を探し出して、田島一馬の犯行を証明してみせるわ」「絶対許さねえ…クビ洗って待ってろよ、ボンクラども!」

一方、田島は顧問弁護士の工藤(西村雅彦)に、金の力で穏便に話をつけるよう依頼する。だが、相手が夏美とミノワだと知った工藤は言う。
「彼らを甘く見ない方がいい…ナメてかかると痛い目見ますよ」

一馬の犯行を証明すべく、証人を探すミノワは、事件当時、警察に通報したカラオケボックスの店員・井上の元を訪れる。当時フリーターだった井上は事件直後、急に就職が決まり、店を辞めていた。就職を斡旋してもらう代わりに田島に口止めされたのだ。
「本当の事を言え!」と迫るミノワに「つきまとい行為で警察に訴えますよ!」と返す井上。既に工藤から、何かあったら警察に報せるよう指導されていたのだ。

その工藤が高田法律事務所を訪れ、500万円で夏美と交渉しようとする。金で解決しようというのだ。しかし、夏美とミノワはそれを突き返し、交渉は決裂。夏美・ミノワと工藤は全面対決する事に。

一方、カナ(原菜乃華)の作文を盗み読みしたミノワは、カナが将来弁護士になるという夢を持ったと知り、喜ぶ。

ところが、そんなミノワの元に、カナを養子にしたいと申し出る男が現れる。
新興IT企業の代表取締役で、日本のスティーブ・ジョブスと呼ばれている小野田康夫(葛山信吾)だ。
小野田は1年前、娘を難病で亡くしていた。それ以来、小野田と妻・美佐子(石田ひかり)は深い悲しみから抜け出せずにいる。その亡くなった娘が、カナにそっくりだったのだ。美佐子は心臓弁膜症を患っていて、すぐに手術しないと命が危ない。しかし、娘を亡くして生きる気力を失っているのだという…。

正直、小野田の方がミノワよりも遥かに裕福だ。カナも金の事を気にせず、弁護士になる為の勉強が出来る。夏美は「カナちゃんが望むなら養子に出す選択肢だってあると思う」と、ミノワに考えてみるよう言うが、ミノワは「カナは絶対誰にも渡しません。俺が幸せにしてみせます!」と突っぱねる…。

カナの件を気にしながらも、愛子の事件の目撃者を探すミノワは、現場に居合わせたと思われる女子高生・青山雅美(坂東希)に辿り着く。
「店の中で見た事、話してくれ」と雅美に頼むミノワ。明らかに反応のある雅美だが、関わり合いになるのを恐れてか「何も見てない」と、父・勇作の中華料理店に逃げ込む。雅美に「あんたが話してくれるまで俺は帰らねえ」と粘るミノワ。そんなミノワに勇作は「ここにいられるのは客だけだ。料理を頼まないなら、出て行ってくれ」と言う。

覚悟を決めるミノワ、片っ端から料理を頼み、食べていく。どんなに苦しくなっても、諦めずに食べていく。その姿に良心が痛み出す雅美。「もうやめなよ」と止めようとするが、ミノワは「愛子さんが受けた痛みに比べれば、これぐらい何ともねえ!」と食べ続ける。そんなミノワの姿に心打たれる雅美。
だが、あと少しで全メニュー完食となった時、遂にミノワは倒れてしまう…。

それでも、ミノワの気持ちは雅美の心に届いていた。目を覚ましたミノワに、雅美は正直に言ってくれる。
「私、見たよ。田島って奴が仲間に罪なすりつけてるトコ。女の子の助けを求める声も聞いた。でも、怖くて何も出来なかった…ごめんなさい」謝る雅美にミノワは誓う。
「あんたは俺が守る。あいつらには指一本触れさせねえ」
雅美は明日、ミノワと一緒に警察に行き、証言すると約束してくれる。

アパートに帰ったミノワは、ふとゴミ箱に捨てられている学習塾の広告を見つける。
――カナにとっての幸せは何なのか?迷った末、ミノワは小野田夫妻に会いに行く。
ミノワに夫の非礼を謝る妻・美佐子。「ただ、今回の事は私を思ってやった事なんです。だから責任の半分は私にもあるんです…本当にすみませんでした」 小野田夫妻はカナの親になるに値する人格者のようだ。

さらにミノワは、夫妻と亡き娘が写っている家族写真を見てしまう。どれもとびきりの笑顔で幸せそうな様子。そう言えば、カナは今までミノワに笑顔を見せた事がなかった。
「俺と暮らしてて、カナは本当に幸せなのかな…」思わず考え込んでしまうミノワ。
とにかくミノワは小野田夫妻の事をカナに打ち明ける。「行ってあげてもいいよ。ちょっと遊びに行くくらいなら」とカナ。一度、小野田夫妻に会いに行く事に…。

一方、田島は、ミノワが雅美を見つけ出し、警察に証言する約束を取り付けた事を知る。「このままじゃ息子を庇い切れん。どうにかならないか?」と工藤に相談する田島。
工藤は「一つだけ手があります」と不敵に微笑む。
そして、工藤の罠に嵌められたミノワが大事件を起こしてしまう…。

第1話 2014年10月2日「憎悪の兄妹ドロ沼遺産トラブル愛で解決」
第2話 2014年10月9日「DNA鑑定が生むドロ沼離婚トラブル」
第3話 2014年10月16日「派遣OLが迷い込む、闇金トラブル」
第4話 2014年10月23日「理不尽クレームの最強モンペ母学校崩壊を法で救え」
第5話 2014年10月30日「不倫相手に慰謝料請求!」
第6話 2014年11月6日「干渉し過ぎる毒母が引き起こす娘へのストーカー事件」
第7話 2014年11月13日「隣人の嫌がらせ憎しみ合う主婦…法律を超えた仰天解決!」
第8話 2014年11月20日「婚約破棄で元彼から慰謝料500万!?愛憎修羅場で涙の奇跡」
第9話 2014年11月27日「万引き容疑で店頭に顔写真公開!絶体絶命からの逆転劇」
第10話 2014年12月4日「姑を憎み離婚訴訟を起こす鬼嫁!家族崩壊危機に涙する」
最終話 2014年12月18日「留置場からの脱走…少女と妹守るため最後の大勝負」

ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜 TOPへ
各話視聴率へ
2014年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2014年秋ドラマ視聴率一覧へ

『ビンタ!〜弁護士事務員ミノワが愛で解決します〜 第11話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索