2014年11月22日

新・刑事吉永誠一 第7話

「リミットは48時間!!17歳の殺人犯を救え」14.11.28 OA

非番の朝、ジョギングをしていた九条一馬は、川でおぼれる少年・増谷陸(西井幸人)を助ける。救急車を拒む陸を連れ帰った九条は、陸の話に過去の自分を重ね、同じような思いをしたことがあると話す。そこへ、殺人事件の知らせが入り、陸に家に帰るよう説得して別れる。

殺されたのは、パラリーガル(弁護士の補佐や事務仕事を担当)として法律事務所で働く長江俊正(花岡徹)という男で、胸と腹を何度も刺されて死亡していた。法律事務所を訪ねた吉永、鑑、九条は、パートナー弁護士の原正道(吉村明宏)、アソシエイト弁護士の金井響子(村井美樹)、司法修習生の矢野剛(黄川田将也)に長江を恨む人物に心当たりはないかと聞くと、長江の過去の逮捕歴が発覚。高校時代に後輩をいじめの末に死なせ、傷害致死で少年院に4年間入っていたという。

当時の担当弁護士だった原の影響で、司法の道を志したようだ。長江の過去を知っていたのは原と秋田(桑原辰旺)、そして長江と婚約していた響子だけだったという。
そんな中、犯人が自首してきたと知らせが入る。取調室にいたのは…。

第1話 2014年10月17日「家族と仲間達を愛し悪を憎む“あの男”が帰ってきた!イケメン刑事加入で緊急展開!!冷凍死体にNo1の文字紫の女がつなぐ3つの連続殺人」
第2話 2014年10月24日「悪魔のペンが描く偽装殺人計画!!妹はなぜ死んだ!?」
第3話 2014年10月31日「1/1000万円のワナ巨悪を斬る逆転捜査」
第4話 2014年11月7日「盲目の目撃者!!6歳が聞いた“悪の音”」
第5話 2014年11月14日「満月の殺人トリック悪女の嘘と“誤算”」
第6話 2014年11月21日「“100の顔”を持つ死体!?悪を愛した女」
第8話 2014年12月5日「“連続爆破パズル”最終ピースは娘の死!?迫る悪意」

新・刑事吉永誠一 TOPへ
2014年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2014年秋ドラマ視聴率一覧へ

『新・刑事吉永誠一 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2014年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新・刑事吉永誠一 (第7話・11/28) 感想
Excerpt: テレ東系『新・刑事吉永誠一』(公式) 第7話『リミットは48時間!!17歳の殺人犯を救え』の感想。 なお、黒川博行氏の原作小説は未読、過去の関連ドラマもすべて未見。 非番の朝、ジ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2014-11-28 21:19

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索