2014年11月20日

科捜研の女 第14シリーズ 第7話

第7話「間違った結婚の果てに…脳指紋検査が暴く記憶喪失男の謎!」-2014年11月27日-

 かつて榊マリコ(沢口靖子)や土門刑事(内藤剛志)が放火事件を解決した寺院で、重要文化財の本尊(仏像)が盗まれるという事件が起きた。

 マリコたち科捜研のメンバーは、現場に残された証拠を分析。厨子(仏像等を安置する仏具)のそばに落ちていた毛は人間のものではなく、近年、鴨川で繁殖し京都でも問題になっている特定外来生物“ヌートリア”のものとわかる。また、犯人のものらしき下足痕からは、トウガラシと山椒の粉末、パウダーシュガー、硝酸カリウム、草木灰などが検出された。そのちぐはぐな付着物に、一同は犯人はいったいどういう人物なのかと首をひねるが、近隣住民の蔵前元宏(佐藤蛾次郎)らは、“桜木”という男が怪しいと訴える。彼は1週間ほど前、突然、寺に現れ、住職の泉川祥英(佐川満男)に「寺で働かせてほしい」と頼んできた謎の人物らしい。

 そんなとき、その“桜木”が警察署に現れた…! 彼は、矢口秀一郎(賀集利樹)と名乗り、妻の朋子(桜田聖子)が提出した捜索願いを取り下げるため、署を訪れたと話す。矢口は1週間前の朝、会社に行くためいつもと同じバスに乗り、窓の外をぼんやり眺めていたことまでは覚えているが、その後、記憶を失い、気づいたときには京都の“映画村”で忍者ショーを見ていたと打ち明ける。記憶を喪失している間に、自分が重要文化財の仏像を盗んだのか…!? 矢口は嘘とも、本当ともとれる発言を口にした。

 医師によると、矢口の脳に異常は見られなかったが、“解離性遁走”と診断された。解離性遁走とは、それまで普通に生活していた人物が、過去の記憶を失った状態で何日間も放浪することだという。ある日突然、記憶を取り戻し、帰ってくるケースもあるが、矢口の場合は過去を思い出すのと同時に、放浪中の1週間の出来事をすべて忘れてしまったようだ。

 マリコたちが脳指紋検査などの科学の力で矢口の“失われた1週間”の足取りを辿っていくと、そこには思いもよらぬ展開が…?

第1話 2014年10月16日「死の爆風がマリコを襲う!廃墟の銃撃計画の裏を暴け!!」
第2話 2014年10月23日「仕込まれた大量爆弾鑑定の謎!惨劇の法廷怒涛の完結編!!」
第3話 2014年10月30日「毛髪鑑定を拒否する舞妓妻!ブラウス姿に日本髪の女の謎!!」
第4話 2014年11月6日「ゴミ屋敷殺人事件!多過ぎる証拠品〜執念の科学鑑定の果てに」
第5話 2014年11月13日「科学鑑定VS警察犬!殺害現場に国会議員の靴跡〜冤罪の罠!?」
第6話 2014年11月20日「欲望の殺人実験室!リケジョと裏金の陰謀鑑定不能の粉末血液」
第8話 2014年12月4日

科捜研の女 第14シリーズ TOPへ
各話視聴率へ
2014年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2014年秋ドラマ視聴率一覧へ

『科捜研の女 第14シリーズ 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索