2014年10月31日

MOZU Season2〜幻の翼〜 第4話

Episode #4「倉木VS大杉男達の闘いの果てに」2014.11.06 OnAir

一連の連続殺人事件の容疑者は新谷宏美である。…池沢(佐野史郎)は会見でそう発表した。しかし、宏美は半年前に死亡している。その事実を知る倉木(西島秀俊)・大杉(香川照之)・和彦(池松壮亮)・汐里(蒼井優)は捻じ曲げられた真実を前に、それぞれの思いを抱えていた。

同様に偽りの容疑をかけられている倉木は、イワン・タイラーの行方を聞き出すため、何人ものグルジブ人テロリストを拷問。大杉(香川照之)は、そんな倉木の暴走を止めようと銃を向ける。「このままだと、後戻りできなくなるぞ!」夜の操車場で互いに銃を向け合う2人。そこに列車が迫り…! …倉木はまた闇の中に消える。

その後、大杉は鳴宮(伊藤淳史)の協力で、倉木の無実を証明する証拠映像を入手する。すぐさま池沢にその報告書を突きつけ倉木の指名手配を解くよう迫る大杉。だが池沢はまともにとりあわない。

その頃、新たに殺人事件が起きた現場で、壁に血で残された羽根の絵と倉木が対峙していた。池沢の会見が引き金となり、和彦は殺し屋・百舌になった…。
そこへ、どこからか和彦が姿を現わす。羽根の絵は、倉木を誘い出すためのものだった。和彦は、半年前の宏美について倉木に問う。対して倉木はイワン・タイラーの情報を聞き出そうとするが、返ってきたのはある意外な答えだった。

一方、汐里は身分を偽り、取材と称して池沢に会っていた。巧みな言葉で池沢の関心を引き、打ち解けさせる汐里。しかし汐里には別の狙いがあった。

そして美希(真木よう子)は独自にイワン・タイラーの素性を探るべく、公安警察がマークしていたロシア人諜報員・スモロフに接触する。その姿を見ていた倉木は、出てきた美希を呼びとめた。そしてスモロフとの会話を録音したICレコーダーの音声を聞いた倉木は、スモロフに会おうと決意する。そんな倉木に美希が衝撃の告白をする。「イワン・タイラーは、失踪した自分の父かもしれない」と…。

スモロフはまだ何かを隠している。それを聞き出すため、倉木、大杉、美希の3人は、スモロフが参加している洋館でのパーティーに潜入。スモロフの軟禁に成功する。しかしそこに、東(長谷川博己)、そして、タイラーの素性に大きく関わる人物が現れ…。

第1話 2014年10月16日「公安のエースが妻の死の謎を追って孤高の戦いへ…空白の72時間に何が」
第2話 2014年10月23日「よみがえる百舌…その正体とは」
第3話 2014年10月30日「倉木逃走…真実を知る闘いへ…」
第5話 2014年11月13日「最終回!雪国の秘密施設で知る“本当の真実”とは」

MOZU Season2〜幻の翼〜 TOPへ
各話視聴率へ
2014年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2014年秋ドラマ視聴率一覧へ

『MOZU Season2〜幻の翼〜 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2014年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【 MOZU Season2 〜幻の翼〜 】第4話 感想
Excerpt: アルハドの創始者であるイワン・タイラーはグルジブ民族主義を唱えて 過激なテロを繰り返し、危険分子と判断されることを恐れてタイラーの名を 口にすることはグルジブ人にとってタブーだった。 今では..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2014-11-07 04:59

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索