2014年10月24日

新・刑事吉永誠一 第3話

「1/1000万円のワナ巨悪を斬る逆転捜査」14.10.31 OA

玉田の妹・江端千尋(鯉迫ちほ)が殺害された事件で、規則を破り、勝手に身内の事件の捜査を行った玉田は無期限の謹慎になった。そんな中、千尋の夫・江端篤志(弓削智久)が殺害される。第一発見者で江端の友人・坂城公太(山崎樹範)によると、その日の夕方、訪ねてきた玉田に江端の居場所を教えたという。連絡が取れない玉田を探し、吉永が自宅を訪れると、着衣に血痕が付着した状態の玉田を発見。任意で事情聴取を行うことに。

私情を持ち込まずに向き合えるのは自分以外いないと、九条一馬が事情聴取を買って出る。感情のままに江端を殺害したのではないかと追及すると、玉田は自分は殺していないと主張する。
片山班の刑事達は玉田を信じたいものの、動機とアリバイを考えると玉田は限りなく怪しく…。

第1話 2014年10月17日「家族と仲間達を愛し悪を憎む“あの男”が帰ってきた!イケメン刑事加入で緊急展開!!冷凍死体にNo1の文字紫の女がつなぐ3つの連続殺人」
第2話 2014年10月24日「悪魔のペンが描く偽装殺人計画!!妹はなぜ死んだ!?」
第4話 2014年11月7日「盲目の目撃者!!6歳が聞いた“悪の音”」

新・刑事吉永誠一 TOPへ
2014年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2014年秋ドラマ視聴率一覧へ

『新・刑事吉永誠一 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2014年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新・刑事吉永誠一 (第3話・10/31) 感想
Excerpt: テレ東系『新・刑事吉永誠一』(公式) 第3話『1/1000万円のワナ巨悪を斬る逆転捜査』の感想。 なお、黒川博行氏の原作小説は未読、過去の関連ドラマもすべて未見。 千尋(鯉迫ちほ..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2014-11-01 06:53

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索