2014年09月28日

地獄先生ぬ〜べ〜 TOP

2014年10月11日から同年12月13日まで、毎週土曜日21:00 - 21:54に日本テレビ系の「土曜ドラマ」枠で放送された。全10話。主演は丸山隆平。

原作
『地獄先生ぬ〜べ〜』(じごくせんせいぬーべー)は、原作:真倉翔・作画:岡野剛による漫画作品、およびそれを原作とした各種作品群である。略称は「ぬ〜べ〜」。

原作概要
「鬼の手」を持つ小学校教師「ぬ〜べ〜」こと鵺野鳴介が児童を守る為に、妖怪や悪霊を退治する学園コメディー。

集英社『週刊少年ジャンプ』にて1993年38号-1999年24号まで連載。友情、努力、勝利というジャンプ従来のコンセプトに加え、教育、都市伝説、ホラー、怪談、ラブコメディ、博学、お色気など様々な要素を採り入れ、バリエーションに富んだ展開と個性豊かなキャラクターが繰り広げるストーリーで非常に幅広い年代から老若男女問わず多くの支持を受け、1990年代後半のジャンプ低迷期の中、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』などとともにジャンプの一翼を担う大ヒット作となった。メディアミックスも果たし、テレビ朝日系でテレビアニメ化(1996年4月-1997年6月・全49話)やアニメ映画化(3作)、OVA化(3作)、PSゲーム化などが実現している。 総発行部数は、コミックス版全31巻、販売実績では2000万部。また、2006年には全20巻の文庫版が発売された。

2014年3月、15年ぶりに集英社『グランドジャンプ』2014年9号にて続編となる新作読み切り『地獄先生ぬ〜べ〜NEO』が発表され、同年5月発売の増刊『グランドジャンプPREMIUM』28号(新装刊2号、2014年6月号)から連載が開始された。こちらでは学級崩壊や学校裏サイトなど現代的な学校問題や、育児放棄、モンスターペアレントなど大人の教育問題の要素も取り入れている。さらに、『霊媒師いずな Ascension』と交換移籍という形で『グランドジャンプ』に移動(2014年16号から)。

原作とドラマ版の相違点
舞台は原作の小学校から、高校に置き換えられている。
原作では教育実習生から医師になっていた玉藻だが本作では正式な教師として登場する。
高校に置き換えられたため、ぬ〜べ〜が国語、律子が化学、玉藻が家庭科と担当教科が決まっている。
登場人物の1人である篠崎愛がぬ〜べ〜のクラスの生徒になっている(原作では小学6年生で広たちレギュラーキャラクター(小学5年生)より先輩)。
覇鬼の性格が毒舌家に変わっており時折ぬ〜べ〜の左手内の異空間で美奈子と論戦を繰り広げるという本作オリジナルの展開がある。人間が演じる関係上、原作のような筋骨隆々ではなく、スリムな体型になっている。また、服も着る様子。
原作では中学生だったいずなが広たちの年齢引き上げにより霊能力者見習いという肩書になっている。
玉藻の髪が原作では金髪だが、ドラマではアニメ(OVA版3作目を除く)同様、銀髪になっている。


ドラマ概要
主人公で霊能力を持つ教師・鵺野鳴介役は、ゴールデンタイムの連続ドラマ初主演となる関ジャニ∞の丸山隆平が務める。ドラマ版では、舞台を小学校から高校に移し、妖怪や悪霊を倒す力を秘めた“鬼の手”を持つちょっぴりドジな国語教師、ぬ〜べ〜こと鵺野が、人の弱い心がつくり出した化け物たちを退治していく姿が描かれる。


ストーリー
童守高校2年3組の担任を受け持つ国語教師、ぬ〜べ〜こと鵺野鳴介(丸山隆平)は、日本で唯一の“霊能力教師”。妖怪や悪霊を倒す力を秘めた“鬼の手”を左手に持ち、霊の心を読み取ったり、気を送り込んで傷を癒やすなどの特殊能力も兼ね備えている。
童守高校がある町では、原因不明の事件や事故が多発していたが、それは町に渦巻く闇や怨念を餌に、人間にとりついた妖怪や悪霊が引き起こしたものだった。要領は悪いが熱い正義感と責任感を持つぬ〜べ〜は、町と生徒たちを守るため、鬼の手を駆使して邪悪な存在に立ち向かっていく。


キャスト
童守高校 教職員
鵺野 鳴介 - 丸山隆平(少年期:若山耀人)
鬼の力を封印した“鬼の手”を左手に持ち、霊能力のある高校教師。生徒を思いやる気持ちは誰よりも強いが、要領と間が悪く、女性にも弱い。鬼の手は普段、黒皮の手袋をして隠し、正義に満ち溢れた姿も公にしていないため、生徒たちからは“変で怪しい先生”としか思われていない。

高橋 律子 - 桐谷美玲
童守高校の化学教師で、学校のマドンナ的存在。心霊現象は大の苦手だが、怪奇現象になぜか関わってしまい、生徒たちよりもひどいパニックぶりを露呈する。ぬ〜べ〜から一方的にアタックされているが、霊のことばかり話す彼のことが大嫌い。

玉藻 京介 - 速水もこみち
童守高校の家庭科教師。ルックス、性格すべてにおいて完璧で、生徒たちから絶大な人気を誇るが、実は齢400歳の狐の妖怪・妖狐。「人の世に災いをもたらす」という妖狐の掟があるにもかかわらず、律儀でまじめな性格のため、ぬ〜べ〜とはよきライバルとして絆を深めていく。

神木 昇(教頭) - 遠山俊也
渡 晴男(体育教師) - 山田親太朗
喜屋武 ひとみ(音楽教師) - 柴田美咲

童守高校 2年III組生徒
栗田 まこと - 知念侑李
立野 広 - 中川大志
稲葉 郷子 - 松井愛莉
木村 克也 - 吉沢亮
細川 美樹 - 佐野ひなこ
白戸 秀一 - 佐野岳
中島 法子 - 水谷果穂
山口 晶 - 清水一希
篠崎 愛 - 中村ゆりか
菊池 静 - 高月彩良
金田 勝 - 島丈明
北原 徹 - 原勇弥
黒木 雄一郎 - 山田ジェームス武
日向 勉 - 佐奈宏紀
三井 修 - 江口祐貴
安岡 正樹 - 河野将也
吉崎 佳祐 - 古指武輝
川瀬 葵 - 高橋春織
桐原 玲子 - 芝崎唯奈
斉藤 芽以 - 小林智絵
佐藤 あゆみ - 三上紗弥
高野 早希 - 倉持聖菜
古田 真梨子 - 小川紗良
松本 詩織 - 岡本夏美
吉野 桜子 - 加藤里保菜

その他
ゆきめ(雪女) - 知英
自称「ぬ〜べ〜のフィアンセ」。雪山で助けられたことから、一途に想いを寄せている。

葉月 いずな - 山本美月
家出をして上京したイタコ見習い。霊能力で有名になって大儲けすることが夢。ぬ〜べ〜の霊能力の高さに反発し、敵対視しているが、中途半端な霊能力で小遣い稼ぎの除霊に失敗しては事件を大きくしてしまい、ぬ〜べ〜に助けられることがしばしば。

美奈子先生 - 優香(友情出演)
ぬ〜べ〜にとって永遠の恩師。100%性善説主義の聖母のような存在。

覇鬼 - 坂上忍
地獄からの使者・鬼三兄弟の長男。ぬ〜べ〜の左手に封印されている。

無限界時空 - 高橋英樹
テレビ番組で人気の有名霊能力者。かつては無償で人々を救う善意の霊能力者だったが、妻の病気で大金が必要になった時に手の平返しで裏切られ、人の心の醜さに絶望。以後、拝金主義の権化となった。霊能力を金のために使わないことをポリシーとしているぬ〜べ〜は、彼のことを嫌悪している。

童守寺和尚 - マキタスポーツ

オープニングナレーション
毎回週ごとに週替わりで変わり、シークレットナレーターとして登場する。また、公式サイトでは放送中にシークレットナレーター当て企画が行われており抽選で番組グッズやドラマの見学権(第7話まで)が当たる。

稲川淳二(第1話)、堀北真希(第2話)、山田涼介(第3話)、船越英一郎(第4話)、沢村一樹(第5話)、成海璃子(第6話)、佐野史郎(第7話)、置鮎龍太郎(第8話)、和田アキ子(第9話)

ゲスト
キャスト名横の表記は出演回。☆印は無限界時空が除霊し助けた人。

第1話
頭像(声) - マギー(第8話)
雲外鏡(声) - 天田益男
サトミ☆ - 内田愛

第2話
サトリ - 矢部太郎(カラテカ)(第4話 - 第6・8話 - 第9話)
一つ目小僧 - 増田怜雄(第8話)
壁男 - 桝太一

第3話
トイレの花子さん - 高橋真麻(第4・8話)
影愚痴(声) - 福田信昭
シンイチ☆ - 三原大樹

第4話
小豆あらい - 鈴木拓(ドランクドラゴン)(第5話 - 第6話・第8話 - 第9話)

第5話
ジンタ(しゃべる人体模型) - 清水一希(二役)

第6話
座敷童子 - 中島綾香(第8話)

第7話
小豆あらいの父 - 上島竜兵(第8話 - 第9話)
怪人赤マント・通称「A」 - 明石家さんま

第8話 - 第9話
絶鬼 - 山田涼介

スタッフ
原作 - 真倉翔 / 漫画 - 岡野剛『地獄先生ぬ〜べ〜』(「週刊少年ジャンプ」 / 集英社刊)
脚本 - マギー、佐藤友治
音楽 - 横山克
演出 - 佐久間紀佳、池田健司、明石広人、松山雅則
演出補 - 松山雅則、濱野大輝
サウンドデザイン - 石井和之
音響効果 - 佐藤秀国
VFX&特殊造形プロデューサー - 岡野正広
VFXスーパーバイザー - 熱田健太郎、佐々木一樹
CG - 鈴木朗、河野達也、白智雲、雄勝光佑
特殊メイク - 梅沢壮一
くだ狐造型 - 関根研一
アクションコーディネート - 佐々木修平、俵広樹、林和美、飯田卓也
劇中料理 - 赤堀博美
チーフプロデューサー - 伊藤響
プロデューサー - 戸田一也、小泉守
ラインプロデューサー - 鈴木香織
アシスタントプロデューサー - 杉山葉香、白石香織
制作協力 - トータルメディアコミュニケーション
製作著作 - 日本テレビ

主題歌 - 関ジャニ∞「がむしゃら行進曲」(INFINITY RECORDS)


各話あらすじ(2014.10.11 - 2014.12.13)全10話 平均視聴率 10.07%
第1話 2014年10月11日「怪奇事件は妖怪の罠ドジでマヌケな先生が学校救う!?」  ※初回15分拡大(21:00〜22:09)
 不吉な予感に導かれるように町にやってきたのは、童守高校の新任教師・鵺野鳴介(丸山隆平)通称ぬ〜べ〜。生徒を思う気持ちは人一倍だが、少々ドジで熱さも空回りしてしまいがちな彼は、新しく2年3組の担任になることに。しかし、生徒たちはキザなイケメン新任教師・玉藻(速水もこみち)に夢中。しかも、ぬ〜べ〜は着任早々学校の七不思議に異常なほどの興味を示して、同僚の美人教師・リツコ(桐谷美玲)からも不審がられてしまう。

第2話 2014年10月18日「学園パニック!人を操るキザ妖怪!?超魔術が信頼の絆を壊す!?」
 ぬ〜べ〜と呼ばれるようになった鵺野(丸山隆平)は生徒のまこと(知念侑李)と童守高校の七不思議を巡り、妖怪の「壁男」を成仏させる。一方、文化祭でお化け屋敷をやることになり盛り上がる2年3組だが、鵺野は相手にされない。落ち込む鵺野は、律子(桐谷美玲)から生徒の笑顔こそが信頼の証だと言われ、笑顔に囲まれる玉藻(速水もこみち)をうらやましがる。一方、実は妖狐である玉藻は鵺野が生徒たちに嫌われるよう仕向け…。

第3話 2014年10月25日 「トイレの花子さんが大暴走&原作人気妖怪が鬼の手の秘密暴露」
 ある日、取りついた者の精神を崩壊させて自死に追い込む黒い影が、ブログやSNSで自分をアピールしてフォロワー数を増やすことに生きがいを感じている生徒・美樹(佐野ひなこ)に目を付ける。やがて、黒い影が郷子(松井愛莉)ら同級生たちの秘密を撮影し、美樹のアカウントからインターネット上に投稿した。事態に気付いた同級生たちや鵺野(丸山隆平)にまで無実を信じてもらえなかった美樹は、教室を飛び出す。

第4話 2014年11月1日「危険な遊びで妖怪が激怒!ろくろ首が走り(秘)巨大怪鳥も召喚!?」
 鵺野(丸山隆平)の正体を知った生徒たちの間で妖怪ブームが起き、「トイレの花子さん」(高橋真麻)も大人気に。鵺野は、いずな(山本美月)から教わったというまじない遊び「エンジェル様」をする郷子(松井愛莉)らに注意するが、彼女らに危機感はない。鵺野も生徒の怒り方が分からず強く言えない。そんな中、いずなが今度は「幽体ひっぱりゲーム」を教え、美樹(佐野ひなこ)の首が「ろくろっ首」の状態になる。

第5話 2014年11月8日「ボク人間になりたい人体模型に命が宿る!?余命24時間涙の青春」
 鵺野(丸山隆平)は、進路について興味を示さず、「なんとなく楽しければいい」と冷めた様子で話す晶(清水一希)の扱いに悩む。そんな中、晶がいつも話し掛けている理科室の人体模型に魂が宿り、晶の体に乗り移ってしまう。念願の人間になれた人体模型の魂は大喜びで、翌日には晶として登校してくる。鵺野はその魂を除霊しようとするが、玉藻(速水もこみち)から人間だけを救うのかと迫られ、24時間だけ思い出づくりをさせる。

第6話 2014年11月15日「今夜、重大発表が!大波乱!恋の三角関係切ない恋と優しい嘘」
 鵺野(丸山隆平)は、うその是非についての覇鬼(坂上忍)と美奈子(優香)の論争に巻き込まれる。その一方、鵺野はゆきめ(知英)から律子(桐谷美玲)との関係をただされ、思わずうそをつく。しかし、妖怪の存在を信じるようになった律子に鵺野は左手の秘密を打ち明け、心を通わせる。そんな中、鵺野の存在を意識するようになった律子の気持ちに嫉妬深い女の妖怪「おはぐろベッタリ」(林和美)が目を付け、取りついてしまう。

第7話 2014年11月22日「明石家さんまがアノ伝説妖怪に!悪夢の力で皆が悪魔に変身?」 
 鵺野(丸山隆平)が「A」こと「怪人赤マント」(明石家さんま)という妖怪に取りつかれ、 夢の中に捕らわれてしまった。ゆきめ(知英)が何をしても寝込んだままで、律子(桐谷美玲)らも学校に来ない鵺野を気に掛ける。 夢の中では、Aの究極の質問に答えられない鵺野が鎌で斬られており、現実の彼の体からも血が流れ出す。放課後、鵺野が心配で訪ねてきたまこと(知念侑李)は、助けを呼びにいずな(山本美月)の元へ向かう。

第8話 2014年11月29日「名画モナリザが人を食う!?学園パニック!怪奇ミステリーの謎」
 ある朝、校庭に巨大なモナリザの絵が出現した。すると克也(吉沢亮)は、童守高校の七不思議の一つ「人食いモナリザ」の仕業だと出まかせを言い出し、それを信じた教師や生徒たちは騒然。鵺野(丸山隆平)は妖怪話をでっち上げる克也に反省を促すため、ゆきめ(知英)ら本物の妖怪と話をさせる。だが、逆に妖怪への誤解を強くした克也は、翌日にも学校に出現した怪現象を利用し、妖怪への恐怖感をあおり立てようとする。

第9話 2014年12月6日「美しき鬼!山田涼介世界を破滅させる魔力正義が負ける瞬間…」
 鵺野(丸山隆平)のクラスに転入生の絶鬼(山田涼介)がやって来た。妖怪や鬼も好きだという絶鬼は、クラス全員から歓迎される。だが実は絶鬼は覇鬼(坂上忍)の弟で、鵺野の左手から兄を解放しようとたくらんでいた。絶鬼は生徒たちを青鬼に変化させて騒ぎを起こすが、駆け付けた鵺野が元の姿に戻す。一方の律子(桐谷美玲)は、鵺野の身が心配でならない。そんな中、時空(高橋英樹)が童守寺で倒れ、鬼が町に来たと告げる。

最終話 2014年12月13日「さよなら先生!?この命と引換えに俺は皆を守る!奇跡よ起きろ」
 覇鬼(坂上忍)が封印を破り、鵺野(丸山隆平)の鬼の手が消えてしまった。気絶した鵺野を介抱した律子(桐谷美玲)とゆきめ(知英)は、鬼の手のことを忘れて生活できればと話すが、鵺野は鬼の力を取り戻すのが自分の宿命だと言う。そんな中、覇鬼が学校で暴れ出し、鵺野をかばった玉藻(速水もこみち)やゆきめはボロボロの状態に。覇鬼は本当の絶望を見せると言って姿を消す。玉藻から時空(高橋英樹)が危ないと言われた鵺野は…。

各話視聴率


番組公式サイト
(地獄先生ぬ〜べ〜 - Wikipedia)

『地獄先生ぬ〜べ〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年秋(10- 12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
50音検索