2014年09月26日

Nのために TOP

2014年10月17日から同年12月19日まで、毎週金曜日22:00 - 22:54に、TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された。全10話。金曜ドラマ枠では2013年1月期に放送された『夜行観覧車』以来の湊かなえ作品のドラマ化で、同作のスタッフが再結集して制作される。主演は榮倉奈々。


原作
『Nのために』(エヌのために)は、湊かなえによる日本の推理小説作品。2010年1月29日に単行本が東京創元社から出版され、2014年8月23日に双葉文庫版が刊行された。


概要
イニシャル“N”の登場人物たちが、殺人事件に関わっていく湊かなえ原作の純愛ミステリー。暗い過去を持つ主人公・杉下希美を榮倉奈々が演じるほか、共演には窪田正孝、賀来賢人、小出恵介ら若手実力派やベテランの三浦友和が顔をそろえる。
セレブ夫婦殺人事件の現場に居合わせた希美、成瀬慎司(窪田)、安藤望(賀来)、西崎真人(小出)ら“Nたち”が、どのように出会い、誰を愛し、どんな罪を犯したのかが明かされていく。現在と過去が交差して描かれながら、瀬戸内海の島で育った希美と成瀬を知る元警察官の高野茂(三浦)が事件の真相を追う。


ストーリー
高級マンションの一室で、大手商社勤務の野口貴弘とその妻・奈央子が殺害され、現場には大学生の杉下希美(榮倉奈々)、希美の高校時代の同級生・成瀬慎司(窪田正孝)、希美と同じアパートに住む安藤望(賀来賢人)と西崎真人(小出恵介)の4人が居合わせる。その場で犯行を自供した西崎が逮捕され、事件は終わったかに見えた。
それから10年後、瀬戸内海にある青景島で育った希美と慎司を知る元警察官の高野(三浦友和)は、事件当時現場に居合わせたのは偶然だと証言する2人が、15年前の夏に地元で起こした“とある事件”からつながっていると確信していた。


キャスト
杉下 希美 - 榮倉奈々
香川県の青景島出身。高校2年の秋に父が愛人を家に連れ込み、家庭が崩壊。つらく厳しい生活を強いられる中、同級生の慎司だけに心を許す。大学進学を機に上京。ボロアパート・野バラ荘に住み、ビル清掃のアルバイトをしながら学費を捻出している苦労人。

成瀬 慎司 - 窪田正孝
希美の同級生。高校時代に実家の料亭「さざなみ」が放火で焼失し、奨学金で東京の大学に進学する。自堕落な生活を送る中、希美と再会し、人気レストランでアルバイトを始める。22歳の時、希美を助けるために「ある計画」に関わる。

安藤 望 - 賀来賢人
長崎県千早島出身。野バラ荘で知り合った希美の合理主義と上昇志向に共感し、兄妹のような間柄に。大学卒業後は、大手商社に勤める。

西崎 真人 - 小出恵介(少年期:若山耀人)
小説家志望の野バラ荘の住人。大学にも行かず自室にこもり小説を書いていたが、希美や安藤と出会い少しずつ外の世界に目を向ける。夫からDVを受けている奈央子と出会い恋に落ち、やがて、希美や成瀬らと「ある計画」を立てる。

高野 茂 - 三浦友和
香川県青景島の駐在所の警察官。料亭「さざなみ」が火事になった時に不在で、代わりに駆け付けた妻が煙に巻かれ、それ以来声が出せなくなる。放火犯は希美か成瀬ではないかと考えている。野口夫婦殺害事件の現場にも2人が居合わせたと知り、事件の真相を追う。

高野 夏恵 - 原日出子
宮本 由妃 - 柴本幸
成瀬 周平 - モロ師岡
成瀬 瑞穂 - 美保純
桐野 繭子 - 伊藤裕子
池園 和幸 - 山中崇
広田 公之 - 福田転球
西崎 寛 - 神崎孝一郎
杉下 洋介 - 葉山奨之
磯野 友子 - 梨木まい
杉下 晋 - 光石研
杉下 早苗 - 山本未來
野原 兼文 - 織本順吉
西崎 美雪 - 中越典子
多田 - 財前直見(特別出演)
野口 貴弘 - 徳井義実
野口 奈央子 - 小西真奈美

スタッフ
原作 - 湊かなえ『Nのために』(双葉文庫)
脚本 - 奥寺佐渡子
音楽 - 横山克
演出 - 塚原あゆ子、山本剛義、阿南昭宏
プロデュース - 新井順子(ドリマックス)
製作著作 - ドリマックス、TBS

主題歌 - 家入レオ「Silly」(JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)
挿入歌 - 五阿弥瑠奈(Ajysytz)


各話あらすじ(2014.10.17 - 2014.12.19)全10話 平均視聴率 8.94%
第1話 2014年10月17日「セレブ夫婦殺人事件…15年前に隠された秘密」
 高層マンションに住む、野口貴弘(徳井義実)・奈央子(小西真奈美)夫妻が殺害された。“ある計画”を立てた、大学生の希美(榮倉奈々)、成瀬(窪田正孝)、安藤(賀来賢人)、西崎(小出恵介)は、その殺人現場に居合わせてしまい、西崎が逮捕される。10年後、この事件に疑いを抱く元警察官・高野(三浦友和)は、殺人事件の真相を追い始める。この事件は15年前の夏、希美と成瀬が起こした“ある事件”から始まっていた。15年前、瀬戸内海に浮かぶ青景島。高校生の希美は、ある日、東京から愛人の宮下由妃(柴本幸)を連れて帰ってきた父・晋(光石研)に、母・早苗(山本未來)ともども家を追い出されてしまい・・・。

第2話 2014年10月24日「放火事件の謎…許されない罪の共有」
 2000年、瀬戸内海・青景島。東京の大学を目指す希美(榮倉奈々)は、新聞配達のアルバイトを続けていた。一方、成瀬(窪田正孝)は父・周平(モロ師岡)から代々続いた料亭を売りに出すと聞いて、進路変更を余儀なくされる。そんな中、希美の母・早苗(山本未來)が「あの家に帰りたい」と半狂乱に。希美は、父・晋(光石研)と愛人・由妃(柴本幸)が暮らす家がなくなれば、早苗が前向きになれるのではないかと思い詰めて…。

第3話 2014年10月31日「反撃開始舞台は東京へ!運命の出会い」
 「野口夫妻殺害事件」の真相を追う高野(三浦友和)は、希美(榮倉奈々)が勤務先を最近、理由も言わずに辞めたと知る。そして、成瀬(窪田正孝)の実家の放火事件は、時効まで1年を切っていた。さかのぼること14年前、高野は放火事件直後の成瀬と希美の様子から、2人が何か隠しているとにらむ。そんな中、成瀬が希美が申し込むはずだった奨学金の審査に受かる。一方、希美は父・晋(光石研)に、進学費用の借金を頼み込む。

第4話 2014年11月7日「被害者Nと出会った日…すれ違う2人」
 高野(三浦友和)は、西崎(小出恵介)の弁護人だった津嘉山(渡辺憲吉)を訪ね、当時の資料に目を通す。そのころ希美(榮倉奈々)は10年ぶりに安藤(賀来賢人)と会う。2002年。大学生の希美は、居酒屋と清掃のアルバイトを掛け持ちしていた。そしてアパートの大家・野原(織本順吉)には、不動産業者が土地を売るようしつこく迫っていた。ある日、希美は高校の同窓会のため帰郷。折しも、成瀬(窪田正孝)の父・周平(モロ師岡)が亡くなる。

第5話 2014年11月14日「沖縄の夜新たな恋から歯車が狂い出す」
 2003年、希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)は、野口(徳井義実)に接触するため、沖縄でボランティア活動に参加。2人は‘将棋’で野口の目を引き、その妻でダイビング初心者の奈央子(小西真奈美)が、海中でパニックになるのを救出。一気に野口の信頼を得る。その夜、2人は食事に招待され、自宅にも遊びに来るよう誘われた。その経緯を聞き、西崎(小出恵介)も満足する。そのころ、成瀬(窪田正孝)は悪事に手を染めていた。

第6話 2014年11月21日「許されぬ愛…罪人たちの悲しい告白」
 2003年。西崎(小出恵介)は希美(榮倉奈々)を訪ねてきた奈央子(小西真奈美)と初めて会う。希美は留守で、雨に濡れた奈央子にタオルを貸した西崎は、部屋で待っていてもいいと告げ、野原(織本順吉)の元へ。その間に奈央子は西崎の原稿を読み、ある事実を確信した。一方、オレオレ詐欺で警察に捕まった成瀬(窪田正孝)は、身元引受人として高野(三浦友和)の名前を出す。翌年、社会人になる安藤(賀来賢人)はアパートを引き払う。

第7話 2014年11月28日「語られる事件の悲劇…歪んだ愛の代償」
 2004年、希美(榮倉奈々)と安藤(賀来賢人)は、野口(徳井義実)が奈央子(小西真奈美)を軟禁していると知って驚く。野口によれば、流産した奈央子が情緒不安定となり、やむを得ないのだという。帰宅後、奈央子に不倫の噂があると安藤から聞かされた希美に、西崎(小出恵介)がその相手は自分だと打ち明ける。そんな中、友人の結婚式のため帰郷した希美は、退学した成瀬(窪田正孝)が都内の有名レストランで働いていると知る。

第8話 2014年12月5日「エリート夫の嘘と罠…炎に消えた真実」
 2014年、高野(三浦友和)は夏恵(原日出子)と島を訪れ、再会した成瀬(窪田正孝)に希美(榮倉奈々)の携帯電話の番号を教える。2004年、希美を訪ねた成瀬に、初対面の西崎(小出恵介)が、レストランの出張サービスを利用して奈央子(小西真奈美)を連れ出したいと協力を求めた。成瀬は断ったものの、クリスマスイブの予約がキャンセルになったことから、協力を思い立つ。希美は野口(徳井義実)に予約が可能だと持ち掛ける。

第9話 2014年12月12日「最終章〜前編〜今夜事件の幕が開く!」
 東京に戻るためフェリーを待っていた成瀬(窪田正孝)に、高野(三浦友和)が姿を消した夏恵(原日出子)の置き手紙を見せる。そこには、 14年前に起きた成瀬の実家の放火事件の真相が記されていた。一方、希美(榮倉奈々)が病気であることを知らない安藤(賀来賢人)は、元気がないのを心配してバーベキューに誘う。そんな中、安藤と会った西崎(小出恵介)はその病状を切り出そうとするが、希美のある言葉が頭をよぎり、思いとどまる。

最終話 2014年12月19日「明かされる事件の真実…N達の未来」
2004年、事件当日。西崎(小出恵介)は生花店の配達人を装い、野口夫婦のマンションへと向かう。西崎の到着を待つ希美(榮倉奈々)は、計画どおり野口(徳井義実)と将棋盤を挟んでいた。一方、早めに着いた安藤(賀来賢人)は、1階で西崎と遭遇。そして、西崎と希美、成瀬(窪田正孝)が何かたくらんでいると察する。その5分後、成瀬が到着するが、野口家からの応答はない。2014年、島に戻ることにした成瀬は、希美を訪ねる。

各話視聴率


番組公式サイト
(Nのために - Wikipedia)
タグ:Nのために

『Nのために TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クリスマス殺人事件か・・・ジングルベルを聞きながらまた誰かが(小西真奈美)
Excerpt: 中国では独裁者によって「法治国家」が叫ばれているという。 しかし、自分で自分の首をしめるのは難しいことなのである。 独裁政権が人民に自由を与えることなど未来永劫できない相談なのだ。 一般的に司法と行政..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-10-25 03:21

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年秋(10- 12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
50音検索