2014年09月09日

GTO(第2シリーズ)第11話(最終話)

「シリーズ完結!妊娠高校生の涙…鬼塚が一番伝えたい命の授業」9.16(火)よる10時スタート

子どもを産むと決心したあゆな(松岡茉優)を案じる鬼塚(AKIRA)とほなみ(比嘉愛未)。だが、大前(風見しんご)は学校の評判に関わるという理由で、産むならあゆなを退学させるという。改めて意思を確かめる鬼塚に、あゆなは自分に宿った命を守り抜くといい、子どもを育てるために学校も辞めると宣言。その覚悟を聞いた桜井(黒木瞳)に、ある思いが…。

そんな折、家出をした葛木(菊池風磨)があゆなの前に現れ、子どもと3人で暮らそうと駆け落ちを持ちかけた。だが、あゆなは「何もわかってない」と拒絶。その理由がわからず、混乱する葛木は鬼塚の手で家に連れ戻されてしまう。

さっそく母親の一美(床島佳子)と口論になった葛木は、2人の仲を認めてくれなければ死ぬと自分に刃物を向ける。そんな葛木を鬼塚は「それがてめぇの覚悟か」と一喝。銀行へ連れて行くと、あゆなと子どもとの生活のため、現金輸送車を襲って金を奪えと葛木をけしかけ、包丁を持って駆け出す!

一方、妊娠の噂は広まり、ネット上にあゆなや葛木の実名までさらされ、学校や葛木家にマスコミが押しかける事態に。PTA会長の一美は、葛木の関与をもみ消して騒動をおさめるよう学校に圧力をかけるが、桜井はあゆなと葛木の双方を退学処分にすると宣告。桜井の思わぬ決断に職員らも驚く中、あゆなが出血して病院に運ばれたと知らせが入り…。

第1話 2014年7月8日「新舞台は鬼塚の母校!問題児にグレート授業だ!整形バラされた女子高生に母の後悔」
第2話 2014年7月15日「家族崩壊の危機…純情少年を救え・鬼塚絶叫マラソン大会涙の結末」
第3話 2014年7月22日「ストーカーに震える生徒を救え!殺人予告に鬼塚怒りの鉄拳炸裂」
第4話 2014年7月29日「父親は他人だった…血の繋がりは大切か?鬼塚が伝える親子の絆」
第5話 2014年8月5日「前代未聞!鬼塚流イジメ撲滅作戦・友達かばう健気な少女を救え!」
第6話 2014年8月12日「鬼塚夏休み授業!夢は叶わない!?歌手目指す貧乏少女に母の反対」
第7話 2014年8月19日「妊娠高校生悩む男子が暴力事件…見捨てる教師に鬼塚が大激怒!」
第8話 2014年8月26日「夢絶たれたバスケ部エースに鬼塚授業…人生は絶対やり直せる!」
第9話 2014年9月2日「不登校女子が教師と禁断の恋…!?危ない復讐劇にクラス崩壊危機」
第10話 2014年9月9日「最終章突入鬼塚10年前の悲劇とは危険な逆襲で絶体絶命生徒守れ」

GTO TOPへ
各話視聴率へ
2014年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2014年夏ドラマ視聴率一覧へ

『GTO(第2シリーズ)第11話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2014年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

GTO2 最終回
Excerpt: 子供を産むことを決心したあゆな(松岡茉優)は、心配する鬼塚(AKIRA)に対して、子供を育てるために学校を辞めると宣言します。 そんなあゆなの元に、家出中の葛木(菊池風麿)が現れて、駆け落ちして..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2014-09-18 12:17

GTO(2)第11話(最終回)
Excerpt: 「シリーズ完結!妊娠高校生の涙…鬼塚が一番伝えたい命の授業」 内容 堕ろしたと言っていたあゆな(松岡茉優)が、堕ろしていなかったと判明。 あゆなは、鬼塚(AKIRA)達に産むことを宣言し、学校を..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2014-09-18 18:22

AKIRA(33)のGTO〜高校聖母(松岡茉優)ラインを越えて保健室(三吉彩花)三代目ヒロイン(比嘉愛未)
Excerpt: 「GTO」というコンテンツは魅力的なんだなあ。 AKIRA版は第一期に続き、スペシャル版を三回もやった上に・・・第二期まで・・・。 まさか・・・長期シリーズとか・・・考えているのか・・・。 まあ・・・..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-09-21 07:15

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索