2014年08月29日

家族狩り 第10話(最終話)

最終話「約束を」2014年9月5日(金)

行方不明になった游子(松雪泰子)が、芳沢家にいると気付いた浚介(伊藤淳史)は、馬見原(遠藤憲一)に助けを求めつつ急いで芳沢亜衣(中村ゆりか)の家へと向かう。
ところが、大野(藤本隆宏)から一撃を受け、意識が戻ったときには目の前に恐ろしい光景が……。
家族に絶望した亜衣は、死を覚悟し葉子(財前直見)と大野に全てを託そうとする。ところが浚介は「死んでは駄目だ!!」と必死に亜衣に思いを告げる。そして游子も亜衣に優しく言葉をかける。

犯人は、なぜ家族を狩ったのか?
そこには11年前の悲劇が深く影を落としていた……。
游子、浚介、馬見原。それぞれが出した“家族”の意味とは!?
その全てが明らかになる。

第1話 2014年7月4日「天童荒太原作の不朽の名作を大石静脚本、骨太なキャストで完全映像化」  
第2話 2014年7月11日「殺しの香り、殺しの祈り」
第3話 2014年7月18日「親を棄てられますか?」
第4話 2014年7月25日「踏み出す勇気」
第5話 2014年8月1日「闇を破る」
第6話 2014年8月8日「最期の声」
第7話 2014年8月15日「真犯人!」
第8話 2014年8月22日「犯人の罠」
第9話 2014年8月29日「葬送の儀」

家族狩り TOPへ
各話視聴率へ
2014年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2014年夏ドラマ視聴率一覧へ
タグ:家族狩り

『家族狩り 第10話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(6) | 2014年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

個人が家族が社会が責任をおしつけあう世界でろくでなしの父帰る(篠田麻里子)
Excerpt: 幻想と現実が混在するフィクションは常に前衛的になってしまう。 つまり・・・フィクションというお約束の中で・・・主観と客観を分離するというお約束を破壊するチャレンジだからである。 たとえば「シャイニング..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-09-06 01:25

家族狩り 最終話:約束を
Excerpt: 不死身っ!ヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!! 最後、山賀と大野はまだ生きてて、懲りずに狩りをしてるような 描写でしたよねー この二人といい、椎村といい、このドラマの登場人物どんだけ不死身なんだっ! ・・..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2014-09-06 17:19

家族狩り 最終回「約束を」
Excerpt: 噂では、かなりハードな作風と聞いていたので、これまでハードルが高く、敬遠気味だったのですが、思い切って、天童荒太作品を、初経験なるほど、現代の社会問題にがっぷり四つで、スパイシーな問題提起。みんなが問..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2014-09-06 17:55

【 家族狩り 】第10話(最終回) 感想
Excerpt: 家族をもっと開いてもいいんじゃないでしょうか? 開かれたものにしても。 生きてることは辛い。 生きてるだけで、それだけでいいことがあるとは思えない。 だから、いいことは自分達の手でつくって..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2014-09-07 01:15

家族狩り最終回感想
Excerpt: やっぱり・・銃じゃ死なないのね(苦笑)シロアリ夫婦は結局生きていて、まだ送りを続けているのかよ!?というラスト。。でも、そこはメインじゃなくて、疎遠だった登場人物もちゃんと出てきて、それぞれのラストを..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2014-09-07 08:06

家族狩り 第10話(最終回)
Excerpt: 「約束を」 内容 行方不明の游子(松雪泰子)が、亜衣(中村ゆりか)の家にいると気づいた巣藤(伊藤淳史)は、馬見原(遠藤憲一)たちに事情を伝え、急いで向かう。 しかし大野(藤本隆宏)により殴られて..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2014-09-07 08:18

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索