2014年08月06日

警視庁捜査一課9係 season9 第6話

2014年8月13日放送
第6話「殺しの感謝状」

 スナック経営者・近田(松本実)の他殺体が見つかった。現場で村瀬(津田寛治)は、志保(羽田美智子)にも説明せず、ノートパソコンの搬出を鑑識に指示。青柳(吹越満)は、こっそりとスマートフォンをポケットにしまい込み、矢沢(田口浩正)を呆れさせる。

 一方、倫太郎(渡瀬恒彦)は、スナックの最後の客の伝票にあった「CR」という文字に疑問を抱く。聞かれた直樹(井ノ原快彦)もなんのことだかわからず…。

 スマホの通話記録から飲食店経営者の御木本(松尾敏伸)という男が浮上した。が、青柳らの質問にも近田とは幼馴染だったというだけで、事件当日の電話でも大した話もしていないという。

 一方、倫太郎と直樹は、聞き込みから近田がはるか(小池唯)というアイドルを脅していたことがわかった。事件当日、宅間(中西良太)の運転するタクシーが近田の店の前ではるかと接触。はるかは近田の店に行ったことを認めたものの、店には食べかけのカレーライスがあっただけで、誰もいなかったと証言する。どうやら伝票の「CR」はカレーライスのことらしい…。

 志保と村瀬が調べたノートパソコンのデータから、近田が振り込め詐欺に手を染めていた可能性が出てきた。近田にだまされた被害者による犯行か。志保らはデータにあった被害者の名簿を洗うが、御木本は振り込め詐欺の犯人逮捕に協力し感謝状を貰っていた…。青柳らは改めて御木本の周辺の捜査に乗り出す。

 そんな青柳と田口は、振り込め詐欺の被害者と思われるデータの中から「佐竹和弘」という名前を見つける。御木本が経営するレストランで働くことになったという、スーシェフ・恵子(小野真弓)の死んだ夫だ。恵子は近田に騙され、自殺した夫の復讐に近田を殺害。さらに共犯と思われる御木本に近づいたのか?アリバイもあいまいな恵子だが、志保と村瀬の取り調べにも黙秘を続ける。

 倫太郎は、近田のスナックでここ2週間の間に6回もカレーライスのみを注文している伝票を見つける。スナックといえば酒を飲むところなのに…。倫太郎から疑問を突き付けられた直樹は、倫太郎と同じある人物に行き当たる。その人物とは!?

第1話 2014年7月9日「殺人クルーズ」
第2話 2014年7月16日「世界平和殺人事件」
第3話 2014年7月23日「殺人ギター」
第4話 2014年7月30日「殺人家計簿」
第5話 2014年8月6日「殺人ミュージカル」
第7話 2014年8月20日「殺しの処方箋」

警視庁捜査一課9係 season9 TOPへ
各話視聴率へ
2014年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2014年夏ドラマ視聴率一覧へ

『警視庁捜査一課9係 season9 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索