2014年07月21日

ペテロの葬列 第4話

第4話「30年前の真実…明かされる悪の歴史…動き出した後継者争い」2014年7月28日

事件についてや犯人について、また誰が慰謝料を送ったのか調べを進める杉村(小泉孝太郎)と手島(ムロツヨシ)、そしてバスジャックの被害者たち。そんな中、園田編集長(室井滋)は相変わらず休職中で、自宅のマンションに閉じこもったきり。8人の被害者の中でも、もっとも事件のダメージを強く受けたのは彼女だった。ジャックされたバス車内での、園田と犯人との謎のようなやり取りはなんだったのだろうか…?

そんな園田の様子を心配する会長の今多嘉親(平幹二朗)は、園田の件については自分にも責任があるという。そんな嘉親を訪ね、なぞの現金が送られてきたことや園田と犯人のやり取りなど、ことの経緯を伝える杉村だったが、そのとき嘉親から園田が体験した壮絶な過去についての話を聞く。一体、その壮絶な過去とは!?

一方、広報室では井手(千葉哲也)は間野京子(長谷川京子)に対して、セクハラまがいの発言をし彼女を困らせていた…。

第1話 2014年7月7日「宮部みゆき最新ミステリー!“悪”が生まれた瞬間、それは30年の時を経て日本中を巻き込む巨大犯罪に!謎はドラマ史に残るバスジャックから始まる」
第2話 2014年7月14日「バスジャックの謎は巨大犯罪へ…共犯者!?死者からの慰謝料!悪は伝染する」
第3話 2014年7月21日「大金が人生を狂わせる…人質達の秘密…誘惑…探偵杉村ついに始動」
第5話 2014年8月4日「秘密の告白…新たな殺人…急展開!悪が家族に伝染する!」

ペテロの葬列 TOPへ
各話視聴率へ
2014年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2014年夏ドラマ視聴率一覧へ

『ペテロの葬列 第4話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2014年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ペテロの葬列 (第4話・7/28) 感想
Excerpt: TBSテレビ系『ペテロの葬列』(公式) 第4話『30年前の真実…明かされる悪の歴史…動き出した後継者争い』の感想。 なお、宮部みゆき氏の原作小説『ペテロの葬列』は未読。 杉村(小..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2014-07-28 21:07

ペテロの葬列「30年前の真実…明かされる悪の歴史…動き出した後継者争い」
Excerpt: なんと、バスジャックで憤慨し「あなたのような人を見たことある」と、早々にバスを降りてしまい、以後、出社してなかった園田編集長(室井滋)の過去が、会長の今多嘉親(平幹二朗)によって語られ、その経緯が戦慄..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2014-07-29 17:40

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索