2014年07月04日

吉原裏同心 TOP

2014年6月26日から同年9月18日まで、NHK総合テレビ「木曜時代劇」枠(毎週木曜 20:00〜20:45)で放映された。全12話。

キャッチコピーは「二人で生きていく」


原作
『吉原裏同心』(よしわらうらどうしん)は、佐伯泰英による日本の時代小説シリーズ。光文社文庫より刊行されている。


概要
小出恵介の時代劇初主演で、華やかな江戸の遊郭・吉原を陰で守る浪人夫婦の活躍を描く「吉原裏同心」。九州の豊後岡藩から出奔し、3年間の流浪生活の末に吉原に流れ着いた浪人・神守幹次郎(小出恵介)と、幼なじみの汀女(貫地谷しほり)が、遊女を巻き込む邪悪な影を成敗し、情愛を持って解決する。
佐伯泰英の人気時代小説を原作に、ドラマ「結婚できない男」「梅ちゃん先生」などを手掛けた尾崎将也が脚本を手掛ける。


ストーリー
嫁ぎ先でひどい扱いを受けている汀女(貫地谷しほり)と駆け落ちした下級武士の神守幹次郎(小出恵介)は、追手を逃れ、江戸の遊郭・吉原に流れ着く。吉原の自警団組織の四郎兵衛(近藤正臣)から、剣の腕を買われた幹次郎は用心棒となり、汀女も遊女たちに読み書きを教え始める。
穏やかな暮らしを手に入れたかに見えた2人だが、吉原の女性を巻き込む邪悪な影が次々と忍び寄る。


キャスト
神守幹次郎 - 小出恵介
豊後岡藩の下級武士。汀女と駆け落ちし、追手から逃れ吉原に流れ着く。四郎兵衛に薩摩示現流の剣の腕を見込まれ、吉原の四郎兵衛会所の用心棒を務め、“裏同心”として吉原を巻き込む悪を成敗する。

汀女 - 貫地谷しほり
幼なじみの幹次郎と駆け落ちした。父の借金30両を肩代わりして嫁いだ先で、夫にひどい仕打ちを受けた過去から、遊女たちに温かく接し、読み書きを教える。

四郎兵衛 - 近藤正臣
吉原の自警組織・四郎兵衛会所の七代目頭取。幹次郎の腕を見込み、用心棒として雇う。温厚篤実な性格だが、幕府の同心に付け届けを欠かさないなど、したたかさも持ち合わせる。

薄墨太夫 - 野々すみ花
吉原一の人気を誇る三浦屋の花魁(おいらん)。陰ながら幹次郎を助け、密かに思いを寄せる。汀女とも親密で、寺子屋で書の手習いを受ける。

仙右衛門 - 山内圭哉
藤村惣五郎 - 皆川猿時
玉藻 - 京野ことみ
柴田相庵 - 林隆三
お芳 - 平田薫
佐吉 - 三宅弘城
村崎季光 - 石井愃一
長吉 - 沼田爆
清次 - 若葉竜也
千歳 - 尾上紫
若竹 - 菜葉菜
夕霧 - 近野成美
豊春 - 定松直子
水無月 - 松之井綾
正琴 - 児玉陽子
千代 - 富田エル
弥助 - 大賀太郎
寅五郎 - 山元隆弘
泉蔵 - 松本淳
慎之助 - 石野理央
岡っ引き - 千葉清次郎
ひかる - 鈴木里奈
ほたる - 萩倉悠月

ゲスト
複数回登場の場合は括弧()内に表記。
第一回
中野信一郎 - 上遠野太洸
初音 - 水野絵梨奈
佐々木友之進 - 車邦秀
脇屋勘兵衛 - 尾関伸嗣
篠崎 - 市瀬秀和
甚吉 - 坂本真
汀女の父 - 櫻井正一

第二回
梅園 - 奥菜恵
島田藤兵衛 - 山口馬木也
宗助 - 川村亮介
弥七 - 七枝実
おくに - 近藤里沙

第三回
きく - 富田靖子
喜助 - 天宮良
村山信濃守 - ダンカン
太平 - 森下能幸
代田 - 真実一路

第四回
おかん - 高橋由美子
幸助 - おかやまはじめ
栄蔵 - 加藤武
徳蔵 - 近童弐吉
喜兵衛 - 真鍋誠志

第五回
谷平 - 柳沢慎吾
おけい - 宮武美桜
庄助 - 冨家規政
吉野 - 小倉百代

第六回
鞆世 - 黒谷友香
雛菊 - 徳永えり
茂蔵 - 半海一晃
清右衛門 - 市川しんぺー
正五郎 - 三浦祐介
春日 - 遠谷比芽子
諒庵 - 堀本能礼

第七回
間宮鋭三郎 - 辻本祐樹(幼少期:菊地飛翔)(第六回)
加門麻 - 仲愛理
間宮慶一郎 - 水原光太
伊勢亀 - 真夏竜
三浦屋 - 中平良夫

第八回
香取屋武七 - 篠井英介
香取屋公太 - 浜田学

第九回
柳里/おちよ - 星野真里
徹三郎 - 千葉哲也
圭次 - 成河
幸造 - 永田耕一

第十回
小春 - 馬渕英俚可
文吉 - 内野謙太
義左衛門 - 湯江健幸
又一 - 和田洋一
儀助 - 野村昇史

第十一回
中林与五郎 - 豊原功補
溝呂木六兵衛 - 村野武範
溝呂木忠也 - 佐野和真
亀田満右衛門 - 野添義弘

スタッフ
原作 - 佐伯泰英『吉原裏同心』
脚本 - 尾崎将也
音楽 - 林ゆうき
語り - 貫地谷しほり
演出 - 西谷真一、佐藤峰世、田中英治、川野秀昭
制作統括 - 佐野元彦(NHKエンタープライズ)(第一回 - 第六回)、城谷厚司(NHKエンタープライズ)(第七回 - )、原林麻奈(NHKドラマ制作部)
制作 - NHKエンタープライズ

主題歌 - 小田和正「二人」


各話あらすじ(2014.6.26 - 9.18)全12話 平均視聴率 8.43%
第1話 2014年6月26日「希望の光」ラテ欄「豪華絢爛!吉原救う流浪剣士の夫婦愛」 視聴率 8.3%
 豊後岡藩の下級武士・神守幹次郎(小出)は、夫・壮五郎(皆川猿時)から理不尽な扱いを受けていた2歳年上の幼なじみ・汀女(貫地谷)を救い出す。3年後、無理やり壮五郎の手下に入れられてしまった汀女の弟・信一郎(上遠野太洸)を救い出すために江戸・吉原へ向かう。待ち構えていた壮五郎一派に立ち向かう幹次郎の剣の腕を陰から見ていたのが、吉原の治安を守る自警組織・四郎兵衛会所の頭取である四郎兵衛(近藤正臣)だった。

第2話 2014年7月3日「守りたい人」 視聴率 8.2%
 四郎兵衛(近藤正臣)に剣の腕を見込まれ‘吉原裏同心’になってほしいと頼まれた幹次郎(小出恵介)は、それを断る。遊女を仕切る連中に助力するのが嫌だったからだ。一方、汀女(貫地谷しほり)は遊女・梅園(奥菜恵)の作った俳諧に不穏なものを感じる。妹が売られるのを防ぎたい梅園は、昔なじみの藤兵衛(山口馬木也)にだまされ、火事場泥棒の片棒を担がされようとしていた。幹次郎と汀女は梅園を思いとどまらせようとする。

第3話 2014年7月10日「許せぬ奉行」 視聴率 11.1%
 吉原裏同心として働く決意をした幹次郎(小出恵介)は、吉原を視察に来た南町奉行・村山(ダンカン)に卵をぶつけた犯人を捜す中、 遊女・きく(富田靖子)に行きつく。きくは昔、村山が身請けして囲おうとした時、頑として聞き入れなかった。きくに好きな男・善助(天宮良)がいることを知った村山は、善助に無実の罪をかぶせ、江戸所払いにしたのだ。幹次郎は、きくと善助が村山への恨みを晴らそうとしていることを知る。

第4話 2014年7月17日「年季明け」 視聴率 9.9%
 遊女おかん(高橋由美子)と、なじみ客の大工・幸助(おかやまはじめ)が心中未遂事件を起こす。おかんの年季明けに一緒になる約束をしていた二人だが、年季が明けるなり、おかんの借金の証文を主人・徳蔵(近童弐吉)が出してきた。さらに、字の読み書きができないおかんの代わりに証文を書いた客の喜兵衛(真鍋誠志)が突然、おかんの身請けを申し出て幸助を慌てさせたのだ。幹次郎(小出恵介)は徳蔵と喜兵衛が組んでいるのではないかと疑う。

第5話 2014年7月24日「父と娘」 視聴率 9.3%
 薄墨太夫(野々すみ花)の元に、まだ少女の面影を残すおけい(宮武美桜)が「遊女になりたい」と言って現れる。父・谷平(柳沢慎吾)の借金のかたとして吉原に売られる前に、自ら来たという。そこへ谷平が現れ、金の算段がついたと話す。幹次郎(小出恵介)は、ばくちには手を出すなと、谷平にくぎを刺す。だが谷平は、悪人・庄助(冨家規政)のたくらみで再びばくちに手を出してしまい、おけいを本当に売らなければならなくなってしまう。

第6話 2014年7月31日「隠しごと」 視聴率 7.5%
 吉原の売れっ子遊女・雛菊(徳永えり)が文に毒を付け、なじみ客・清右衛門を殺害した容疑で連行される。同じ所で働く先輩の遊女・鞆世(黒谷友香)は、雛菊を救ってほしいと幹次郎(小出恵介)に頼み込む。雛菊と会い、無実を確信した幹次郎は、文を運んだ正五郎を捜す。だが、正五郎は雛菊と恋仲であることを示す遺書を書き、既に死亡していた。雛菊への疑いが深まる中、幹次郎は清右衛門に恨みを持つ番頭・茂蔵(半海一晃)にたどり着く。

第7話 2014年8月7日「いいなずけ」 視聴率 7.8%
 薄墨太夫(野々すみ花)をひそかに付け狙う男が現れた。四郎兵衛(近藤正臣)が心当たりを聞いたところ、薄墨太夫はもともと武家の娘で、いいなずけがいたという過去が明らかになる。家庭の不幸のため、自ら吉原へ来た薄墨太夫を幹次郎(小出恵介)が警護することになった。やがて、薄墨太夫を狙う男は昔のいいなずけの弟・鋭三郎(辻本祐樹)だと判明。幹次郎は薄墨太夫の願い通り、鋭三郎を殺さずに捕らえようとする。 

※2014年8月14日は「ごきげん歌謡笑劇団「夏休み!沖縄・名護スペシャル」」(19:30〜20:45)が放送のため、休止。

第8話 2014年8月21日「覚悟あり」ラテ欄「妻を誘拐?吉原乗っ取りに怒りの剣」 視聴率 6.2%
 穀物問屋の武七(篠井英介)と息子・公太(浜田学)は、吉原会所の乗っ取りを計画していた。二人は浪人を雇い、四郎兵衛(近藤正臣)の命を狙うが、幹次郎(小出恵介)が立ちはだかる。公太は、幹次郎と汀女(貫地谷しほり)が一緒にいるのを目撃。そして、汀女が一人になったのを狙い、誘拐する。汀女を捜す幹次郎の前に公太が現れ、「女房を返してほしけりゃ、四郎兵衛を殺せ」と脅す。一方、汀女が書いた手紙の切れ端が吉原の外で見つかる。

第9話 2014年8月28日「明日の幸せ」ラテ欄「身請けを助けた妻の妙案は」 視聴率 8.6%
 遊女・柳里(星野真里)は身請け話が決まり、吉原を出て幸せになろうとしていた。ところが、手習いに来た柳里は、汀女(貫地谷しほり)の前で泣きだす。3年前に一緒になる約束をした徹三郎(千葉哲也)が身請け話を聞いて、殺しに来ると言うのだ。汀女は、このことを幹次郎(小出恵介)に相談する。そんな中、相庵(林隆三)の診療所に、仙右衛門(山内圭哉)がぎっくり腰で吉原から運ばれてくる。これを見た汀女は、柳里を助ける方法を思い付く。

第10話 2014年9月4日「姉の願い」ラテ欄「弟思いの姉のためについた嘘とは?」 視聴率 7.4%
 幹次郎(小出恵介)は、遊女・小春(馬渕英俚可)の心中事件の現場に駆け付ける。まだ息があった小春は「文吉」と言い残して息絶える。小春は「もうじき、いいことがある」と周囲に話していた。それは弟・文吉(内野謙太)の婚礼だった。さらに、小春は「弟に渡すお金を預かってほしい」と薄墨太夫(野々すみ花)に渡していた。幹次郎は、弟思いの小春が心中したことに疑念を抱く。そんな中、会所で文吉が「婚礼は姉を安心させるためのうそだ」と告白する。

第11話 2014年9月11日「かたき討ち」ラテ欄「追われる男の覚悟と友情」 視聴率 9.1%
 会所が与五郎(豊原功補)へのあだ討ちを取り仕切ることになった。忠也(佐野和真)は、父・六兵衛(村野武範)を殺害されたあだ討ちで与五郎を捜し回り、ようやく見つけたところだった。忠也が腕の良い助っ人を雇っていると聞き、ひきょうに思う幹次郎(小出恵介)は与五郎の助っ人に名乗り出る。あだ討ちの朝、会所が追うスリの集団が現れる。吉原へ行くか悩む幹次郎に、与五郎は仕事へ行けと促す。

最終話 2014年9月18日「我が町」 視聴率 7.7%
 幹次郎(小出恵介)は、越中山岡藩から剣術の指南を頼まれる。幹次郎と汀女(貫地谷しほり)は、吉原へは恩義があり、江戸を離れることを悩む。そのころ、四郎兵衛(近藤正臣)の所に、会所頭取の座を狙う勘助(原田大二郎)が来ていた。越中行きを聞いた四郎兵衛は、剣の道を教える仕事は幹次郎にふさわしいと、話を受けるよう勧める。旅立ちの日、吉原を名残惜しむ2人。そして勘助は、腕の立つ幹次郎の不在を狙って、吉原を襲いに来た。 


番組公式サイト
(吉原裏同心 - Wikipedia)
タグ:吉原裏同心

『吉原裏同心 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(11) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

NHK木曜時代劇『吉原裏同心』第一回
Excerpt: 『希望の光』 「豪華絢爛!吉原救う流浪剣士の夫婦愛」 内容 雪のなか、幼なじみの汀女(貫地谷しほり)と逃げる神守幹次郎(小出恵介) するとそこに、汀女の夫・藤村壮五郎(皆川猿時)が 助太刀の脇谷..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2014-06-28 21:30

不義密通はよからぬこと(貫地谷しほり)駆け落ちは責任放棄(小出恵介)それがどうした文句があるか(富田靖子)
Excerpt: 基本、盗人猛々しいわけですが・・・人殺しが万引き犯を説教するというのがこの世にはあるわけです。 やむにやまれぬ人殺しと・・・つい出来心でする万引き・・・どちらの罪が重いのかとふと考えるわけですな。 ま..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-07-11 04:36

よきこともあしきこともつれづれに姉さん女房とふるくらし(貫地谷しほり)
Excerpt: 夏ドラマも続々と発進し、レビューに手が回らない季節である。 谷間が欲しいところだが・・・(月)「HERO」(火)「ハードナッツ」(水)「若者たち2014」(木)「吉原裏同心」(金)「家族狩り」(土)「..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-07-18 04:01

お饅頭になさいますか、お姉さんになさいますか(宮武美桜)
Excerpt: ニュース・キャスターが「停電でクーラーが使えないので扇風機などで暑さをしのいでください」と言ったという噂があるが・・・電池式のことなのか。 などと・・・つまらないツッコミをしたくなるくらい・・・今夜は..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-07-25 01:07

花魁の文に天紅、極楽あるいは地獄へまっしぐら(徳永えり)
Excerpt: 同級生が殺人鬼というのは万に一つの出来事だろう。 別れた恋人が女を殺して悔いが残らぬほどの畜生であるのも万に一つのことだろう。 そういう奇跡のような出来事が起これば人は右往左往する。 しかし・・・奇跡..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-08-01 21:59

武士の誇り、遊女の誇り、線香花火の如く儚く(貫地谷しほり)
Excerpt: 誇りほど説明しにくい言葉はない。 そもそも・・・誇りとは自分を敬う気持ちである。 あらゆる宗教はこれを否定するのが基本だ。 なにしろ、敬うべきなのは人ではなくて神だからである。 しかし、現代社会はそれ..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-08-08 02:43

武士の覚悟と星見草(小出恵介)
Excerpt: 覚悟という言葉は死を連想させる。 極道の妻が「覚悟せいや」と凄んだらピストルで撃たれる可能性があるわけである。 しかし、読んで字の如く、覚悟とは覚って悟ることである。 もうサトリまくるわけである。 そ..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-08-22 02:49

善男善女の幸福と悪党の不幸(星野真里)
Excerpt: 1981年度生まれを代表する女優といえばナタリー・ポートマンだが・・・そこかよっ。 星野真里も当然、その一人である。ここには柴咲コウ、池脇千鶴がいて尾野真千子もいる。滝沢沙織、中村ゆり、 佐藤江梨子、..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-08-29 07:03

知っているのに知らぬふり・・・秘するが花でもあるまいに(馬淵英俚可)
Excerpt: 気がつけば夏の終わりである・・・。 夏ドラマもいろいろあったなあ・・・・ (月)「HERO」・・・検事と被疑者の話。 (火)「聖女」・・・弁護士と被告の話。 (水)「若者たち」・・・被害者と加害者の話..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-09-05 04:04

奈落の底までお伴する覚悟でお慕い申し上げます(野々すみ花)
Excerpt: そういう覚悟で「強制連行をした男・吉田」と交際してきた「朝日新聞」だったが・・・ついに「訣別」するのだった。 長年、それを応援してきた「報道ステーション」はなんとなく無表情を装いあくまで個人的な問題で..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-09-12 01:31

約束を果たしていただき誠にありがとうございます(近野成美)
Excerpt: 遊女の夕霧(近野成美)はエピソードのないまま終了か・・・と危惧していたが・・・ちゃんと用意されていてホッとしたぞ。 今季は「聖女」に上野なつひも出ていて・・・NHKは歴代・黒井ミサに優しい気がいたしま..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-09-19 02:50

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索