2014年05月14日

TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部- 第6話

2014年5月21日放送 第六話「赤い炎と黒ずくめの女!!」あらすじ

 大手百貨店の社員が焼死する放火事件が発生した。
担当管理官となった佐久(小澤征悦)は、刑事部長の谷中(西田敏行)から公正取引委員会の中井(堀部圭亮)を紹介される。

 中井は、被害者・百瀬が百貨店の産地偽装疑惑に深くかかわっていたことを明らかにする。
百瀬が死んだのは公取の聞き取りの前日。まさか口封じのために殺されたのか?!

 産地偽装の捜査を邪魔されたくない中井は、百貨店への聞きこみは、すべて自分の許可を得てから行うように、と通告する。
捜査を制限されてはたまったものではないと、13係の太田(神尾佑)らは怒りを露にするが、佐久は平然と島野係長(田辺誠一)に「中井さんの下でサポートを」と指示。
太田らの怒りを煽ってしまう。

 百瀬をストーキングしていた春海(星野あかり)が容疑者として浮上するが、アリバイが成立。現場に残されたライターの指紋も春海とは一致せず、早期釈放となってしまう・・・。

 一方、火事で被害にあった百瀬の妻・真理子(宮地真緒)を見舞った佐久は、付き添っていた女性警官・麻紀(近野成美)と顔を合わせる。
所轄のストーカー担当・麻紀は、春海のストーカー行為に悩む真理子の面倒を親身にみており、今も春海を疑っているようだ。佐久は麻紀から春海の嫌がらせメールを入手する。

 捜査会議で島野は、百瀬の上司・路子(濱田のり子)の取り調べや指紋の照合を提案するが、中井の許可が得られない。中井は島野らと百貨店の聞き込みに同行していたが、資料が火事で焼けてしまったと成果はゼロ。その後も中井はことごとく捜査の進展を妨げるが、さすがの佐久も手出しできない。

 そんな折、百貨店の産地偽装疑惑が夕刊紙にスクープされた。自らの調べた情報がすべて記事となった事態に、中井は捜査本部の何者かがリークしたと怒りを露にする。しかし、記事をきっかけに路子ら百貨店関係者が動き始めた!

 リーク元を探しに出た中井をよそに、佐久ら捜査本部は本格的に百貨店の捜査に入る。百瀬を殺害したのは百貨店関係者か?公取が追う産地偽装疑惑の行方は??二転三転する事件の結末とは?!

第1話 2014年4月16日「座らされた毒殺死体の謎」
第2話 2014年4月23日「眠れる花嫁と偽の結婚指輪」
第3話 2014年4月30日「盗聴された女子大生殺人!!」
第4話 2014年5月7日「狙われた赤いピンヒール!!」
第5話 2014年5月14日「赤い布の殺人トリック!!」
第7話 2014年5月28日「白骨死体と外国籍を持つ男」

TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部- TOPへ
各話視聴率へ
2014年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2014年春ドラマ視聴率一覧へ

『TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部- 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2014年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

TEAM〜警視庁特別犯罪捜査本部 第6話
Excerpt: 「赤い炎と黒ずくめの女!!」 内容 ある日、谷中(西田敏行)に呼び出された佐久(小澤征悦)は、 警視庁から出向中の公正取引委員会の中井則行(堀部圭亮)を紹介される 佐久が担当することになった事件..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2014-05-22 18:01

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索