2014年05月12日

ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜 第6話

第6話「DNAが語る愛」2014.5.19 8:00 OA

アパレル会社社長・佐伯晴彦 (長谷川公彦) が殺害された。現場に残されていた指紋はすべて妻・恵津子 (宮澤美保) や息子・良樹 (加藤清史郎)、社員たちのもの。ところが、奥貫 (宮迫博之) が現場に残されていた血痕の DNA 鑑定を進めたところ、自称・霊能師の 神宮寺澪 (市川実和子) のものと判明する。

しかし彼女は、現在南関東刑務所で服役中だった。まさか刑務所を抜け出して殺害に及んだのか?一ノ瀬 (北村一輝) はテレポーテーション説を持ち出すが、神山 (和久井映見) らが刑務所の映像を確認したところ意外な事実が判明する。受刑者に接見する人々のなかに、いるはずのない澪がいたのだ…。

第1話 2014年4月14日「科学捜査VS透明人間死体が語る密室の謎」
第2話 2014年4月21日「白骨死体は叫ぶ」
第3話 2014年4月28日「ニセ札は笑う」
第4話 2014年5月5日「冤罪の連続殺人者」
第5話 2014年5月12日「刑事を誘拐した男」
第7話 2014年5月26日「記憶なき目撃者」

ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜 TOPへ
各話視聴率へ
2014年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2014年春ドラマ視聴率一覧へ

『ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2014年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜 (第6話・5/19) 感想
Excerpt: TBS系『ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜』(公式) 第6話『DNAが語る愛』の感想。 会社社長の他殺体が見つかり、一ノ瀬(北村一輝)らが臨場。遺体に付着していた血痕から、容..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2014-05-20 06:43

ホワイト・ラボ六話&極悪がんぼ六話感想
Excerpt: ■ホワイト・ラボ六話科学の力で、被害者が押された状況とかまでわかっちゃうのね。。犯人の身長とかも想定できちゃう。恐ろしい(苦笑)骨髄移植されると血液のDNAが移植した人に変わるとか、でも唾液とかは本人..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2014-05-20 15:07

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索