2014年05月04日

ルーズヴェルト・ゲーム 第3話

第3話「仲間と涙の大逆転!倒産の危機も大逆転なるか?」
2014年5月11日 onair

ライバル会社・イツワ電器から実用新案権の侵害で提訴された青島製作所。細川(唐沢寿明)はイツワ電器の狙いが訴訟に勝つことではなく、訴訟を起こされたという風評によって青島製作所の信用を貶める事だったと気がつくが、時既に遅く、訴訟問題を知った取引先から次々と取引の中止や一時見合わせの申し出を受け、青島製作所はイツワ電器の狙い通り窮地に追い込まれる。

細川は弁護士の速水(木本武宏)から訴訟問題の早期打開策は和解しかないと助言され、早速和解交渉の申し出を試みようとするが、ジャパニクスの筆頭顧問弁護士でイツワ電器の弁護士も務める国鱒(蛍雪次朗)からは200億円の賠償金を払わなければ和解には応じないと突っぱねられてしまう。

そこで細川は専務の笹井(江口洋介)から経団連の副会長である上田に働きかけ、イツワ電器と裏で通じているジャパニクスの諸田社長(香川照之)にあえて和解交渉の仲裁役を務めさせるよう仕向ける。
細川はようやくイツワ電器の坂東(立川談春)を和解協議の場につかせるのだが…。

一方、野球部員たちの熱意により野球部への入部に心を動かしつつあった沖原(工藤阿須加)は細川が打ち出した大規模なリストラ敢行により、解雇の対象者にされてしまう。
そんな矢先今度はピッチャーの萬田(馬場徹)に異変が起こり…。

第1話 2014年4月27日「奇跡の大逆転劇!涙の勝負!!感動物語」
第2話 2014年5月4日「涙の決意!・濡れ衣」
第4話 2014年5月18日「大ピンチを救うのは勇気!」

ルーズヴェルト・ゲーム TOPへ
各話視聴率へ
2014年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2014年春ドラマ視聴率一覧へ

『ルーズヴェルト・ゲーム 第3話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2014年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ルーズヴェルト・ゲーム (第3話・5/11) 感想
Excerpt: TBS系『ルーズヴェルト・ゲーム』(公式) 第3話『仲間と涙の大逆転!倒産の危機も大逆転なるか?』の感想。 なお、原作(池井戸潤氏の小説)は未読。 イツワ電器に訴えられたと知った..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2014-05-12 22:37

ルーズヴェルト・ゲーム 第3話
Excerpt: 青島製作所はライバル会社のイツワ電器の策略にはまり、訴訟を起こされたという風評被害を受けて取引先から発注の中止や見合わせを受けてしまいます。 細川社長(唐沢寿明)は、倒産へと追いやられる危機を打..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2014-05-13 14:19

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索