2014年04月01日

TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部- TOP

『TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-』(チーム けいしちょうとくべつはんざいそうさほんぶ)は、テレビ朝日系列で2014年4月16日から同年6月11日まで、毎週水曜日21:00 - 21:54(JST)に放送された。全9話。主演は小澤征悦。

キャッチコピーは「この男がいる場所に最強の捜査本部(チーム)あり」


概要
小澤演じる佐久晋吾は、ノンキャリアながら異例の若さで出世を遂げた警視庁捜査一課の管理官。ひょうひょうとしていてとらえどころがなく、部下たちに「あなたたちは駒です」と言い放つなど、極めて冷徹に捜査の指揮を執るが、胸の内には確固たる正義感と使命感を秘めている、ある種の“ダークヒーローだ。
ドラマでは、そんな佐久が中間管理職的な立場に悩みながらも事件解決のために粉身する様を1話完結形式で、ドキュメンタリータッチに描いていく。


ストーリー
佐久晋吾(小澤征悦)は、警視庁捜査一課にわずか10人ほどしかいないエリート中のエリートである管理官。殺人や誘拐といった、重大事件が発生した時に設置される捜査本部の指揮を執る人物だ。
佐久は管理官の中でも徹底した現場主義者で、言動に一切無駄がなく、強引な捜査も行う。周囲から“策士”の意味を込めて“さくしん”と呼ばれている。そんな佐久が、いたるところに罠と策を張り巡らし、時には被害者や仲間たちまでをも裏切りながら、正義を守るため犯人を追い詰めていく。


キャスト
佐久 晋吾(さく しんご)
演 - 小澤征悦
警視庁刑事部捜査第一課管理官→警視庁湖玉警察署・副署長。階級は警視。
ノンキャリアながら、至上最年少で捜査一課管理官に抜てきされた。が、本人はそれ以上の出世を望んではいない。
「捜査員は自分の駒」と言い放つほど、冷淡で捜査員からの反発されることもしばしば。最終回で湖玉署に副署長として異動。

警視庁刑事部捜査第一課
屋敷 大地(やしき だいち)
演 - 塚本高史
管理官付運転手。階級は巡査長。所轄署に勤務していたが、刑事部長の谷中に引き抜かれて佐久の運転手になった。一見、佐久の従順な部下に見えるが、実は谷中のスパイでもある。

谷中 寿也(やなか としや)
演 - 西田敏行
警視庁刑事部長。私大卒だが、警視総監の座を虎視眈々と狙っている。東大卒のライバルたちに勝つためには手段を選ばず、部下たちの人事にもさまざまな作戦を張り巡らせている。

第13係
島野 誠(しまの まこと)
演 - 田辺誠一
階級は警部。警視庁捜査一課13係の係長。現警視総監の甥。官僚一家に生を受けたが、人命と直接向き合う仕事がしたいとノンキャリアの道を選んだ。実直で真面目な性格の持ち主で、結果のためなら手段を選ばない佐久に反感を抱く。

太田 文平(おおた ぶんぺい)
演 - 神尾佑
階級は巡査部長。機動隊出身。警視庁捜査一課13係の刑事。硬派で直情型で、佐久ともたびたび衝突するが、その熱い性格のおかげで捜査本部が一つにまとまることもある。

加藤 善治(かとう よしはる)
演 - 田中隆三
階級は警部補。

中藤 卓(なかふじ たく)
演 - 猪野学
階級は巡査部長。警視庁捜査一課13係の刑事。指示された通りに捜査を遂行する。

風間 輝樹(かざま てるき)
演 - 篠田光亮
階級は巡査長。

小菅 光晴(こすげ みつはる)
演 - 渡辺いっけい
階級は警部補。警視庁捜査一課13係のベテラン刑事。一刑事であった頃の佐久を知る唯一の人物だが、当時、何があったかは絶対に話さない。「全ては被害者のため」という思いの持ち主で、我が道をゆく性格。刑事同士がぶつかり合う捜査本部も、どこかほほえましく静観している。

ゲスト
複数話・単話登場の場合は演者名の横の括弧()内に表記。

第1話 「座らされた毒殺死体の謎」
新津 東二(警視庁丸の内警察署刑事課強行犯係巡査部長) - 古谷一行
若月 健太郎(中日本興商社長) - 浜田晃
木野 吉晴(中日本興商経営戦略部部長) - 佐戸井けん太
恩田 浩(丸の内警察署署長) - 中丸新将
北田 雅彦(東京検察庁特別捜査部部長) - 藤田宗久(第7話)
坂口 優一(東京検察庁特別捜査部検事) - 山口祥行
古川 達郎(丸の内警察署刑事課課長) - 吉満涼太
越坂 奈月(クラブホステス) - 三津谷葉子
黒田 政志(クラブ経営者) - 外川貴博
岡本 泰之(木野の部下) - 飛弾信也

第2話 「眠れる花嫁と偽の結婚指輪」
岩瀬 厚一郎(警視庁浅草中央警察署刑事課課長) - ダンカン
須貝 仁(浅草中央警察署署長) - 清水章吾
小松 恵太(浅草中央警察署警務課人事係巡査) - 少路勇介
星野 佳世(ゆかりの親友) - 高野志穂
小野田 佑馬(浅草中央警察署刑事課捜査員) - 河野洋一郎
脇田 さくら(元法務大臣の妻) - 岩倉高子
磯崎 ゆかり(元法務大臣の娘) - 舞風りら
千葉 竜吾(脇田アパート住人) - 福井博章
三田村 裕一(元法務大臣の秘書) - 石井淳
山下 和宏(浅草中央警察署刑事課巡査長) - 石河健

第3話 「盗聴された女子大生殺人!!」
田村 裕司(警視庁千代田西警察署刑事課課長) - 矢島健一
河合 正宗(東都新聞社会部部長) - 大河内浩
水田 清太(東都新聞社主) - 大林丈史
神沢 周作(千代田西警察署署長) - 森下哲夫
朝比奈 撤平(千代田西警察署警務課備品係巡査部長) - 橋爪遼
岡崎 圭一(千代田西警察署刑事課捜査員・田村の部下) - 土屋裕一
長部 雄一(東都新聞社会部デスク) - 渡辺憲吉
吉野 透(田村の部下) - 田崎トシミ
矢野 正雄(田村の部下) - 一條俊
安達 圭介(大野の友達・カフェトリトン店員) - タモト清嵐
中村 隆明(盗聴器製造業者) - 越村友一
高木 雄介(元東都新聞社会部記者) - 青柳尊哉
青柳 文香(ストーカー殺人事件被害者) - 中島愛里
安西 佐百合(高木の元交際相手) - 山崎智恵
大野 和之(ストーカー殺人事件重要参考人) - 菅裕輔

第4話 「狙われた赤いピンヒール!!」
陣内 則文(警視庁北品川警察署副署長) - 山田純大
細川 茂一(警視庁刑事部捜査第一課庶務担当管理官) - 飯田基祐(最終話)
狩野 正男(北品川警察署署長) - 山田明郷
香田 孝也(北品川警察署刑事課捜査員) - 山下徹大
武藤 恵介(司法試験浪人) - 今野浩喜
橋本 潤子(里美の上司) - 猫背椿
岩崎 玲奈(羽川商事営業部社員) - 小川夏果
山口 里美(外資系企業社員) - 山下真実子

第5話 「赤い布の殺人トリック!!」
八神 創(警視庁刑事部捜査第一課課長) - 佐藤浩市
師岡 恒夫(警視庁中野中央警察署刑事課巡査部長) - でんでん
北村 貞郎(中野中央警察署署長) - 朝倉伸二
渡辺 直彰(中野中央警察署刑事課課長) - 青山勝
三浦 和彦(トレヴィレストランエンタプライズ常務) - 鈴木一真
神山 明(トレヴィレストランエンタプライズ専務) - 浅見小四郎
大友 勇次(大友企画社長) - 新納敏正
武藤 健介(大友企画幹部) - 内野智
木村 一也(竜聖会下部組織構成員) - 増澤ノゾム
新井 健太(竜聖会下部組織構成員) - 遠山雄
桐谷 翔(竜聖会下部組織構成員) - 榎本桜
大瀧 和夫(トレヴィレストランエンタプライズ社長) - 佐藤力
大瀧 順子(大瀧の妻) - 梅澤房子

第6話 「赤い炎と黒ずくめの女!!」
中井 則行(公正取引委員会犯則審査部捜査官) - 堀部圭亮
森村 麻紀(警視庁西新宿警察署生活安全課ストーカー担当巡査) - 近野成美
百瀬 真理子(百瀬の妻) - 宮地真緒
坂上 直樹(西新宿警察署刑事課課長) - 平賀雅臣
川辺 路子(長志万屋商品部部長) - 濱田のり子
庄司 幸夫(長志万屋商品部PB課課長) - 水野智則
有村 春海(百瀬の元愛人) - 星野あかり
吉村 宏(西新宿警察署生活安全課係長) - 北嶋テツヤ
百瀬 健三(長志万屋商品部PB課仕入担当社員) - 若林久弥
鹿野 政夫(百瀬の通訳兼現地ガイド) - 八巻博史
前田 龍樹(バーアキレスマスター) - 森本のぶ

第7話 「白骨死体と外国籍を持つ男」
市川 樹理(児童養護施設出身者) - 浅見れいな
仲正 利樹(投資ファンド代表) - 西村雅彦(少年期:高山純平)
パギ・スカルナ(コンガス共和国伯爵) - 西村雅彦
近田 光雄(外務省アジア大洋州局局長) - 山中敦史
西崎 隆治(仲正の同郷者) - 井川哲也
村上 一樹(パギの側近) - 隈部洋平
市川 真理(樹理の母) - 荒川裕海

第8話 「死体の手に書かれた暗号文」
関田 陽介(帝和大学工学部部長) - 浅野和之
小川 卓郎(警視庁目黒東警察署強行犯分室継続捜査班警部補) - モロ師岡
陶久 守(経済産業省政策局局長) - 中村育二
高橋 健一(帝和大学工学部関田研究室院生) - 山口大地
布川 麻奈美(関田研究室元研究員) - 太宰美緒
佐藤 和彦(日の出造船幹部社員) - 芹澤名人
宮本 正彦(日の出造船社員) - 金城大和

最終話 「殺人を見ていた婚約指輪」
稲葉 司(警視庁刑事部捜査第一課第8係係長) - 菅原大吉
小原 茂樹(大日本建設会長) - 団時朗
吉崎 文雄(大日本建設社長) - 三浦浩一
吉崎 仁美(吉崎の娘・沢村の婚約者) - 和希沙也
沢村 和也(大日本建設営業部業務課長) - 長谷川朝晴
西田 啓太(稲葉の部下) - 中脇樹人
蘇我 進(稲葉の部下) - 吉藤健太郎
和田 直二(警視庁鑑識課員) - 石田佳央
小原 里子(小原の妻) - 津村純子
小原 妙子(小原の娘・沢村の元婚約者) - 田口寛子
寺山 宏(死刑囚・連続強盗殺人事件受刑者) - 奥瀬繁
住吉 貞男(庭師・強盗殺人事件の目撃者) - 佐藤祐四
高橋 享(公団職員) - 後藤義典
佐藤 圭一(鈴熊建設社員) - 日野弘毅
中村 大蔵(法務大臣・元検事) - 石橋蓮司

スタッフ
脚本 - 吉本昌弘、大石哲也、真野勝成、徳永富彦、岡崎由紀子
音楽 - 吉川清之
監督 - 猪崎宣昭、新村良二
助監督 - 丸毛典子、安養寺工
撮影 - 浜田毅、冨永健二
刑事・警察監修 - 倉科孝靖
技斗 - 二家本辰巳
ゼネラルプロデューサー - 松本基弘(テレビ朝日)
プロデューサー - 藤本一彦(テレビ朝日) / 金丸哲也、和佐野健一(東映)
ラインプロデューサー - 磯崎憲一
アシスタントプロデューサー - 峰島あゆみ、沖拓史
制作 - テレビ朝日、東映

主題歌 - 加藤ミリヤ×清水翔太「ESCAPE」(Sony Music Records / MASTERSIX FOUNDATION)


各話あらすじ(2014.4.16 - 2014.6.11)全9話 平均視聴率 9.44%
第1話 2014年4月16日「座らされた毒殺死体の謎」
 商事会社勤務の男性の遺体が発見され、現場の状況などから所轄署はほぼ自殺と考える。しかし、警視庁刑事部部長・谷中(西田敏行)は、管理官の佐久(小沢)を呼び付け、捜査本部の設置を促す。捜査本部設置が決まり、係長・島野(田辺誠一)以下、捜査1課13係の刑事たちも動きだす。佐久は、管理官付運転手兼刑事となった屋敷(塚本高史)に、捜査本部が置かれる所轄署ではなく、事件現場へ向かうように指示する。

第2話 2014年4月23日「眠れる花嫁と偽の結婚指輪」
 脇田元法相の妻が何者かに殺害された。刑事部長・谷中(西田敏行)は浅草中央署署長・須貝(清水章吾)の意思を無視して捜査本部設置を決定。管理官・佐久(小沢征悦)は、島野(田辺誠一)ら捜査1課13係と事件の担当になる。所轄署にやって来た佐久らに須貝たちは猛反発。佐久の「あなたたちは駒です」という態度に怒りをあらわにする。谷中から10日で解決を、と指示された佐久だが、捜査会議では刑事の小野田(河野洋一郎)らがろくに捜査報告をせず、刑事課長・岩瀬(ダンカン)も非協力的だ。その上、須貝は岩瀬に「佐久らに赤っ恥をかかせろ」と命令する。

第3話 2014年4月30日「盗聴された女子大生殺人!!」
 大手新聞社デスク・長部が何者かに刺殺された。現場の公園のごみ箱から犯人が処分したと思われる遺留品が見つかるが、佐久(小沢征悦)は完全に無視。所轄署の刑事課長・田村(矢島健一)らは「俺たちが見つけた物証を無視するのか」と色めき立つ。田村らは、佐久の指示に逆らい、遺留品から1人の容疑者を拘束する。意気揚々と報告する田村に、佐久は釈放を命令する。遺留品は犯人の偽装工作で、事件は計画的犯行と断言し、真っ向から田村と対立する。そして、佐久は田村に1年前のストーカー殺人事件の捜査資料を見せるよう要求する。

第4話 2014年5月7日「狙われた赤いピンヒール!!」
 女性会社員が足を多数刺された上に殺害される。北品川署の署長・狩野(山田明郷)は、この事件の捜査本部の管理官に佐久(小沢征悦)を指名する。庶務担当管理官・細川(飯田基祐)によると、北品川署の副署長・陣内(山田純大)はかつて優秀な管理官として活躍。狩野としては並の管理官では、やりにくいと思ったらしい。捜査会議では、陣内ら北品川署の刑事が迅速な初動捜査の結果を披露し、島野(田辺誠一)ら13係の刑事も意見を一致させる。佐久も今回ばかりは異論を挟む余地もなく、黙って会議に参加している。そんな折、新たに女性会社員の他殺体が発見され、前の事件と同様、足の数カ所に刺し傷があり、陣内は同一犯の可能性を示唆する。目撃情報から、犯人と見られる男の似顔絵が作成され、武藤(今野浩喜)という男を確保するが、佐久が島野に「ある疑問」を提示する。

第5話 2014年5月14日「赤い布の殺人トリック!!」 ※21:00〜22:05(11分拡大)
 レストランチェーンの社長夫妻が殺害され、所轄の中野中央署に捜査本部が立ち上げられた。警視庁捜査1課長・八神(佐藤浩市)は「中野中央署は良くも悪くも平均点、中流は人望がないと動かない」と、佐久(小沢征悦)に忠告する。佐久は捜査会議で、所轄署刑事たちの初動捜査による単独犯説を一掃。複数犯の可能性を示唆し、所轄署刑事たちの反感を買う。そんな中、所轄署のベテラン刑事・師岡(でんでん)だけは佐久の手腕に感心し、島野(田辺誠一)ら警視庁捜査1課13係の刑事に進んで協力する。師岡の協力で捜査を進める島野らだが、一方でホームレスによる単独犯の可能性も浮上する。本庁の刑事たちを敵視しながら勢いづく所轄に、複数犯説を捨てない佐久は窮地に追い込まれる。

第6話 2014年5月21日「赤い炎と黒ずくめの女!!」
 大手百貨店の男性社員が焼死する放火事件が発生した。担当管理官となった佐久(小沢征悦)は刑事部長の谷中(西田敏行)から、公正取引委員会の中井(堀部圭亮)を紹介される。中井は被害者が百貨店の産地偽装疑惑に深く関わっていたことを明かす。そして、中井は調査を邪魔されたくないため、百貨店への聞き込みは、全て自分の許可を得てから行うよう通告する。13係の太田(神尾佑)らは、その言葉に怒りをあらわにする。だが、佐久は平然と、中井の下でサポートをするよう指示し、太田らの怒りをあおってしまう。そんな中、被害者をストーキングしていた春海(星野あかり)が容疑者として浮上する。しかしアリバイが成立し、現場に残されたライターの指紋も一致せず、春海は早期釈放となる。一方、佐久は被害者の妻・真理子(宮地真緒)を見舞う。

第7話 2014年5月28日「白骨死体と外国籍を持つ男」
 東京・八王子の開発地から白骨体が発見され、3年前に殺害された男性と判明する。容疑者として投資ファンドの代表・仲正(西村雅彦)が浮上したが、彼は事件直後に外国へ移住。現地で国籍と「マルコム・ガオラン」という新しい名前を取得し、伯爵の称号も手に入れていた。法律上はガオランという別人になった仲正を任意同行しようにも大使館が拒否。さらに外務省が、佐久(小沢征悦)たちに圧力をかけてくる。仲正を逮捕するには、DNA鑑定でガオランと同一人物だと証明しなければならないが、彼は3日後には帰国してしまう。そんな中、仲正が長年、ある児童養護施設に寄付を続けていることが分かる。寄付は、身寄りがなく重度の腎疾患を患う樹理(浅見れいな)が入所した頃から始まっていた。佐久は、仲正の娘の可能性がある樹理に近づく。

第8話 2014年6月4日「死体の手に書かれた暗号文」
 佐久(小沢征悦)は、メタンハイドレート研究の第一人者・関田(浅野和之)が、半年前の女性研究員殺害事件に関与しているとの書き込みを発見。刑事部長の谷中(西田敏行)に再捜査を直訴し、解散した捜査本部を島野(田辺誠一)ら13係とともに立ち上げる。前回の捜査では、目撃証言から被害者にストーカー行為をしていた男が容疑者として浮上。継続捜査班がその男の行方を追っていたが、佐久の指示で事件を洗い直すと、目撃証言もストーカーの存在さえも怪しいものと分かる。そんな折、経済産業省の陶久(中村育二)が佐久を訪ねて来て、捜査に圧力をかけてくる。関田が犯人だった場合、強大な国益を生むメタンハイドレートの研究が止まってしまう。国益を優先する経産省は、事件を未解決のままにしておきたいらしい。

最終話 2014年6月11日「殺人を見ていた婚約指輪」
 山梨県の湖で、大手建設会社社員・沢村(長谷川朝晴)の水死体が発見された。島野(田辺誠一)ら捜査1課13係と山梨県警、さらに稲葉係長(菅原大吉)が率いる8係による捜査本部が設置される。ところが、佐久(小沢征悦)は捜査会議でいきなり、山梨県警を捜査から外すと宣言する。沢村がダム建設の談合に関わっていたことが分かる中、佐久は彼の自宅で発見された婚約指輪から、10年前の事件を思い出す。それは、沢村が勤務する建設会社の会長・小原(団時朗)の妻と、当時沢村の婚約者だった娘が殺害されたというもの。目撃証言から寺山という男が逮捕され、当時検事だった現法務相の中村(石橋蓮司)が死刑を求刑。現在、寺山は死刑囚として収容されていた。10年前、佐久は被害者の婚約指輪が行方不明になっていたことから、寺山犯人説に疑問を抱いていた。10年前の事件の真犯人は沢村ではないかと疑う佐久は事件を調べ始めるが、刑事部長の谷中(西田敏行)らから圧力がかかる。

各話視聴率


番組公式サイト
(TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部- - Wikipedia)

『TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部- TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

TEAM〜警視庁特別犯罪捜査本部 第5話 感想
Excerpt: 今週はジュースを飲む暇もなかった?佐久さん 公式HPよりあらすじ 大手レストランチェーンの社長夫妻が殺害され、所轄の中野中央署に捜査本部が立ち上げられた。警視庁の八神捜査一課長(佐藤浩..
Weblog: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
Tracked: 2014-05-16 11:00

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年秋(10- 12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
50音検索