2014年02月03日

S−最後の警官− 第5話

STORY05「新たな仲間はスナイパー蘇我!善か悪か?悲しきテロ」2014.2.9 ONAIR

NPSのメンバーがSATから出向してきた蘇我(綾野剛)の歓迎会を開いていた 頃、女子高生の加藤由真(飯豊まりえ)が、睡眠薬で自殺を図ったという連絡が入る。ここしばらく、自殺者の傍から「M」が使用するのと同じ、ナイクラッド弾が残されている事件が連発していたことが判明し、「M」との関連性が疑われていた。

由真が救急車で運ばれた先は、偶然ゆづる(吹石一恵)が勤める病院で、床の上に落ちた拳銃の弾を拾ったゆづるは、ちょうど入院していた秋(土屋アンナ)に、拳銃の弾を見せ相談する。一命を取り留めた真由から一號(向井理)らは話を聞くと、その背景に「神父」というハンドルネームの人物が浮かび上がる。

NPSは、「神父」の居場所をつきとめ、確保に向かう。「神父」こと板橋満生(滝藤賢一)の部屋に突入するが、板橋の姿はなかった。その頃、板橋はナイクラッド弾の箱を持って交番に自首をしていたのだった。「神父」こと、板橋から話を聞く一號たちだが、その真意は…。

第1話 2014年1月12日「俺は誰も死なせないその男の手は命の盾!第3の特殊部隊誕生」
第2話 2014年1月19日「爆弾魔が銀行襲撃!掲げる信条の激突!」
第3話 2014年1月26日「国際テロリストM上陸!我らこそ命の砦」
第4話 2014年2月2日「最強の敵Mを倒せ!真のバディとなって」
第6話 2014年2月16日「人質は息子!バスジャックから家族守れ」

S−最後の警官− TOPへ
各話視聴率へ
2014年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2014年冬ドラマ視聴率一覧へ

『S−最後の警官− 第5話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2014年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

S -最後の警官- (第5話・2/9) 感想
Excerpt: TBSテレビ『S -最後の警官-』(公式) 第5話『新たな仲間はスナイパー蘇我!善か悪か?悲しきテロ』の感想。 なお、原作:小森陽一氏、作画:藤堂裕氏による原作漫画は未読。 ふーっ。第5話でやっと..
Weblog: ディレクターの目線blog@Seesaa
Tracked: 2014-02-10 10:55

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索