2014年04月05日

SHARK・SHARK〜2nd Season〜 TOP

『SHARK』(シャーク)は、2014年1月12日から同年3月30日まで、日本テレビで毎週日曜日0:50 - 1:20(JST、土曜日深夜)に放送された。初回のみ 25:05〜25:35。全12話。

キャッチコピーは「この世界で精一杯生きている姿を誰かに見てほしいだけなんだ…」

『SHARK〜2nd Season〜』(シャーク セカンドシーズン)は、2014年4月20日から同年7月12日まで、日本テレビで毎週日曜日0:50 - 1:20(JST、土曜日深夜)に放送された。全11話。


概要
関西ジャニーズJr.の平野紫耀がドラマ初出演にして、初主演を果たす青春ドラマ。ボーカルが急死した悲運のロックバンドが、苦難を乗り越えて前進していく姿を描く群像劇で、平野はバンドの危機を救うボーカリスト・倉田瑞希を演じる。ジャニーズJr.からは松村北斗、岩本照(MisSnowMan)、関西ジャニーズJr.からは、主演の平野を筆頭にM田崇裕、神山智洋、藤井流星が出演し、次世代アイドルの夢の競演も実現する。監督は、「私立バカレア高校」「BASBOYSJ」の窪田崇氏らが務める。


ストーリー
5人組のロックバンド「SHARK」は、あるレコード会社の新人開発部員・小松一加(山下リオ)に実力を見い出され、メジャーデビューを控えていた。しかし、不慮の事故でボーカリストの和月(藤井流星)が他界。残されたメンバーで活動を続ける。
しかし、和月の代わりにボーカルを務める萩原海(M田崇裕)は、バンドのフロントマンとしての魅力が足らず、所属していたレコード会社の吉村部長(岡田浩暉)から契約解除を告げられる。バンド存続を願う一加は、新たなボーカリスト探しに奔走。そんな折、会社の後輩の結婚式で、ある青年の歌声を耳にする。その青年とは、BLACKDOGの元ボーカル、倉田瑞希(平野紫耀)だった。


キャスト
平野紫耀/倉田瑞希役
元天才子役のフリーター。天性の歌声の持ち主で何でも器用にこなす天才型だが、短気で切れやすい一面も。

山下リオ/小松一加役
レコード会社「ワンダーレコード」社員。自ら見いだしたSHARKの音楽を心から愛し、バンドの将来を最優先に考えている。

M田崇裕/萩原海役
SHARKのリーダーで、楽器はリードギターを担当。周りにはクールに振舞っているが、実は人一倍の努力家。和月の死について、ある秘密を抱えている。

松村北斗/竜崎歩役
SHARKのキーボード担当で、進学校に通うメンバー唯一の高校生。家族からバンドを辞めるように言われている。

藤井流星/北川和月役
SHARKのボーカルだったが、バイク事故により死去。美声と端正なルックスで女性ファンも多く、突然の訃報は彼女たちに大きな衝撃を与えた。

岩本照/里見憲三役
SHARKのドラマー。メンバーたちから頼りにされているが、実は他のバンドからスカウトされている。

神山智洋/足立哲平役
SHARKのサイドギター。バンドのムードメーカーで、周囲を明るく盛り上げるが、心の中では将来に不安を抱えている。

真野惠里菜/大川美紅役
ワンダーレコードの社員で、一加の後輩。

岡田浩暉/吉村隆弘役
ワンダーレコードの社員。一加の上司で部長。一見ひょうひょうとしているが、部下やアーティストのことを常に考えている。

スタッフ
脚本 - 桑村さや香
音楽 - 牧戸太郎
監督 - 窪田崇、西村了、中茎強、伊藤裕史、後藤孝太郎
脚本協力 - 三田卓人
監督補 - 後藤孝太郎
助監督 - 谷口尊洋
タイトルバック - 中茎強、豊田京太郎
制作 - 福士睦
プロデューサー - 植野浩之、坂下哲也、前畑祥子
協力プロデューサー - 伊藤裕史
ラインプロデューサー - 東島真一郎
プロデューサー補 - 侭恵子
AP - 山口仁志
企画協力 - ジャニーズ事務所
企画制作 - 日本テレビ
制作プロダクション - 日テレアックスオン
制作協力 - ファブコミュニケーションズ
製作著作 - 「SHARK」製作委員会(D.N.ドリームパートナーズ、vap)

主題歌 - SHARK「KEEP WALKING」
LIVE曲 - SHARK「Reflexion」「カ・ガ・ヤ・キ」「KEEP WALKING」「SMILE」


各話あらすじ 平均視聴率 2.57%
第1話 2014年1月11日 視聴率 2.1%
音楽や友情をテーマに描く青春群像物語。5人組ロックバンド・SHARKのボーカルを捜す一加(山下リオ)は、友人の結婚式で瑞希(平野紫耀)に出会う。

第2話 2014年1月18日 視聴率 2.3%
 瑞希(平野紫耀)の歌声に感動した一加(山下リオ)は、瑞希をSHARKの新しいボーカルとして誘う。だが、インディーズと聞いた瑞希は、一向に耳を貸さない。

第3話 2014年1月25日 視聴率 1.9%
 瑞希(平野紫耀)がSHARKの新しいボーカルに加わった。だが、歩(松村北斗)や憲三(岩本照)ら他のメンバーの演奏が気に入らず、瑞希はいら立ちを隠せない。

第4話 2014年2月1日 視聴率 2.2%
 憲三(岩本照)がSHARKを脱退すると報告。一加(山下リオ)らは思い留まるように説得するが、瑞希(平野紫輝)は憲三の身勝手な決断にあきれ返ってしまう。

第5話 2014年2月8日 視聴率 1.0%
 SHARKが新人オーディションの一次審査を通過。次の最終審査を控え、一加(山下リオ)らは哲平(神山智洋)に再びSHARKに戻ってくるよう説得する。

第6話 2014年2月15日 視聴率 3.3%
 瑞希(平野紫耀)、一加(山下リオ)らはSHARKのもう一人のボーカル候補である忍(柿澤勇人)に会いに行く。が、忍の歌声を聴いた一同はある違和感を覚える。

第7話 2014年2月22日 視聴率 2.3%
 テレビの音楽番組の出演が決まった瑞希(平野紫耀)らSHARKは、収録に臨むがうまくいかない。一方、一加(山下リオ)は上司からあることを言われ苦悩する。

第8話 2014年3月1日 視聴率 1.9%
 瑞希(平野紫耀)加入後のSHARK初ライブが迫り、一同の士気が高まる。そんな中、ライブの競演相手が忍(柿澤勇人)のバンドと知り一加(山下リオ)は驚く。

第9話 2014年3月8日 視聴率 3.0%
 忍(柿澤勇人)の歌声を聞いて圧倒された瑞希(平野紫耀)は、自己嫌悪から行方をくらます。一加(山下リオ)らは心配するが、瑞希とは一向に連絡が取れない。

第10話 2014年3月15日 視聴率 2.7%
 一加(山下リオ)は、ワンダーレコードにSHARKのデビューを反対している重役が一人いるという情報を聞く。その役員とは瑞希(平野紫耀)が子役時代に所属していた事務所の冴島(大河内奈々子)だった。「お金にならないSHARKはデビューさせない」と断言する冴島に、瑞希は悔しさを噛みしめる。

第11話 2014年3月22日 視聴率 3.1%
 SHARKのメジャーデビューの条件が、瑞希(平野紫耀)の脱退と聞かされた一加(山下リオ)は困惑。納得いかない瑞希は、レコード会社に自分の思いを訴えに行く。

最終話 2014年3月29日 視聴率 2.6%
瑞希(平野紫耀)の喉は薬では治せない程に悪化していた。しかし、SHARKのライブを控えていたため、瑞希は喉のことをメンバーに言わないままライブに臨む。


番組公式サイト
(SHARK - Wikipedia)

SHARK〜2nd Season〜


『SHARK〜2nd Season〜』(シャーク セカンドシーズン)は、2014年4月20日から日本テレビで毎週日曜日0:50 - 1:20(JST、土曜日深夜)に放送中。


概要
1月クールで放送された「SHARK」の続編。主演は、4月にCDデビューすることが決まったジャニーズWESTの重岡大毅で、今回がドラマ初主演。
バンドのメジャーデビューを夢見て、もがきながらも前に進んでいく若者たちが織り成す青春群像劇。今回は、前作の主人公・倉田瑞希(平野紫耀)が所属していた「SHARK」の一歩先を行くバンド「Cloud 5」を中心に物語が展開。デビューしたものの情熱を失いつつある入江朔(重岡大毅)らCloud 5の面々が、メンバー脱退などの危機を経て、改めて音楽と向きあう様が描かれる。



ストーリー
倉田瑞希(平野紫耀)率いるバンド・SHARKは、ライブで伝説のパフォーマンスを披露したもののメジャーデビューには届かず、瑞希ののどが完治するまで活動休止となっていた。
一方、入江朔(重岡大毅)をリーダーとする4人組のロックバンド・Cloud 5はメジャーデビューを果たし、女性を中心として人気を集めていた。しかし、売れるためにインディーズ時代とは音楽性を変え、曲もプロデューサーが作っていることに、バンドメンバーで朔の親友でもある進藤皓太(安井謙太郎)は不満を抱いていた。
新曲の発売も決まり、バンドが名声を得ていくのとは裏腹にCloud 5の人間関係は崩れていき、やがてある事件が起きてしまう。


キャスト
重岡大毅/入江朔役
ワンダーレコードからメジャーデビューしているCloud 5のリーダーでベースを担当している。デビュー後、理想と現実の間で葛藤するが、リーダーとして強くならなければと自分に言い聞かせている。

濱田崇裕/萩原海役
SHARKのリーダーでリードギターを担当。一加の頼みで助っ人としてCloud 5に加入する。クールだが人一倍の努力家。

神山智洋/足立哲平役
SHARKのサイドギター。バンドのムードメーカーで、周囲を明るく盛り上げる。

山下リオ/小松一加役
レコード会社「ワンダーレコード」社員。自ら見いだしたSHARKの音楽を心から愛し、バンドの将来を最優先に考えている。Cloud 5も担当。

安井謙太郎/進藤皓太役
Cloud 5のギター。バンドの音楽性に強いこだわりを持っており、デビュー後、商業主義に偏りがちな朔と対立する。明るく前向きで、ルームメイトに淡い恋心を抱いている。

阿部顕嵐/佐藤有翔役
Cloud 5のボーカル。歌がうまくて華があり、プロ意識も高いが、自信過剰でうぬぼれ屋。「売れたい、モテたい、目立ちたい」がモットー。

萩谷慧悟/小川晴也役
Cloud 5のドラマ担当。優しい性格で、バンド内に問題が生じるとさりげなく気を使って支えようとする。Cloud 5が大好きで、ずっとこのメンバーで活動したいと思っている。

うじきつよし/小野寺勤役
海のバイト先の楽器店の店長。

岡田浩暉/吉村隆弘役
ワンダーレコードの社員。一加の上司。

豊原功補/松雪久役
Cloud 5のプロデューサー。バンドを裏で操る大物仕掛け人。

スタッフ(2nd)
脚本 - 桑村さや香、早船歌江子
監督 - 西村了、本田隆一、中茎強、後藤孝太郎
制作 - 福士睦
プロデューサー - 植野浩之、坂下哲也、前畑祥子
企画制作 - 日本テレビ
制作プロダクション - 日テレアックスオン
制作協力 - イメージフィールド
製作著作 - 「SHARK〜2nd Season〜」製作委員会


各話あらすじ 平均視聴率 2.59%
第1話 2014年4月19日 視聴率 3.2%
 解散危機のバンドの再生と友情を描く青春物語の第2弾。Cloud5の担当になった一加(山下リオ)は、バンドの方向性に悩む彼らの現状を目の当たりにする。

第2話 2014年4月26日 視聴率 1.8%
 皓太(安井謙太郎)の活動自粛により、期間限定で海(田崇裕)がCloud5に加入することに。納得がいかない有翔(阿部顕嵐)は、朔(重岡大毅)らと口論になる。

第3話 2014年5月3日 視聴率 3.3%
 有翔(阿部顕嵐)は新曲の曲調が変更されたことに納得がいかず、朔(重岡大毅)らと口論に。そんな中、海(M田崇裕)はCloud5の実力を目の当たりにして驚く。

第4話 2014年5月10日 視聴率 2.4%
 朔(重岡大毅)がした曲のアレンジに納得がいかない有翔(阿部顕嵐)は、ソロデビューすると宣言。その光景を目撃した晴也(萩谷慧悟)は朔にあることを告げる。

第5話 2014年5月17日 視聴率 2.6%
 謹慎が解けバンドに復帰した皓太(安井謙太郎)を、朔(重岡大毅)らは温かく迎える。それによりSHARKに戻った海(M田崇裕)は、ある感情を抱いていた。

※2014年5月24日は「サッカーアース 24:50〜25:50」が放送のため、休止。

第6話 2014年5月31日  視聴率 3.3%
 楽曲のアレンジをプロデューサーの松雪(豊原功補)に任せることを決意した朔(重岡大毅)。最初は反対していた皓太(安井謙太郎)も朔の決断を受け入れ、Cloud5は単独ライブへ向けて練習を再開するが――。

第7話 2014年6月7日 視聴率 2.2%
 朔(重岡大毅)は、皓太(安井謙太郎)が去ったCloud5に正式メンバーとして加入してほしいと海(M田崇裕)に頼む。一方、真琴(楓)は朔へある思いを告げる。

第8話 2014年6月14日 視聴率 2.5%
 SHSRKを辞めた海(M田崇裕)をメンバーに迎えて、新たなスタートを切ったCloud5。朔(重岡大毅)は真琴(楓)からの告白にきちんと向き合う決意をする。

※2014年6月21日は「2014FIFAワールドカップ・F組 アルゼンチン×イラン(24:44〜27:15)」が放送のため、休止。

第9話 2014年6月28日 視聴率 1.3%
 Behind the Sceneの北川旭(岩橋玄樹)が、SHARKの亡くなったボーカル北川和月(藤井流星)の弟だと知った一加(山下リオ)は衝撃を受ける。

第10話 2014年7月5日※「Going! Sports&News」が放送時間拡大のため、(23:55〜25:00)開始時間変更(25:00〜26:00)。 視聴率 3.3%
 Cloud5が崩壊寸前だとインターネットの記事に書かれ、動揺するメンバー。有翔(阿部顕嵐)は、皓太(安井謙太郎)が記者に情報を流したのではと疑うが…。

最終話 2014年7月12日 ※「Going! Sports&News」が放送時間拡大のため、(23:55〜25:00)開始時間変更(25:00〜26:00)。 視聴率 2.4%
 不利な状況の中、演奏を成功させたCloud5に、レコード会社は意外な通告をする。真琴(楓)は作曲の重圧にさらされる朔(重岡大毅)の身を案じるが…。


番組公式サイト
タグ:Shark

『SHARK・SHARK〜2nd Season〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(2) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。いつも拝見させて頂いてます。
土曜深夜は「SHARK」とその後時間に放送されてた「裁判長っ!おなか空きました!」を立て続けに見ると言う楽しみがありました。
「SHARK」はこの枠にしたら視聴率健闘してる印象ですが、裁判長の数字は分かりませんか?最終回だけでも知りたいです。宜しくお願いします。
Posted by ミキ at 2014年04月04日 22:05
コメントありがとうございます。返信遅れて申し訳ないです。
「裁判長っ!おなか空きました!」最終話の視聴率は今のところ判明してないようですね。
Posted by Dhunting at 2014年04月08日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索