2013年12月28日

天誅〜闇の仕置人〜 TOP

2014年1月24日から同年3月14日まで、フジテレビジョン系「金曜ドラマ」枠(19:57〜20:54)で放送された。全8話。

戦国時代から現代にタイムスリップした女忍者とその用心棒たちが、現代にはびこる悪に敢然と立ち向かい活躍する姿を描くアクションドラマで、小野ゆり子の連続ドラマ初主演作。

キャッチコピーは「世の中許せない奴が多すぎる――天に代わって悪を倒す。」


概要
「大人たちが楽しめるドラマ枠」として設けられたフジテレビの金曜8時枠では、ドラマ初主演の小野ゆり子が、現代の日本にタイムスリップしてきた女忍者・サナ役を演じる。泉ピン子がそんな謎の女・サナを操り、警察の介入が難しい事件を闇で裁いていく役どころで同系ドラマに初出演する。
人間離れした強さと美しさを持った謎の女・サナは、戦国時代の武将に仕える女忍者。戦の最中に爆発のショックでタイムスリップし、2014年の現代に突如現れ、泉演じる村田正子と手を組み、警察の介入が難しいDVや振り込め詐欺などの悪事を闇で裁く仕置人になっていく。


ストーリー
商店街で政治家が演説するなか、突然、柳刃包丁を持った男が通行人に次々と襲いかかる。村田正子(泉ピン子)は犯人の前に出て行こうとすると、どこからともなくフードをかぶり、みすぼらしい格好をした女(小野ゆり子)が現れ、男の腕を切り裂き血が吹き出る。再び襲いかかる男に女は容赦なくとどめを刺そうとするが、正子に止められ立ち去る。
その後、気を失い道端に倒れていた女を見つけ家に連れて帰った正子は、女の背中に大きな傷があることに気づき、しばらくの間面倒をみることに。女の名前はサナ。これまで、雇い主の命によってのみ生きてきたサナは、正子を主人と決め、命令に従い、現代にはびこる悪を闇で退治し始める。


キャスト
仕置人メンバー
サナ
演 - 小野ゆり子
戦国時代で契約主の元、あらゆる任務を遂行する女忍者だったが、任務中の爆発に巻き込まれた事が原因で現代にタイムスリップする。そこで正子と出会い、彼女の命によって世にはびこる悪人を成敗する。驚異的な戦闘力を持ち、背中に傷を負っている。

寡黙で意思表示をすることが少ないが、400年前には存在しない現代の常識は全く知らず、度々世間とずれた行動を取る。天誅を下す際には黒いフードを身に纏うため、巷では「フードマン」という通り名で呼ばれるようになる。

天誅を下す前には握り飯を一つ食べ、正義を問われた際に「正義など私には、無い。握り飯一つ分の仕事をする。ただ、それだけ。」と口上を述べる。天誅を加える悪人のおでこにくないで×印をつける。

村田 正子(むらた まさこ)
演 - 泉ピン子
村田家の姑。通り魔事件でサナと出会い、行き倒れていた彼女を助け、身の回りの世話をする。その後、サナと主従関係の契約を交わす。

松田 竜次(まつだ りゅうじ)
演 - 京本政樹
古武術松田流「竜冥館」館長。街の主婦たちに古武術を応用した介護方法を教える。自身の戦闘能力も相当高く、サナの身の振る舞いなどからその素性をいち早く見抜くなど、洞察力も鋭い。

八巻 辰(やまき たつ)
演 - 柳沢慎吾
宅配弁当「まごころエプロン」配達員。明るく気さくな性格。初犯は18歳で傷害事件を起こし逮捕され、その後空き巣専門の窃盗犯になり、何度か刑務所に服役していた。通り名は「ハチ巻」。

格闘術の心得は無いが、元空き巣の経験を生かしたピッキングや潜入捜査などの情報収集、現場では機械を用いた攻撃やかく乱を得意とする。仲間には相談せずに勝手に「ヘルプ天使〜トラブル解決します」という「闇の仕置人」のホームページを立ち上げる。

また、時には柳沢本人の持ちネタ(高校球児モノマネ・警察24時モノマネ)やフレーズ(あばよ!・かまいたち、いやおまえたち!など)を披露することもある。

東条 ミツ子(とうじょう みつこ)
演 - 三ツ矢雄二
スナック「天守閣」のおネエ系ママ。本名は東条一。かつては「男性」としてサラリーマンになり、女性と結婚し息子を儲け暮らしていたが、家族におネエがばれて家庭崩壊した過去がある。息子の慎司はミツ子の母・信子と二人で暮らしていたが、振り込め詐欺グループに入ってしまい、グループを抜けさせようと直談判したが聞き入れてもらえなかった。正子とサナの協力で振り込め詐欺グループに天誅を加えることができ、息子との絆を取り戻した。

辰同様に格闘術の心得は無いが、主に情報収集などを担当し、特技の声色と変装を用いた演技による騙しを得意とする。

村田家
村田 ゆかり
演 - 南乃彩希(二役)(幼少期:平澤宏々路)
正子の失踪した娘。ユウとは瓜二つ。

ユウ
演 - 南乃彩希
サナの妹。戦闘中の爆発に巻き込まれてから消息が分からない。

村田 丈朗(むらた たけろう)
演 - 乃木涼介
正子の息子。

村田 恭子(むらた きょうこ)
演 - 白石美帆
丈朗の妻。娘の加奈子は溺愛しているが、正子とは折り合いが悪く対立している。当然彼女が連れ込んだサナのことも毛嫌いしている。

村田 加奈子
演 - 葵わかな
正子の孫娘。過去に虐めを受けていた経験があり、腕にはいくつものリストカットの痕がある。また5年前に交通事故に遭い、事故の後遺症で歩行が不自由。サナとは自然に仲良くなる。

その他
首藤 重吉(しゅどう じゅうきち)
演 - 嶋田久作
警視庁城西警察署刑事課刑事。天誅を下すフードマンを逮捕するために動き出す。ゆかりが失踪した事件の担当刑事でもあった。

一之瀬 大和(いちのせ やまと)
演 - 竹財輝之助
刑事で首藤の部下。性格や振る舞いは優男風だが、サナを取り押さえるほど体術に秀でている。

左右田 リオ
演 - 川辺優紀子
スナック「天守閣」のホステス。仕置人のことは知らないため、度々ミツ子に無茶な頼み事をされては追い出されている。

菅井 知世子
演 - 茅島成美
正子の友達。善灯寺DVシェルター運営者。

三平 弥生(みひら やよい)
演 - 鷲尾真知子
正子の友達。夜間の警備勤務の息子が居る。

ゲスト
複数話・単話登場の場合は演者名の横の括弧()内に表記。☆印は被害者。×印はサナに成敗された人物。▲は成敗された人物と共謀し社会的制裁を受けた人物。
第1話
永瀬 真由美(直樹の妻・DV被害者)☆ - 真飛聖
永瀬 直樹(真由美の夫・DV加害者)× - 丸山智己
長谷部 隆文(庶民助けます党議員) - 志垣太郎

第2話
東条 慎司(ミツ子の息子・振り込め詐欺受け子)☆ - 森永悠希(少年期:佐藤瑠生亮)
東条 信子(ミツ子の母・慎司の祖母) - 佐々木すみ江
馬場 零治(振り込め詐欺リーダー格)× - 阿部亮平
三平 太(弥生の息子・警備員) - 辰巳智秋

第3話
谷原 綾音(看護師) - 西原亜希
睦橋 涼(綾音の同棲相手・ネグレクト加害者)× - 陳内将
谷原 麻衣(綾音の娘)☆ - 須田琥珀
坂本(まごころエプロン店長) - 佐伯新

第4話
秋葉 剛(少女売春組織元締)× - 加藤虎ノ介
池内 芹菜(加奈子のクラスメイト) - 森迫永依
加藤 ミサ(加奈子のクラスメイト)▲ - 山谷花純
その他 - なちゅ(洋服店の店員)

第5話
野澤 雪乃(ロイヤルパフュームガーデン介護士)☆ - 吉井怜
桜井 慶介(ロイヤルパフュームガーデン理事長)× - 合田雅吏
鮫島(ロイヤルパフュームガーデン担当医師)▲ - 長江英和
林 憲一(ロイヤルパフュームガーデン入居者)☆ - 久保晶

第6話
安藤 夏帆(陽人の母)☆ - 小林綾子
山田 雅江(さかえ幼稚園年中組のママ友リーダー)▲ - 紫吹淳
ミキオ(ホストクラブROMANCEのオーナー)× - 徳山秀典
神崎 涼子(首藤の元部下・刑事) - 宮本裕子(第7話)
安藤 尊(夏帆の夫) - 阪田マサノブ
高子(雅江の仲間)▲ - 三鴨絵里子
悦子(雅江の仲間)▲ - 亜希子
ヒロシ(ホスト) - ヒロシ
安藤 陽人(さかえ幼稚園園児・夏帆の息子) - 多々良慶

第7話
森山 佳織(陶芸教室経営者)☆ - 雛形あきこ
文子(久遠聡子の妹) - 吉田羊
滝崎 哲彦(外務省国際広報文化室室長) - 岡田浩暉
野倉 冬美(優志の浮気相手)☆ - 吉村涼
森山 優志 (佳織の夫・森山工業経営者)× - 秋山真太郎
ヤス▲ - 西興一朗
カンタ▲ - タモト清嵐
水田(元刑事課課長) - 唐沢民賢

最終話
滝崎 哲彦(外務省国際広報文化室室長として出向中の警察庁キャリア)× - 岡田浩暉

スタッフ
脚本 - 高橋幹子、根津理香
メインテーマ曲 - 朝倉紀行
音楽 - 得田真裕、真鍋昭大
演出 - 西浦正記、小林和紘

ナレーション - 余貴美子
演出補 - 佐藤さやか
オープニングタイトル - 永井秀実
スタントコーディネーター - 釼持誠
スタント - 田中大登
操演 - 羽鳥博幸
古武術介護指導 - 甲野善紀、甲野陽紀
フードコーディネーター - 住川啓子
技術協力 - ビデオスタッフ
照明協力 - ザ・ホライズン
美術協力 - フジアール
音響効果 - スポット
編集・MA - バスク
企画 - 前田和也、清水一幸
編成企画 - 羽鳥健一
プロデュース - 中山ケイ子
協力プロデュース - 竹田浩子
プロデュース補 - 國安馨、戸倉多佳子
制作 - フジテレビ
制作著作 - FCC

主題歌 - Dragon Ash「Curtain Call」(Victor/MOB SQUAD)


各話あらすじ(2014.1.24 - 2014.3.14)全8話 平均視聴率 7.24%
第1話 2014年1月24日「ストーカーDV夫に天罰を!」
 買い物客でにぎわう商店街で突然、包丁を持った男が通行人に次々と襲い掛かる。居合わせた正子(泉)が、犯人の前に出ていこうとすると、フードをかぶった女性(小野)が現れ、犯人を取り押さえる。その後、正子は、道端でその女性が倒れているのを見つけ、家に連れて帰る。背中に大きな傷のあるその女性は、サナと名乗る。サナは、食べるために人と「契約」し、命令されれば人殺しもいとわない人生を送っていたという。正子はサナを放っておけず、しばらくの間、面倒をみることにする。ある日、正子は、近所の寺で起きた事件のことを知る。

第2話 2014年1月31日「謎の女忍者&お節介バアさんの痛快世直しオレオレ詐欺に天罰」
 サナ(小野ゆり子)が天涯孤独だと知った正子(泉ピン子)は、家族の反対を押し切り、サナを家に置くことにする。ある日、正子、サナ、松田(京本政樹)がミツ子(三ツ矢雄二)のスナックに集まっていると、正子の親友・弥生(鷲尾真知子)がやって来る。弥生は、自宅にかかってきた詐欺の電話にだまされたふりをしたが、警察が来られなくなったと話し、助けてくれないかと皆に持ち掛ける。面白がったミツ子は、犯人を捕まえるため、サナと共に弥生の家へ行く。ミツ子たちが隠れていると、そこに、ミツ子の息子で高校生の慎司(森永悠希)が現れる。慎司は、詐欺で金を受け取る役をしていたのだ。ミツ子は思わず慎司をかばい、慎司はその場から逃げ去る。

第3話 2014年2月7日「悪いヤツは天誅だ!遂に仕置5人組が誕生幼女虐待に天罰を!」
 正子(泉ピン子)、サナ(小野ゆり子)、ミツ子(三ツ矢雄二)、知世子(茅島成美)は、松田(京本政樹)が師範を務める古武術介護教室へ行く。そこへ、八巻(柳沢慎吾)が弁当の配達にやって来る。軽快な冗談を飛ばす八巻だったが、彼には前科があるという。知世子は正子に、近所で最近、連続空き巣事件が起きており、八巻が犯人だと疑われているらしい、と話す。そんな中、空き巣事件が殺人事件に発展する。警察など当てにならないと考えた正子たちは、自分たちの身を守るために独自の調査を始める。サナとパトロールに出た松田は、彼女の言動や身のこなしから、サナが違う時代からタイムスリップしてきた忍者ではないかと、冗談めかして言う。ある夜、サナは、車にひかれそうになった綾音(西原亜希)を助ける。娘の麻衣(須田琥珀)が行方不明になっている綾音は、憔悴(しょうすい)し切っていた。

第4話 2014年2月14日「痛快!仕置5人組!淋しさにつけ込む極悪組織から少女を救え」
 正子(泉ピン子)と契約を結んだサナ(小野ゆり子)は、松田(京本政樹)、ミツ子(三ツ矢雄二)、八巻(柳沢慎吾)と共に「闇の仕置き人」となる。八巻が勝手に立ち上げた仕置き人のホームページに、最初の依頼メールがあり、八巻とミツ子は、その件を調べ始める。一方、正子の家では恭子(白石美帆)が、高額な小遣いを要求する娘・加奈子(葵わかな)を心配していた。同じく不安を覚えた正子の指示で、加奈子を探ることになったサナは、加奈子と買い物に出掛ける。足が不自由な加奈子はサナに、自分はなかなか友達ができず、最近できた友達に合わせるため、いろいろと欲しい物があるのだと、うれしそうに話す。

第5話 2014年2月21日「介護ブラック企業の悪事を裁け!仕置人が決死の潜入捜査!」
 正子(泉ピン子)は友人の弥生(鷲尾真知子)、知世子(茅島成美)と共に、老人ホームの体験入居に参加する。正子は、そこで働く雪乃(吉井怜)が、入居者から冷たくされているのが気になり、ミツ子(三ツ矢雄二)のスナックの名刺を渡す。その後、スナックを訪れた雪乃は正子たちに、自分の担当する入居者が、目を離した隙に次々と不審な死を遂げていると、悩みを打ち明ける。正子は、雪乃の思い詰めた様子が気になっていたが、数日後、雪乃が自殺を図り病院へ運ばれたと連絡が入る。雪乃は理事長の桜井(合田雅吏)から「入居者の死は雪乃のせいだ」と言われ、解雇を言い渡されていた。入居者の死の裏には何かがあり、この老人ホームは「ブラック企業」ではないかと思った正子やサナ(小野ゆり子)たちは、調査を始める。

第6話 2014年2月28日「ママ友詐欺に天罰を仕置5人組が七変化で幼稚園に潜入捜査!」
 ミツ子(三ツ矢雄二)のスナックに突然、会社員・安藤(阪田マサノブ)がやって来る。安藤は、妻・夏帆(小林綾子)が息子の育児を放棄し、家事もしない上に多額の借金をしたらしいので、離婚をしたいと語る。そのための証拠を集めてほしいと依頼された正子(泉ピン子)たちは、子供のことが心配になり、調査を始める。八巻(柳沢慎吾)とミツ子の調査の結果、夏帆の息子が通う幼稚園は「ママ友」の雅江(紫吹淳)とその仲間が牛耳っていた。夏帆の借金は、彼女らから勧められたブランドバッグを買うためだと判明。正子は水道関係の仕事をするふりをして、夏帆の家を訪問する。一方、刑事の首藤(嶋田久作)は、サナ(小野ゆり子)たちの正体を突き止めつつあった。そんな中、サナは敵対関係にある一之瀬(竹財輝之助)に引かれ始めていた。

第7話 2014年3月7日「仕置5人組たちよ、哀れな女を救え!禁断の恋に潜む殺意とは」
 怪文書が届いてから、様子がおかしい正子(泉ピン子)をサナ(小野ゆり子)は心配する。正子は、24年前に娘ゆかり(南乃彩希)が失踪した事件のことをサナに語る。正子の苦しみを知ったサナは、怪文書を刑事の一之瀬(竹財輝之助)に託し、調査を依頼する。そんな折、ミツ子(三ツ矢雄二)のスナックに、新婚の佳織(雛形あきこ)がおびえた様子で駆け込む。佳織は半年前に、会社を経営する森山(秋山真太郎)と結婚していた。だが、半月ほど前から誰かに命を狙われ、このままだと殺害されてしまうと、佳織は正子らに助けを求める。八巻(柳沢慎吾)らは、森山が浮気をしているという情報をつかみ、彼の周囲を調査する。一方、正子の息子・丈朗(乃木涼介)が喫茶店で女性の肩を抱いているところを、妻の恭子(白石美帆)が目撃。浮気だと思い込んだ恭子は、家出をしてしまう。

最終話 2014年3月14日「さらば仕置人たちよ真犯人の巨悪を裁け!行くな…サナ!!今夜全ての謎が明らかに」
 刑事の首藤(嶋田久作)が、正子(泉ピン子)の家を訪ねて来る。首藤は、24年前の事件の捜査が、ある人物の圧力で打ち切られたことを告白。正子に新聞記事の切り抜きを渡し、その人物が犯人だと告げる。その後、首藤はミツ子(三ツ矢雄二)のスナックにもやって来る。ミツ子や八巻(柳沢慎吾)ら「仕置人」の力を借りて、正子の娘の事件を解明するためだった。首藤は、24年前の事件の犯人は、おそらく当時警察庁のキャリア官僚で、現在は外務省に出向している滝崎(岡田浩暉)だと話す。さらに、事件をもみ消したのは、元官房長官だった滝崎の父親だと告げる。一方、正子は自分だけで事実を確かめようとしていた。そんな正子の様子を不安に思ったサナ(小野ゆり子)は、彼女をトイレに閉じ込め、ある決意を語る。

各話視聴率


番組公式サイト
(天誅〜闇の仕置人〜 - Wikipedia)

『天誅〜闇の仕置人〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

その命、ワシが預かる!天誅〜闇の仕置人(小野ゆり子)
Excerpt: 二夜連続、中二病かっ。 「スケバン刑事」系の作品だからな。 昭和か・・・なにもかもがなつかしい・・・。 ヤマトもガンダムも禁止だっ。 分かる奴だけに分かる方針じゃないのかよ。 わかりすぎてはずかしいわ..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2014-02-05 02:56

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年秋(10- 12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
50音検索