2013年12月06日

家族の裏事情 第8話(最終話)

#8「笑顔と涙の最終章!夫婦が繋ぐ家族の絆」2013年12月13日

 近所の神社で鉢合わせしてしまった縁(財前直見)と泰彦(沢村一樹)、美咲(松下由樹)、晴彦(松下洸平)。泰彦の口から、ここにいる女性(美咲)が実の母親だと聞かされた晴彦は、美咲を睨むように一瞥して無言で立ち去る。その場に残された3人も無言だったが、美咲が「失礼します」とその場を立ち去る。縁は泰彦に「晴彦だけは傷つけたくなかった」と言い残して・・・。

 その夜、縁は母・華江(真野響子)がいるホテルを訪ねて、浴びるように酒を飲む。「私は神様との勝負に負けたんだ」と弱音を吐く縁。泣きながら「母さんも同じ気持ちだった?」と質問するが・・・。
 一方、実母と対面してしまった晴彦は混乱していた。正式に“彼女”となった高城累(谷村美月)から「自分を娘だと認識できなくなっても共に生きた時間があるから大丈夫」と自らの母親との関係を語り間接的に晴彦を励ます。

 夜になって石和家に華江から電話がかかってくる。「だいぶ前にホテルを追い出したけど、帰宅してるか心配になって」と華江は言う。そこに太一(佐藤二朗)がやってきて、「夕方、縁を見かけた時に目が据わってたから心配になって!」と。顔を見合わせる石和家の面々。帰ってこない縁を家族全員で探すことになったのだが・・・。

第1話 2013年10月25日「家族全員が抱え込む“秘密と嘘”の物語が今夜開幕!」
第2話 2013年11月1日「あなたわかってる?結婚って紙切れ一枚の問題じゃないのよ」
第3話 2013年11月8日「長男の嫁同居宣言?二人の結婚に隠されたありえない裏事情!」
第4話 2013年11月15日「偽装結婚ついに発覚石和家に訪れる最大のピンチ!」
第5話 2013年11月22日「絶対に負けるもんか最愛の家族のピンチに響いた母のひと言!」
第6話 2013年11月29日「謎の美女の正体は?夫を巡る驚きの過去と三角関係」
第7話 2013年12月6日「真実が明かされた日夫婦を襲う最大の試練物語は遂に佳境へ!」

家族の裏事情 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『家族の裏事情 第8話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索