2013年10月04日

ハクバノ王子サマ純愛適齢期 第2話

第2話「教師の恋不倫する女は嫌いですか?」
10/10(木) 夜11:59〜0:54

女子校で古文を教える32歳の高校教師、原多香子(優香)。孤独と不安を抱えた彼女に突然訪れた、7歳年下の新任教師・小津晃太郎(三浦貴大)との恋の予感。誠実でハツラツとした晃太郎に惹かれたのもつかの間、彼にはすでに婚約者がいた…。

ショックを受ける多香子。一方、晃太郎の出現で多香子への恋心を再燃させた元不倫相手の先輩教師・黒沢明夫(中村俊介)は、再び多香子に近づく。寂しさから黒沢を自宅マンションに招き入れてしまう多香子――しかしすんでの所で仕事の電話が入る。近藤と中村、2名の生徒が痴漢に遭い警察に保護されたというのだ。慌てて警察に向かいながら、「危うく昔の関係に戻るところだった…」と反省する多香子は、寂しさをまぎらわそうとしても空しいだけだと痛感するのだった。

翌日。「わたしの家、父の不倫が原因で離婚したんですよね」――生徒である市川琴美(優希美青)が、そう多香子に言った。意味ありげな言葉を残して去る琴美に、多香子の胸はざわつく。

一方、何も知らない晃太郎は、無邪気に多香子に話しかけてくる。つい強がりを言ってしまう性格の多香子と、イタズラっぽくそれをからかう晃太郎。「欲を出さなければ、『話していて楽しい異性』でいられるのに、どうして愛されたいと思ってしまうんだろう」…晃太郎にだけは黒沢との過去を知られたくないと思う多香子だった。

しかし多香子と黒沢の関係は、あっさりと晃太郎の耳に入ってしまう。「教師同士で不倫なんて最低!」琴美はあの夜、多香子と黒沢が一緒にマンションに入っていくところを目撃していたのだ。自分の見た一部始終を晃太郎に話す琴美。「人違いじゃないか?愛妻家の黒沢先生と真面目な原先生に、そんなことあるわけないじゃないか」信じたくない晃太郎だが、ふたりの言動を思い返すほどに琴美の話が真実みを帯びてきて…。「不倫だけは許せないんだもん」と言う琴美に、「俺だって…軽蔑する」と返す晃太郎。琴美が帰ったあとの生物室でひとり、頭を抱えるのだった。

晃太郎には知られたくない多香子と、知ってしまった事実に悶々とする晃太郎。

「そりゃーどう考えても不倫だべ」いつもの男子会で今村(柳下大)に断言され、落ち込む晃太郎。父親の浮気が原因で両親が離婚している晃太郎は、不倫を許すことができない。「俺は絶対に女性を泣かせない」そう言う彼に、江川(新井浩文)は「それは立派だが、人の恋愛をネタにして勝手に善し悪しを語るな」と静かに怒りながら諭すのだった。彼にもまた、恋愛で辛い過去が…。

一方の女子会では、「女の過去の不倫を気にするような男、こっちから願い下げよ!」とユウコ(市川実和子)。不倫だって本気の恋もある。黒沢との不倫は、当時の多香子にとっては本物の恋だった――そう思っていた。しかしその経験で負った傷は深く、今でも多香子の心を弱くするのだった。

多香子の実家には、月に一度家族みんなで集まるという決まりがある。多香子の母・久恵は、最近雑誌でも人気のカリスマ主婦。台所で人生のほとんどを過ごしてきた母だが、今はその生き方を誰もが賞賛する。妹の尚美はすでに結婚、出産…そんな家族で囲む食卓に、多香子の居場所はなかった。
同じ頃、晃太郎はイギリス留学中の婚約者・東山カオリ(河北麻友子)とネット電話を楽しんでいた。女子校に勤める晃太郎の浮気を心配するカオリと、生徒は子どもだから心配ないと言う晃太郎。「じゃあ、先生は?」カオリの言葉に、思い浮かべるのは多香子の顔で――。そのとき、晃太郎の携帯が鳴った。以前痴漢に遭った生徒・中村と近藤が、また警察に保護されたというのだ。

慌てて駆けつける多香子、晃太郎、そして黒沢。以前の痴漢騒動は、親や好きな男子の気を引きたかった2人の虚言だったとわかる。迷惑をかけるばかりの愚かな行為。しかし、愛してほしくて必死にもがく生徒の素直さが、多香子の胸を打った。

「わざわざ出てきたんですから、一緒に食事でもどうですか?」黒沢の一言で、イタリアンレストランに行くことになる多香子、晃太郎、黒沢。危うい距離感で均衡を保つ3人に、緊張が走る…!?

第1話 2013年10月3日「略奪愛に不倫…主演女優を発表」
第3話 2013年10月17日「緊急事態彼の婚約者を見て…涙ついに切ない愛を告白」

ハクバノ王子サマ純愛適齢期 TOPへ
各話視聴率へ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ
2013年秋ドラマ視聴率一覧へ

『ハクバノ王子サマ純愛適齢期 第2話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハクバノ王子サマ 純愛適齢期 (第2話・10/10) 感想
Excerpt: 日本テレビ『ハクバノ王子サマ 純愛適齢期』(公式) 第2話『教師の恋不倫する女は嫌いですか?』の感想。 なお、朔ユキ蔵氏の原作漫画『ハクバノ王子サマ』は未読。 妙で独特な世界観が生まれそうな気配がす..
Weblog: ディレクターの目線blog@Seesaa
Tracked: 2013-10-11 07:29

ハクバの王子サマ純愛適齢期 第2話
Excerpt: 『教師の恋不倫する女は嫌いですか?」 内容 晃太郎(三浦貴大)に惹かれはじめた多香子(優香)だったが、 婚約者がいると知り、一気に距離を置いてしまう。 そんなとき元不倫相手で同僚の黒沢昭夫(中村俊..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-10-11 18:06

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
50音検索