2013年10月03日

殺しの女王蜂 各話あらすじ

fetish 01 美しい足は死の香り 2013.10.04

日本のどこかに存在し、凶悪犯罪が多発する無法地帯、通称・混沌街(カーオスタウン)。 警察すら見放したこの街に、犯罪者をも恐れさせる美脚の女殺し屋たちが存在した…その名も“アシナガ”。 「キャバレー・アシナガバチ」は、表向きは美脚の踊り子たちが集う酒場だが、裏の顔は悪への復讐を望む者がアシナガに殺しを依頼する場所。アシナガは、強い結束力があるわけでもなければ、依頼人に感情移入するわけでもない。金さえ積まれればどんな相手でも、自慢の美脚でクール&セクシーに、そして必ず仕留めるのだ 。

本日のターゲットは、のこぎりで美女の脚を切断し、その映像をネットで生配信している猟奇的殺人犯・ミケランジェロ(板尾創路)。被害者の夫から依頼を受けたアシナガ4人――ピータン(簑島宏美)、スパンキー(中村さくら)、ポイズン(春輝)、エンジェル(河合ひかる)は早速、タンソク(今野浩喜)が仕入れた情報をもとに敵アジトへと向かい、ミケランジェロをスピーディーに仕留めるのであった。

無事に依頼を遂行し、キャバレーで報酬について盛り上がる4人。そこに突然、ひとりカーオスタウンへとやってきたピストル(尾花貴絵)が現れ、4人にアシナガに加入させろと迫る。女たちに険悪なムードが漂うなか、殺したはずのミケランジェロがまだ生きているとの情報が飛び込んでくる。これを聞いたピストルは、仕留めたら仲間に入れることを条件に、ミケランジェロのもとへと単身乗り込むが…。


fetish 02 巨乳死すべし 2013.10.11
日々犯罪が多発している無法地帯・カーオスタウンで、胸の大きな女性ばかりが殺害される事件が発生。長い脚を持つ美しき女殺し屋集団“アシナガ”のもとに、犯人への復讐を望む被害女性の母親がやってきた。聞けば、娘は巨乳の女性のみが入信できる新興宗教「πの箱舟」に所属していたという。早速、教団施設への潜入の段取りを相談するアシナガたち。

しかし、成功報酬が100万円と聞いた途端に皆やる気が失せてしまう。ただひとり、ピータン(簑島宏美)だけは「一人なら100万を総取りできるから」と名乗りを上げ、依頼が成立する。

ガムテープとパットで“ニセ巨乳”を仕込んだピータンは、教団施設への潜入に成功。しかしその後、教団教祖のザ・マスター(麿赤兒)にニセ巨乳を見破られてしまい、監禁されることに。そんな中、教団施設内で偶然、幼馴染のサチ(三津谷葉子)に再会したピータンだったが…。


fetish03 お前に首ったけ 2013.10.18
カーオスタウンで“首の美しい女性”が絞殺される連続殺人事件が発生。犯人の羊(田口トモロヲ)は、女の首を愛でては絞め殺す猟奇犯だ。

早速アシナガに依頼が舞い込むが、スパンキー(中村さくら)は標的を自分独りで殺すと宣言する。羊は孤児院時代のスパンキーに首を絞める虐待を繰り返した憎むべき男だったのだ。過去を断ち切るためにも羊を殺そうとするスパンキーだったが、あるきっかけでトラウマから体が動かなくなる…!


fetish04 トイレの黒髪さん 2013.10.25
廃校になった中学校で、クロカミと呼ばれる長い黒髪の女の霊が現れ、憑りつかれた者は髪の毛を掻き毟りながら死ぬ――そんな噂が広がるさなか、肝試しに廃校を訪れたJK(滝元吏紗)は、本当にクロカミに遭遇した上に、髪を掻き毟る女性の死体を見つけてしまう。

一方、女性の遺族から「幽霊を殺して欲しい」という無茶な依頼を受けたアシナガも、幽霊の正体を暴くべく廃校へ。そこで、ある手がかりを発見することに…!


fetish05 悪魔の囁き、天使の恋 2013.11.1
今回の標的は“王子”と呼ばれる女衒の男(金子昇)。報酬3000万の依頼にやる気満々のアシナガは、“セクシー担当”のエンジェル(河合ひかる)を送りこみ、王子を発見する。作戦は成功したかに思われたが…。

一方、エンジェルは誠実で奥手なマサオ(橋爪遼)と出会い、急速に愛を深める。今回の仕事を降りると宣言するも、否応なく王子と対決するハメに――。殺し屋稼業と恋で揺れるエンジェル…彼女の出した答えとは!?


fetish06 背徳キッスを召し上がれ 2013.11.8
混沌街で背中にクモの巣状の傷をつけられた女性の遺体が次々と発見される。被害者の姉・麗子(水崎綾女)の依頼を受け、ポイズン(春輝)とピストル(尾花貴絵)が、タランチュラ(小林健一)と呼ばれる標的の元へと向かう。

しかし、功を焦ったポイズンは敵の罠にはまり、ピストルを負傷させてしまう。さらに、依頼人の麗子がタランチュラに誘拐される最悪の事態が発生。情に厚いポイズンは敵のアジトに単身乗り込むが…!


fetish07 ドMの異常な愛情 2013.11.15
今回のターゲットは、連続殺人犯・ミスターM(温水洋一)。弱そうな風貌の“ドM男”だが、SMクラブの女王様を拉致・監禁し、自分が興奮する責めをしないと電圧をかけて殺す異常な性癖な持ち主だ。

自分の理想の女王様を探すミスターMは、なぜかシスター(藤本恵理子)に一目惚れ。シスターをおびき寄せようと、彼女が気にかけるJK(滝元吏紗)を監禁する。不穏な動きを察知したシスターはミスターMのアジトへと向かうが…。


fetish08 美少年キラーをおもてなし 2013.11.22

混沌街でイケメンホストばかりを狙う美少年連続殺人事件が発生。アシナガは被害者のホスト仲間に復讐を依頼される。しかし、ハリネズミと呼ばれる犯人の顔は不明…。そこでアシナガたちは、自らがイケメンホストに扮して犯人おびき寄せることに。

早速、客の3名が容疑者として浮上するが、決め手にかける。そんな中、監視カメラを見ていた依頼者は決定的な証拠を見つけて店内に飛び出すが…恐怖の針使いの魔の手がアシナガを襲う!


fetish09 地獄のお尻ダンス 2013.11.29

福引で高級リゾート招待券をゲットしたアシナガたちは、遅い夏休みに出かけることに。
それぞれ水着でプールやジャグジーなど満喫する5人だったが、そんな無防備な彼女たちに、女の尻を噛みちぎって殺す超危険人物・シャーク(高山善廣)の影が忍び寄り――。

いつの間にか他のアシナガたちの姿が見えないことに気づいたスパンキー(中村さくら)は、急いで武器を取りに向かうが…。


fetish10 処女ゲバゲバ 2013.12.6

混沌街で処女ばかりが狙われる“吸血殺人事件”が発生。アシナガに依頼が舞い込み、処女疑惑のあるピストル(尾花貴絵)が担当することに。

一方、シスター(藤本恵理子)に弟子入りを許可されたJK(滝元吏紗)も、処女に扮して犯人をおびき寄せるが、そこで意外な人物から発砲され、意識不明の重体に陥ってしまう。現場に単発式銃が落ちていたことから、犯人をピストルと断定したシスターは怒りに震えてアシナガたちを襲う――。


fetish11 ママを殺せ 2013.12.13

混沌街に鳴り響く鐘の音が、父が死んだ時に聞こえた音と同じことに気づいたピストル(尾花貴絵)。真実を探るべく保安官(宮川一朗太)に詰め寄り、父がビックママ(高岡早紀)に消されたことを確信する。

同じ頃、ビッグママは自らキャバレーアシナガバチを訪れ、アシナガに宣戦布告。自らの手で父の敵を仕留める決意のピストルと、それぞれの誇りのために立ち上がったアシナガが、ついにビッグママのアジトへと乗り込む――!


last fetish さらば美脚の殺し屋 2013.12.20

ピストル(尾花貴絵)に彼女の父親を殺した真犯人の名を告げようとした瞬間、ビッグママ(高岡早紀)は何者かに撃たれて絶命した。

戸惑うアシナガたちのもとを、敵であるメガネ(苫米地玲奈)が訪れ、ビッグママの息子でありママを殺した「バッドサン」を殺すのに協力してほしいと依頼する。 ピストルの父親を殺し、ビッグママを殺した本当の黒幕、バッドサンの正体は意外な人物だった――!!


殺しの女王蜂 TOPへ
2013年秋ドラマ(10-12月)TOPへ

『殺しの女王蜂 各話あらすじ』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013年秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2022年夏( 7 - 9月期)
2022年春( 4 - 6月期)
2022年冬( 1 - 3月期)
2021年秋(10 -12月期)
2021年夏( 7 - 9月期)
2021年春( 4 - 6月期)
2021年冬( 1 - 3月期)
2020年秋(10 -12月期)
2020年夏( 7 - 9月期)
2020年春( 4 - 6月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
ドラマ/アイウエオ順検索