2013年09月06日

町医者ジャンボ!! 第11話

第11話「悪魔からの警告…絶体絶命!医師生命の危機」9月12日(木) よる11時58分〜0時53分放送

倉橋次郎(郭智博)は天龍一郎(尾美としのり)の母違いの弟だった。『馬場医院』に近づいたことを含め、すべてはジャンボを潰すための天龍による策略だったと倉橋から告げられ、飛鳥(忽那汐里)は耐え切れず、その場から走り去る。

さらに天龍は、『馬場医院』を潰すため、ジャンボへの圧力を強めていく。倉橋の恩師を救おうとしていたジャンボに薬を渡した製薬会社MRを脅迫。『白根総合病院』と製薬会社との取引を中止すると言われ、MRは、ジャンボの指示で薬が盗まれたと被害届を出した。

一方、飛鳥は、熱中症で倒れた女子高生・的場奈々(城戸愛莉)を助け、『馬場医院』に戻ってくる。飛鳥のことを気に掛けるジャンボと長尾千種(吉田羊)だったが、奈々とのやりとりを通じて、飛鳥が1人の人間としても、看護師としても成長していたことを感じ安堵した。

『馬場医院』は平穏を取り戻したかに思われたが、ジャンボが窃盗罪の容疑で連行されてしまう。事情聴取を終え、警察署から出てきたジャンボの前に、今度はクレーマーの石倉義雄(西村清孝)が姿を見せる。しつこく絡んでくる石倉をジャンボが振り払うと、石倉は大げさに転がり、のたうち回った。そして、その様子を里中麗子(笛木優子)が写真に収めた…。

天龍はジャンボの医師免許停止を求め、厚生労働省の医道審議会に告発する。事前調査として天龍とジャンボ双方の言い分を聞きに来た医道審議会委員を前に、製薬会社から薬を盗んだ窃盗罪と石倉を怪我させたことで、天龍から激しく責め立てられるジャンボ。飛鳥にまで「弟のストーカー」と天龍が侮辱すると、ジャンボは「攻撃するのは俺だけにしろ。俺はあんたと刺し違える覚悟はできてる」と牽制した。しかし、言葉巧みな天龍は、脅迫めいた発言だとして、ますますジャンボを追い詰める。その時、ずっと黙っていた倉橋が口を開いた…。

第1話 2013年7月4日「肩痛から命の危険が…病の謎を解き明かす!」
第2話 2013年7月11日「アレルギーで命の危機&女児襲うナゾの腹痛」
第3話 2013年7月18日「超危険!エリート襲う生活習慣病の落とし穴」
第4話 2013年7月25日「アラフォー女の人生を狂わせた謎の病を暴く」
第5話 2013年8月1日「自殺未遂・家庭崩壊…医師も見落とす心の病」
第6話 2013年8月8日「肺ガンに隠された真実末期患者が決死の行動」
第7話 2013年8月15日「患者死なせた衝撃過去スキルス胃がんの若者」
第8話 2013年8月22日「スキルス胃がんの若者この俺に手術させろ!」 
第9話 2013年8月29日「危険な手術…新婚夫婦の幸せ奪う突然の病魔」
第10話 2013年9月5日「医師生命かけた決断…あの薬が脳卒中を救う」
第12話 2013年9月19日「命の危機…絶対死なせない!劇薬で肝炎発症」

町医者ジャンボ!! TOPへ
各話視聴率へ
2013年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2013年夏ドラマ視聴率一覧へ

『町医者ジャンボ!! 第11話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

町医者ジャンボ!! (第11話・9/12) 感想
Excerpt: 日テレ『町医者ジャンボ!!』(公式) 第11話『悪魔からの警告…絶体絶命!医師生命の危機』の感想。 ベタな医療ドラマの部分は面白い! ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! ..
Weblog: ディレクターの目線blog@Seesaa
Tracked: 2013-09-13 09:00

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索