2013年09月04日

警視庁捜査一課9係(第8シリーズ)第10話(最終話)

2013年9月11日放送
最終話「殺人船長」

 倫太郎(渡瀬恒彦)が、高校時代からの友人で日本海洋大学の山尾(笹野高史)から大学での講演を依頼された。豪華客船で犯罪が発生した時の対処法などがテーマだったが、それなら適任がいると倫太郎は村瀬(津田寛治)を指名。しかし、その村瀬は警務部への異動の話があり、刑事をやめるべきか思い悩んでいた…。

 村瀬の講演が終了した後の日本海洋大学の構内で学長の倉持(佐伯新)の他殺体が見つかった。傷跡から凶器は二股の槍のようなものと判明。さらに右手の小指の付け根に奇妙な形の傷が残っている。

 倉持は午後3時に学部長の山尾、妻で理事の千恵子(春木みさよ)、創立者の娘で山尾の助手の史織(三倉茉奈)、そして大手不動産会社専務の井元(遠山俊也)を学長室に集まるよう命じていた。どうやら大学を閉鎖した跡地に建設を計画している「海洋タウン計画」という複合施設について話があったらしい。井元によると、反対派の山尾、千恵子、史織を説得しようとしたらしいのだが…。

 真澄(原沙知絵)の解剖結果によると、死亡推定時刻は12時30分から13時30分。まさに村瀬の講演中だ。遺体には争った痕跡もなく、真澄はなぜか遺体に違和感があるという。その理由は?真澄はさらに調べを進める。

 倉持は大学の創立者・小高が愛人との間に作った子供。本妻の子・史織とは異母兄妹になり、小高が海難事故で死亡した後、大学の経営権を手に入れ学長に就任していた。が、大学経営には興味がなく、「海洋タウン計画」を井元とともに進めていたとか。その計画に反対していたのが、山尾、千恵子、史織の3人だったが、山尾は村瀬の講演を欠席。史織も中座したところを村瀬が壇上から確認している。

 倫太郎と直樹(井ノ原快彦)の捜査の中、意外な人物が自供を開始。しかし、その証言には不自然な点が多く、裏付け捜査を進める中で新たな真実が浮上。そして、真澄が遺体の秘密を解き明かす中、事件の背後にあった“真実のドラマ”が見えてきて…!?


第1話 2013年7月10日「捏造された殺人」
第2話 2013年7月17日「殺人美容室」
第3話 2013年7月24日「逃亡者の殺意」
第4話 2013年7月31日「昼下がりの銃殺」
第5話 2013年8月7日「殺人生原稿」
第6話 2013年8月14日「127の殺意」
第7話 2013年8月21日「死の紋様」
第8話 2013年8月28日「殺人スタント」
第9話 2013年9月4日「殺しのネックレス」

警視庁捜査一課9係(第8シリーズ)TOPへ
各話視聴率へ
2013年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2013年夏ドラマ視聴率一覧へ

『警視庁捜査一課9係(第8シリーズ)第10話(最終話)』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

警視庁捜査一課9係(8)第10話(最終回)
Excerpt: 『殺人船長』 内容 ある日、加納(渡瀬恒彦)は、 高校時代からの友人で日本海洋大海洋科学科学部長・山尾海彦(笹野高史)から、 大学での講演を依頼される そのころ村瀬(津田寛治)は、三島刑事部長か..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-09-12 21:01

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索