2013年08月16日

ぴんとこな 第6話

第6回「歌舞伎界追放!!未来が今、閉ざされる−」2013年8月22日(木)

「加茂堤」の公演中に号泣してしまった一弥(中山優馬)が姿を消した。恭之助(玉森裕太)は、一弥をこのまま辞めさせるわけにはいかないと探し始める。同時に、世左衛門(岸谷五朗)に「もう一度、公演に一弥を出して欲しい」と頼むものの「舞台を投げ出し、雲隠れをするような奴を認めない」と断られてしまう。諦めきれない恭之助は、完二郎(山本耕史)に懇願し、「自分が主催の自主公演なら…」と許しをもらうことに成功。そして、一弥を連れ戻すために行動に移すが…。

そんな中、一弥は祖父の家に居た。そのことに気付いたあやめ(川島海荷)は、これまで集めてきた一弥のチラシなどを祖父の家のポストに入れて立ち去る。梢平(松村北斗)から居場所を聞いた優奈(吉倉あおい)が祖父宅を訪れると、一弥から「歌舞伎役者を辞める」と打ち明けられ…。

第1話 2013年7月18日「華麗でゴージャス!!日本の美・歌舞伎界のイケメン御曹司が贈る胸キュン・三角関係!そして400年の伝統を背負う父と子−いつか父を越えてみせる!!」
第2話 2013年7月25日「切ない片想い…ダメ御曹司は恋の力で強くなる!」
第3話 2013年8月1日「届かない想い…彼女の一途な恋のために」
第4話 2013年8月8日「海合宿!!おまえのためだけに…最高の告白」
第5話 2013年8月15日「すべてが終る…衝撃のラスト!!舞台上まさかの号泣」
第7話 2013年8月29日

ぴんとこな TOPへ
各話視聴率へ
2013年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2013年夏ドラマ視聴率一覧へ
タグ:ぴんとこな

『ぴんとこな 第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(3) | 2013年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ぴんとこな 第6話
Excerpt: 『歌舞伎界追放!!未来が今、閉ざされる−』 内容 あやめ(川島海荷)を失うだけで無く、公演に選ばれた理由を知り、 公演中に号泣してしまった一弥(中山優馬) 舞台を放棄し、姿を消してしまう。 恭之..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-08-23 17:25

ドラマ「ぴんとこな」 第6話 あらすじ感...
Excerpt: 自分の中の一番大切なものは何か---------!?視聴率5.9%また最低数値っす(><)いやぁ、今回は完全に恭之助と一弥のための回だったなぁ。なんだかすっかり一弥がヒロイン!?(...
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2013-08-23 21:22

Woman八話&ぴんとこな六話&リミット七話感想
Excerpt: ■Woman八話田中裕子を迎えに行く小林薫。ふたりが仲良く家路につくと、踏切の向こうで、呆然と立ち尽くしているのは娘の二階堂ふみだった。慌てて駆け付ける田中と小林。田中は嫌な予感がした。「お姉ちゃん怒..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2013-08-24 11:00

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索