2013年08月08日

Woman 第7話

第7話「生きる為に死んだ大切な人、その真実」
2013年8月14日放送

小春(満島ひかり)は海(鈴木梨央)と陸(橋來)を連れて、信(小栗旬)の生まれ故郷へ向かった。そこは、山に囲まれた小さな村だった。

小春は、土産物屋の店主を訪ね、4年前の夏に信が置いていったという手紙を受け取る。
信は事故に遭ったその日、この村を訪れていた。

手紙には、信から聞かされたことのなかった彼の幼少期のこと、そして彼の母親との思い出について触れられていた。

さらに、オレンジ色のマフラーの秘密、そして4年前の夏、信が植杉家を訪れた本当の理由が綴られていた…。


第1話 2013年7月3日「命をかけて我が子を育てるシングルマザーの感動ドラマ」
第2話 2013年7月10日「母が母であるための間違った選択?」
第3話 2013年7月17日「母であること。そして娘でいること」
第4話 2013年7月24日「ぼく、おとうさんに会いたいよ」
第5話 2013年7月31日「誰にも言えない、母の覚悟」
第6話 2013年8月7日「生きるための嘘、我が子のために」
第8話 2013年8月21日「あの子を殺して私も死ねばいいの?」

Woman TOPへ
各話視聴率へ
2013年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2013年夏ドラマ視聴率一覧へ
タグ:woman

『Woman 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(7) | 2013年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【Woman】第7話感想とあらすじ
Excerpt: 信さんのヒドイ境遇に驚いた。そして、それでも家族の愛を信じられる信さんの手紙にも驚いた…。感動よりも、ただ驚き。そして、栞にも驚き。この人たち何なんだ…。感想記事・トラ...
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2013-08-15 02:32

Woman (第7話・8/14) 感想
Excerpt: 日テレ『Woman』(公式) 第7話『生きる為に死んだ大切な人、その真実』の感想。 壮絶な信の過去は見応え十分だった! ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! http://..
Weblog: ディレクターの目線blog@Seesaa
Tracked: 2013-08-15 08:59

満島ひかり「Woman」第7話★栞(二階堂ふみ)に馬乗りで「望海ダメ! 来ちゃダメ!!」と小春絶叫
Excerpt: 満島ひかり「Woman」第7話 「生きる為に死んだ大切な人、その真実」 小春(満島ひかり)は海(鈴木梨央)と陸(?橋來)を連れて、信(小栗旬)の生まれ故郷・山梨県へ・・・。 楽しく会話..
Weblog: 世事熟視〜コソダチP
Tracked: 2013-08-15 10:14

Woman七話感想
Excerpt: 小栗旬の残した手紙で、彼の生い立ちを垣間見る満島ひかり。彼は、母一人で育てられた。が、それは育てられたというより、途中から放置されていたというのが実情だった。10才から13才までひとり暮らしをしていた..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2013-08-15 10:21

大菩薩峠と三色団子と豆ご飯と亡き夫からの手紙とBELIEVEとWoman(神野三鈴)
Excerpt: 大菩薩峠の菩薩は八幡大菩薩とも観世音菩薩とも言われる。 観世音菩薩は本来、男性であったと言われるが、インドから中国へ伝播する過程で女性化したとも言われる。 また、本来は古代の女神アナーヒターやラクシュ..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2013-08-15 18:15

Woman #07
Excerpt: 公式サイト 小春(満島ひかり)は海(鈴木梨央)と陸(高橋來)を連れて、信(小栗旬
Weblog: 昼寝の時間
Tracked: 2013-08-16 14:04

《Woman》#07
Excerpt: 小春は、望海、陸を連れて、大菩薩峠の近くの村へ行った。土産物屋店主は、子供たちにお団子を出してくれて、小春に手紙を渡した。バスの最終に間に合わないと急いだために、せっかく書いた手紙を置いて行ってしまっ..
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2013-08-16 21:16

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索