2013年08月07日

警視庁捜査一課9係(第8シリーズ)第6話

2013年8月14日放送
第6話「127の殺意」

 元ファンドマネージャーの百武(湯江健幸)の他殺体が、とある建設現場で発見された。何者かに後頭部を殴打されたようだが、左手には「127」と数字が書かれている。監察医の真澄(原沙知絵)によると、百武本人が書いた可能性が高いというが、何を意味しているのか?

 百武が、とある新聞社の経済部記者・実希子(野々すみ花)と連絡を取っていたことがわかった。実希子は、証券会社社員から独立し、推定百億の資産を作って引退した百武が最近になって活動を再開したため、取材を依頼したのだという。その活動とは、日本海底資源開発という新会社への投資を募ること、百武の遺体が見つかった建設現場は、その会社の本社ビル建設予定地だった。

 小林(山口良一)というコンシェルジュがいるマンションの1フロアで豪勢な生活を送っていた百武だが、妻の十和子(安座間美優)はネイリストの弓恵(建みさと)とスパに行っていたというだけでアリバイは曖昧だ。

 百武と共同で新会社への投資を募っていた建設会社社長・黒吉(西ノ園達大)という男が浮上した。百武とはビジネスパートナーだと認めたが、なぜか事件現場の本社ビルの建設は3日前から工事を中断したまま。
 弓恵がスパのオーナー・後藤(木下ほうか)に頼まれ、十和子をスパに誘っていたことがわかった。この後藤の会社は指定暴力団のフロント企業。かなり怪しいが…。

 倫太郎(渡瀬恒彦)と直樹(井ノ原快彦)は、百武の自宅からパソコンが消えていることを確認。しかし、家政婦のアキ子(重田千穂子)も小林も、黒吉や弓恵と同様、「127」という数字についてはわからないという。

 やがて百武の投資話にカラクリがあることが判明した。百武は詐欺師だったのか、だとすると犯人の動機は…?そして「127」という数字の秘密とは?

第1話 2013年7月10日「捏造された殺人」
第2話 2013年7月17日「殺人美容室」
第3話 2013年7月24日「逃亡者の殺意」
第4話 2013年7月31日「昼下がりの銃殺」
第5話 2013年8月7日「殺人生原稿」
第7話 2013年8月21日「死の紋様」

警視庁捜査一課9係(第8シリーズ)TOPへ
各話視聴率へ
2013年夏ドラマ(7-9月)TOPへ
2013年夏ドラマ視聴率一覧へ

『警視庁捜査一課9係(第8シリーズ)第6話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013年夏ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

警視庁捜査一課9係(8)第6話
Excerpt: 『127の殺意』 内容 その日の朝、“9係”で電話の音で目覚めた小宮山(羽田美智子) 臨場要請だった。 元ファンドマネージャー百武充(湯江健幸)の死体が、建設現場で見つかったと。 近くに被害者の高..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-08-15 19:14

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索