2013年06月25日

天魔さんがゆく TOP

『天魔さんがゆく』(てんまさんがゆく)は、2013年7月15日から同年9月23日まで、TBSのドラマNEO枠 (毎週月曜日24:28 - 25:07〈JSTでは火曜未明0:28 - 1:07〉)で放送された。堂本剛主演。

幽霊退治を引き受ける会社を営みながら大の怖がりの主人公が、幽霊を退治ではなく説得で解決していく様を描くホラーコメディ。福田雄一が脚本・演出を一から手掛ける完全オリジナルドラマ。


企画・制作
フジテレビ系で放送されたドラマ『33分探偵』シリーズと一部のキャスト・スタッフが共通している。

約5年ぶりの連ドラ出演となるKinKiKidsの堂本剛主演による、幽霊とコンタクトを取る能力を持つ青年の活躍を描くホラーコメディー。演出および脚本はドラマ「33分探偵」シリーズでも堂本と組んだ福田雄一氏が担当する。


ストーリー
幽霊とコンタクトを取る能力を先祖代々受け継ぐ法界天魔(堂本剛)だが、当の本人は幽霊が怖くてしかたない。父が亡くなり、嫌々ながら「幽霊退治引き受けます」と看板を掲げた会社の経営を引き継いでいる。仕事の依頼があれば、クールな女子社員・岡崎旭(川口春奈)、先代からの番頭・大覚慶三(皆川猿時)の2人とともに幽霊退治に出向くが、天魔は幽霊が怖いのでなかなか仕事にならない。最終的には、右往左往しながらも幽霊の言い分を聞いたり、この世に残した悔いを晴らしてあげたりと、“退治”ではなく“説得”で問題を解決していく。


キャスト
有限会社おばけ警備保障
おばけ退治を行う会社。通称「オバケー」。法界天童の代まではおばけを実力行使で除霊していたが、法界天魔に代が替わってからはおばけを説得して、成仏させている。

法界 天魔
演 - 堂本剛
社長。代々、おばけ退治をしてきた家系に生まれ、浮遊霊、地縛霊など関係なく全てのおばけを見る能力を持つ。妖気や霊気を感じると髪の一部が立ち上がる。そして強力な霊に対し自らの体に憑依させ成仏させるという法界家相伝の能力を持っているが、除霊に一週間近くかかりその間は霊が頻繁に体を乗っ取るため、危険とされている。
究極の怖がりで幽霊現場に赴き、おばけもしくはお化けと思い込んだ人間と対峙したときに1現場に1回のペースで気絶する。そのときに他界した父親が暮らす部屋に意識が飛んでいき、おばけ退治のアドバイスを教えてもらう。気絶に関して旭に対していろいろと理由をつけて「気絶とはちがう」と言い訳をしている。ちなみに目を開けて眠ることができる。

岡崎 旭
演 - 川口春奈
通称「オバケー」の会社ロゴからゲーム会社と間違えて入社してしまい、また、自分が作った借金を会社側に肩代わりしてもらっている理由で、いくら仕事内容が嫌でも簡単におばけ退治会社を退職できない。驚いた時の口癖は「じぇじぇ」。怖がりの割にどこでも眠ることができ、一度寝るとなかなか起きない。
ちなみに採用された理由は、怖がりの天魔に変わって現場の先陣を切らせるため。おだてに弱く、毎度うまい具合に誘導されて怖い所へ先にいかされる。
小島よしお、ダンディ坂野など、ブームが過ぎた一発芸人やそのネタを好み、怖さによるストレス解消のため経費でDVDを買おうとした。

大覚 慶三
演 - 皆川猿時
法界天童の時代から働く社員。天魔のことを「坊ちゃん」と呼び、何かと甘やかしてしまう。AKB48のファン。旭の前に勤めていた女性社員とできちゃった結婚をしている。幽霊のことはあまり怖くないがゴキブリが大の苦手。

椋木 リカ
演 - 芹那
「オバケー」に入社したがっているが、霊が嫌うほどの高い周波数の声を有しているため、入社させてもらえない。天魔に思いを寄せており、旭を一方的に敵視する。

法界 天童
演 - 佐藤二朗
天魔の父親。霊力の強いおばけによって殺害されたと伝えられているが、実際はその手下のおばけに驚いて、ショック死で死亡していた。雑誌の袋とじを必死になって開けているところを見られたために、妻に逃げられた。

警視庁
足利 実
演 - 森崎博之
警部。常に扇子を持ち歩き、テンションが高く態度も声も大きい。バツイチ。幽霊など、非科学的な物の存在を信じない。巻き起こる霊的現象は全て生きた人間の仕業だと考えており、しばしばオバケーの面々と対立するも、時には頼ったりもする。偶然オバケーの事務所に居合わせたリカに一目ぼれする。

大平 三太
演 - 鎌倉太郎
巡査。足利の部下。足利と同じく幽霊の類を一切信じていないが、物腰が落ち着いており、わりと常識人。

スタッフ
脚本 - 福田雄一
音楽 - 瀬川英史
監督 - 福田雄一、入江悠
ナレーション - 村岡希美
ブレーン - 酒井健作、大平尚志、向田邦彦
助監督 - 久保田博紀
ミュージックエディター - 小西善行
サウンドエディター - 荒川望
CG - 本田貴雄
プロデュース - 森谷雄(アットムービー)
チーフプロデューサー - 篠原廣人、小林亜理(ソニー・ミュージックエンタテインメント) / 十二竜也、加藤新
ラインプロデューサー - 的場明日香
アソシエイトプロデューサー - 杉浦美奈子
アシスタントプロデューサー - 加藤智子、河瀬知
特別協力 - ソニー・ミュージックエンタテインメント
制作協力 - アットムービー
製作著作 - TBS

主題歌 - 堂本剛「瞬き」(SHAMANIPPON)
オープニング曲 - 堂本剛「Welcome to shamanippon」(SHAMANIPPON)
挿入歌 - 堂本剛「電」(SHAMANIPPON)


各話あらすじ(2013.7.15 - 2013.9.23)全10話 平均視聴率 1.43%
第1話 2013年7月15日「オバケ説得します」  視聴率 2.3%
 先祖代々幽霊とコンタクトが取れる能力を持つ天魔(堂本剛)の活躍を描く。幽霊退治を請け負う会社を経営する天魔は、従業員らと依頼を受けた中学校へ向かう。

第2話 2013年7月22日「依頼人はAKB」  視聴率 1.6%
 天魔(堂本剛)らはAKB48・藤江れいなに幽霊退治を依頼される。幽霊ではなく侵入者だという足利警部(森崎博之)だが、天魔は彼女の部屋にカメラの設置を頼む。

第3話 2013年7月29日「素敵な成仏の方法」 視聴率 1.1%
 天魔(堂本剛)らは、れいな(藤江れいな)の部屋に設置したカメラを見返す。その後、霊に遭遇し気絶した天魔は、夢の中で父・天童(佐藤二朗)からヒントを得る。

第4話 2013年8月5日「笑う温泉霊の謎」  視聴率 1.3%
 温泉に来た天魔(堂本剛)たちに、旅館の女将が幽霊退治を依頼。天魔たちは旅館に出る兵隊や看護師の霊に疑問を抱き、押し入れの中に隠れて霊が来るのを待つ。

※2013年8月12日は、「 世界陸上モスクワ(22:54〜27:15)」放送のため、休止。

第5話 2013年8月19日「さよならパパの霊」  視聴率 1.5%
 天魔(堂本剛)らは会社員・富山(駒木根隆介)らから、会社内に出現する課長の霊の退治を依頼される。一行が会社で霊を捜していると女子高生の霊が現れる。

第6話 2013年8月26日「呪われたお嬢様」 視聴率 0.8%
 天魔(堂本剛)らは、小夜子(筒井真理子)から娘・美代子(指原莉乃)に取りつく霊のおはらいを依頼される。一行は美代子に取りつく芸人の霊に悪戦苦闘する。

第7話 2013年9月2日「愛の棲むトンネル」  視聴率 1.3%
 天魔(堂本剛)らは村役場職員・村杉(中村靖日)からトンネル内でヒッチハイクをする霊の退治を依頼される。霊を探す一行は、寂しがりな女の子の霊に出会う。

第8話 2013年9月9日「デカ魂と女優霊」  視聴率 1.7%
 天魔(堂本剛)らは絶対に霊を信じなかった足利(森崎博之)から幽霊退治を依頼される。一行は、女優殺し事件の犯人が霊だという足利と現場のスタジオへ赴く。

第9話 2013年9月16日「団地霊は恋の香り」  視聴率 1.1%
 天魔(堂本剛)らは団地に出るといわれる霊の退治を依頼される。一行が現場に向かい調査していると、前田敦子似の女(キンタロー。)や子どもの霊が現れる。

最終話 2013年9月23日「天魔さん危機一髪」  視聴率 1.6%
 天魔(堂本剛)らは、ある村の幽霊退治を頼まれる。調査をしていると井戸や道の途中から次々と太っている女の霊が現れて天魔は気絶する。目を覚まし、なんとか成仏するように説得するのだが…。


番組公式サイト
(天魔さんがゆく - Wikipedia)

『天魔さんがゆく TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(1) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【天魔さんがゆく】第1話初回感想とあらすじ
Excerpt: 澱みない福田雄一ワールドと久々ドラマの剛にワクテカ(〃▽〃)ホラー映像もちょっと本格的…予算があるらしいwOP、ED「ヨシヒコ」その物w感想記事・トラバ・コメントはこちら↓ドラマ@...
Weblog: 見取り八段・実0段
Tracked: 2013-07-16 13:09

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年秋(10- 12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
50音検索