2013年05月29日

遺留捜査(第3シーズン)第8話

第8話「殺しのチケット」[2013年6月5日放送]

 森田宗介(西村雅彦)が時おり和菓子店を訪れ、パート店員・長島弥生(酒井美紀)と談笑していることを知った仙堂卓巳(正名僕蔵)は、いつも高圧的な森田の弱みを握ろうと画策。同僚刑事・遠山修介(眞島秀和)を引き連れ、森田を尾行する。そのときだ。2人は偽造クレジットカードの取引現場に遭遇。だが、カードを買った男の一人を除き、全員取り逃がしてしまう。その翌日、偽造カードを売った男・岡野太一(村田充)の変死体が、月島中央署管内で見つかった! 遺留品を改めた糸村聡(上川隆也)は、前日の取引で得たはずの金が消えていることを発見。さらに、現場に落ちていた水上バスのチケットが気になってしまう。そのチケットにはなぜか、茶色い染みが付着していた…。

 さっそく特捜本部が設置され、月島中央署と警視庁捜査一課の面々は捜査を開始。まもなく、もうひとつの殺人事件が発覚する。新人作家・浅井徹(伊勢谷能宣)が自宅で殺されていたのだ。岡野が生前、浅井との間に“あるトラブル”を抱えていたとの情報から、岡野=犯人説が浮上。だが、殺人の動機としては弱すぎる感が否めず、捜査員たちはどうも釈然としない。

 一方、水上バスのチケットに付いていた指紋が特許庁職員・三枝達也(鈴木浩介)のものだという事実を掴んだ糸村は、彼のもとを訪問。だが、糸村からその報告を受けた森田と管理官・金子丈弥(小木茂光)は、瞬時に顔色を変える。さらに、糸村の案内で三枝の自宅を訪れた森田は、彼が不在であることを確かめると、どういうわけか弥生の自宅へ。実は森田らと三枝、弥生の間には“今なお消し去ることのできない接点”があり…!?

 やがて、岡野殺しの容疑者を特定する重要な証拠が見つかった! 容疑者の身柄を確保するため、特捜本部はローラー作戦を開始。そんな中、糸村は容疑者の家で見つけたドロップ缶に関心を寄せる――。

第1話 2013年4月17日「ハーモニカ」
第2話 2013年4月24日「ルビーの指輪」
第3話 2013年5月1日「赤の香水」
第4話 2013年5月8日「ふたつの茶杯」
第5話 2013年5月15日「折れた絵筆」
第6話 2013年5月22日「スタンプカード」
第7話 2013年5月29日「立証〜離婚弁護士香月佳美〜立証」
最終話 2013年6月12日「最後の遺留品!!森の中の真っ赤なドロップ」

遺留捜査 TOPへ
各話視聴率へ
2013年春ドラマ(4-6月)TOPへ
2013年春ドラマ視聴率一覧へ

『遺留捜査(第3シーズン)第8話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013年春ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

遺留捜査 第3シリーズ (第8話・6/5) 感想
Excerpt: テレ朝ドラマ『遺留捜査 第3シリーズ』(公式)の第8話『殺しのチケット』の感想。 “決め台詞キャラ”は前後編にしちゃダメだって! ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問くださいませ! ht..
Weblog: ディレクターの目線blog@Seesaa
Tracked: 2013-06-06 08:18

遺留捜査(3)第8話
Excerpt: 『殺しのチケット 内容 森田(西村雅彦)を尾行する仙堂(正名僕蔵)と遠山(眞島秀和) 何とかして弱みを握ってやろうという仙堂の執念だった。 その最中、妙な男たちがいる船を見かけ接近。。。 偽造カー..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-06-06 17:31

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年冬( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
50音検索