2013年04月01日

TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜 TOP

『TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜』は、2013年4月19日から同年6月21日まで、TBS系列の金曜ドラマ枠(毎週金曜22:00 - 22:54〈JST〉)で放送された。全10話。初回は25分拡大。

主演は唐沢寿明。唐沢のTBS連続ドラマでの主演は『輝け隣太郎』(1995年10月期)以来18年ぶりとなる。また松雪泰子のTBS連続ドラマへの出演は『砂の器』(2004年1月期)以来9年ぶりとなる。


概要
唐沢寿明の主演による史上最強の窃盗団「TAKE FIVE」の活躍を描く連続ドラマ。大学教授という表の顔を持つ腕利き窃盗団のメンバー・帆村正義を演じる唐沢、裏の顔を知らずに正義を追う刑事・瑠衣役で松雪泰子が共演する他、窃盗団のメンバーには稲垣吾郎、松坂桃李、六角精児、入江甚儀が顔をそろえる。さらに窃盗団を追う若手刑事に千葉雄大、正義の研究室の学生に福田彩乃といった個性ある役者が勢ぞろいする。


ストーリー
悪人から大金をせしめる窃盗団“TAKEFIVE”のメンバーとして20年前まで父親と共に泥棒稼業をしていた帆村正義(唐沢寿明)は、窃盗団を解散して足を洗い、現在は心理学の教授として生活を送っている。しかし、彼の前に現れたホームレス風の謎の女(倍賞美津子)から名画の写真を渡されたことをきっかけに、封印していた泥棒の血が騒ぎ始める。確認したい一心で、絵画があるという東都銀行の倉庫に入り込んだ正義は、自分と同じように忍び込んでいた泥棒の新美晴登(松坂桃李)と遭遇する。同じ頃、刑事の笹原瑠衣(松雪泰子)は銀行で異常事態が発生したことに気づき、駆けつける。


キャスト
TAKE FIVE
帆村 正義 - 唐沢寿明
上教大学心理学部研究室教授。専攻は恋愛心理学。ジャズの曲「テイク・ファイヴ」を愛し、ジャズバー「SWING TIME」のオーナーをしているが、酒は苦手。

新美 晴登 - 松坂桃李
警備会社・第一セキュリティ防犯システム開発部の社員。東都銀行セキュリティシステムの設計者。

南 真一 - 六角精児
若葉総合病院薬剤師。帆村の昔馴染みの仲間。現在は結婚し、4歳の娘がいる。

火岡 均 - 入江甚儀(少年期:須田瑛斗)
重機メーカーの試験走行担当者。祖父は元TAKE FIVEのメンバー。父(演:窪園純一)が東都銀行の投資信託「Hトラスト」に騙され、自殺を図る。

岩月 櫂(いわつき かい) - 稲垣吾郎
芝大門警察署の刑事。芝大門警察署の隠し口座について上司に告発し、盗犯係から盗品管理係に左遷させられる。

旧メンバー
後藤 - 峰竜太

野上 誠 - 小林隆
窃盗には愛が大事だと帆村に教える。現在は行方不明。

関係者
笹原 瑠衣 - 松雪泰子(少女期:広瀬すず)
芝大門警察署盗犯係の刑事。TAKE FIVEが引き起こした事件で父親を亡くす。窃盗は殺人と同等の罪と考え、盗みを働く人間を心の底から憎んでいる。

笹原 紗枝 - 江田結香
瑠衣の妹。上教大学心理学部に通う学生。以前は警察官志望だったが、帆村の講義の影響で大学院に進学したいと思うようになる。

笹原 徹 - 菅原大吉
瑠衣・紗枝の父親。元刑事。「ルクレツィアの肖像」が保管されていた美術館で何者かに殺害される。

ホームレス - 倍賞美津子
泥棒を辞めた帆村に近付き、「ルクレツィアの肖像」の情報を流す。

警視庁芝大門警察署
増田 公造 - でんでん
盗犯係係長。

矢野 昇太郎 - 千葉雄大
盗犯係。非力な小心者でまともに犯人と対峙出来ないでいる。

香川 竜一 - 阿部進之介
盗品管理係。

SWING TIME
帆村がオーナーを務めるジャズバー。TAKE FIVEのメンバーが秘密裏に集う場所でもある。
バーテンダー - 駿河太郎
SWING TIMEのバーテンダー。

小百合 - JUJU
ジャズシンガー。

その他
柿沢 なな - 福田彩乃
帆村の助手。色々な占いに嵌っている。

スタッフ
原案・脚本 - 櫻井武晴
脚本 - 藤井清美、丑尾健太郎
音楽 - 菅野祐悟
演出 - 岡本伸吾、渡瀬暁彦、川嶋龍太郎
音楽プロデュース - 志田博英
音楽コーディネート - 溝口大悟
演出補 - 田中健太
タイトルCG - 中村淳
CG - 宮崎浩一
アクションコーディネーター - 竹田道弘
作画協力 - 渡抜亮
警察監修 - 古谷謙一
心理学監修 - 齋藤勇
プロデュース - 伊與田英徳
プロデューサー補 - 吉村剛弘
製作著作 - TBS

主題歌 - 2PM「GIVE ME LOVE」(アリオラジャパン / JYPエンターテインメント)
劇中歌 - JUJU「TAKE FIVE」(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)


各話あらすじ(2013.4.19 - 2013.6.21)全10話 平均視聴率 10.07%
第1話 2013年4月19日「俺たちは愛を盗めるか〜悪から盗む正義の泥棒VS女刑事の恋愛エンタ誕生!!」 (初回20分拡大 22:00〜23:19)
 正義(唐沢寿明)は、東京都内の大学で心理学の教壇に立つ教授。だが、彼には誰も知らない裏の顔があった。それは、彼が昔、史上最強とうたわれた窃盗団「TAKEFIVE」のメンバーだったことだ。いつものように講義を終え、研究室に戻ってきた正義は、机の上に置かれた不審な茶封筒に気付く。中身はレオナルド・ダビンチの絵画の写真だった。写真を手にした正義が、ふと研究室から窓の外を見ると、そこには大学に不似合いな風貌のホームレスの女性(倍賞美津子)が正義を見詰めていた。

第2話 2013年4月26日「まさか!逮捕!!5人がピンチに」
 正義(唐沢寿明)の研究室に突然、岩月(稲垣吾郎)と名乗る刑事が訪ねて来る。岩月は正義が20年前に属していた窃盗団「TAKEFIVE」について知っていることをにおわせると、先日、銀行に侵入し、銀行の投資信託に関する機密データを盗んだ犯人は正義、晴登(松坂桃李)、南(六角精児)、均(入江甚儀)の4人だと指摘する。正義は警戒するが、岩月は正義に、盗んだデータの中身が知りたいと切り出し、1週間以内にデータのコピーを用意するよう要求する。

第3話 2013年5月3日「刑事を助ける泥棒!警察に潜入」
 芝大門署の刑事・瑠衣(松雪泰子)と昇太郎(千葉雄大)は、美術館での展覧会を終え、安置されている寺へ戻すために移送される国宝級の「四天王像」の特別警戒に就く。だが移送中、輸送車が4人組の覆面をした襲撃犯に襲われてしまう。二人は必死に防戦するが、襲撃犯に四天王のうち3体の仏像を奪われ、逃げ去られてしまう。死守した1体は事件の証拠品ということで、ひとまず署内に保管されることになった。しかし、昇太郎が岩月(稲垣吾郎)と一緒に倉庫で仏像を確認した際、襲撃犯との攻防の衝撃で破損していることに気付く。昇太郎は、そのことを岩月に口止めするが、岩月は正義(唐沢寿明)ら「TAKEFIVE」の面々に報告する。瑠衣の立場が窮地に陥っていると知った晴登(松坂桃李)は、警察署の倉庫に保管されている仏像を盗み出し、補修して気付かれないよう元に戻すと言いだす。

第4話 2013年5月10日「5人で奇跡を盗め!姉妹の愛」
 晴登(松坂桃李)は単身、窃盗目的で侵入した高級マンションの一室で、自分とは別に侵入してきた男と遭遇する。男は何と、侵入した部屋のあるじの兄・研一(世良公則)だった。晴登を通じて研一と面会した正義(唐沢寿明)らテイクファイブは、研一から、弟の研二(風間トオル)に盗まれた「奇跡のマウス」を奪還してほしいと依頼される。研一と研二は、別々の大学で教授として教壇に立っており、研一は、長年研究を続けていた「ある細胞の手掛かりとなるマウス」を1匹だけ生み出すことに成功していた。しかし、その数十億円もの価値を持つといわれる「奇跡のマウス」を同じ分野の研究者である研二に盗まれてしまい、特許も取られてしまったというのだ。

第5話 2013年5月17日「裏切り者は誰だ!?ライバル出現」
 正義(唐沢寿明)は、度々姿を現すホームレスの女(倍賞美津子)から、正義が捜しているダビンチの絵画の在りかが分かったと知らされる。女の情報では、水無月(花田虎上)という商事会社を営む男が持っており、この男はダビンチ専門のブローカーとしての顔も持ち、裏では盗品も扱っているという。正義は女から、水無月が絵を売りさばくため、早々に海外へ輸送してしまう可能性があると言われ、絵画への接触をせかされる。そんな中、ある美術館が所有していたダビンチの絵画が、何者かによって盗まれる事件が発生する。犯行の手口が正義たちの手口と類似していたことから、警察や世間では、伝説の窃盗団、テイクファイブの犯行だと見なされる。犯行に関して身に覚えのないテイクファイブの南(六角精児)や均(入江甚儀)は、一匹おおかみで何かと単独行動を取る晴登(松坂桃李)が勝手に犯行に及んだのではと疑うが、晴登は関与を強く否定する。

第6話 2013年5月24日「仲間を救えるのか?友情完結編」
 晴登(松坂桃李)は、偽テイクファイブを率いる後藤(峰竜太)のわなにはまり、後藤たちが盗んだダビンチの絵画の窃盗犯として警察に逮捕されてしまう。後藤から呼び出され、20年ぶりに対面した正義(唐沢寿明)は、ダビンチの絵画を追うことから身を引かなければ、晴登以外の仲間にも害が及ぶことになると警告を受ける。後藤の警告が気になる正義は、晴登を助け出そうと言いだす岩月(稲垣吾郎)、南(六角精児)、均(入江甚儀)らテイクファイブの面々に何も行動を起こさないよう指示する。そして正義は、単独で晴登の救出とダビンチの絵画の強奪を試みる決意をする。まず、正義はダビンチの絵画を扱うブローカー・水無月(花田虎上)の倉庫に忍び込むが、そんな正義の前に後藤の仲間・ナルミ(黒木メイサ)が現れる。

第7話 2013年5月31日「ダ・ヴィンチを奪え愛のある嘘」
 後藤(峰竜太)が何者かに殺害され、ダビンチの絵画の行方が再び分からなくなってしまう。警察では、後藤の殺害現場に落ちていた遺留品のイヤリングから、テレビ局の美術スタッフとして働いている一馬(松村北斗)が容疑者として浮上する。一馬は傷害と窃盗を繰り返し、瑠衣(松雪泰子)に逮捕されて少年院に送られた過去があった。岩月(稲垣吾郎)から、警察内では、一馬に容疑が掛かっているとの情報を聞いた正義(唐沢寿明)らテイクファイブの面々は、一馬がダビンチの絵画の行方にも関わっている可能性があると考え、一馬の周辺を調べ始める。晴登(松坂桃李)、南(六角精児)、岩月は、一馬がいる撮影所の見学ツアー客を装い、撮影所に入り込む。

第8話 2013年6月7日「宝塚スターから盗め男と女戦い」
 正義(唐沢寿明)らテイクファイブは、瑠衣(松雪泰子)にジャズバーをアジトにしていることを気付かれてしまった。そのころ、テイクファイブと同様に「愛ある盗み」を掲げて暗躍する窃盗団「TEAMFIVE」が関西方面で話題になっているとのニュースが流れていた。そんな中、正義はホームレスの女(倍賞美津子)から呼び出され、ある廃倉庫を訪れる。そこで、女は正義に頼みがあると言い「昨夜、私の大事な絵が盗まれたので、それを取り返してほしい」と切り出す。正義は、女が以前、自分に見せたダビンチの絵画「ルクレツィアの肖像」の写真が、この廃倉庫で撮られたものだと気付き、女自身が、実は「ルクレツィアの肖像」を持っていた人物だったと知り、がくぜんとなる。正義は女から、絵画を取り戻せば真実が分かると言われ、絵画を取り返してくるのと交換に、女に真実を話してもらうことを約束する。そして、女から絵画を盗んでいったのは、話題になっている「TEAMFIVE」だと名刺を見せられる。

第9話 2013年6月14日「最終章・前〜裏切り最後の晩餐」
 正義(唐沢寿明)らテイクファイブは、ホームレスの女・杏子(倍賞美津子)から、ようやくダビンチの絵画にまつわる真相を聞き出した。そんな正義たちの前に、瑠衣(松雪泰子)が踏み込んでくる。正義の素性に気付き、憎悪の目で銃口を向ける瑠衣の姿に、正義はがくぜんとなり、立ちすくむが、晴登(松坂桃李)に助け舟を出され、何とか瑠衣の追っ手から逃れる。アジトにしているバーに戻った正義は、晴登たちから、瑠衣に無抵抗な態度を見せたことを叱咤(しった)され、しばらく身を隠すよう言われる。一方、杏子を絵画の窃盗容疑で逮捕した瑠衣ら警察は、杏子の取り調べに入るが、彼女はかたくなに黙秘を続け、取り調べは難航する。そんな中、正義は、瑠衣たちの動向を見張っていた岩月(稲垣吾郎)が、ひそかにコピーしてきた、20年前の絵画盗難事件の捜査資料を入手。正義は留置場で自殺した父親が、死に際に「最後の晩餐(ばんさん)」という言葉を残していたことを知る。まだ自分たちが知らされていない、ダビンチの絵画に関わる全ての秘密の鍵を握っているのは杏子しかいないと考えた正義は、警察に留置されている杏子を盗み出すと言いだす。

最終話 2013年6月21日「真実の愛を盗み出せ犯人は誰?」
 正義(唐沢寿明)が逮捕され留置されている警察署では、正義の逮捕後間もなく、瑠衣(松雪泰子)が姿を消してしまい、連絡が取れなくなってしまう。上司の増田(でんでん)や部下の昇太郎(千葉雄大)は、テイクファイブの面々が瑠衣を拉致したのではと考え、正義は増田たちから、瑠衣の居場所を教えるよう尋問される。だが正義は、増田たちの隙を突いて取調室から逃走し、岩月(稲垣吾郎)や晴登(松坂桃李)たちの助けも得て警察署から脱出する。杏子(倍賞美津子)が使っていた隠れ家にたどり着いた正義は、尋問の際の増田たちの会話から、警察が杏子から押収し保管している絵画「ルクレツィアの肖像」が偽物だと分かったと晴登たちに報告する。杏子が所有していた絵画が本物だと知っている正義たちは、警察に保管されている絵画が何者かにすり替えられたのではと考える。また、正義たちは、瑠衣の身にも危険が迫っているのではと、瑠衣の居場所を突き止めようとする。

各話視聴率


番組公式サイト
(TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜 - Wikipedia)

『TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜 TOP』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(0) | 各ドラマTOPページ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックありがとうございます! この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10 -12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
2015年夏( 7 - 9月期)
2015年春( 4 - 6月期)
2015年冬( 1 - 3月期)
2014年秋(10-12月期)
2014年夏( 7 - 9月期)
2014年春( 4 - 6月期)
2014年冬( 1 - 3月期)
2013年秋(10-12月期)
2013年夏( 7 - 9月期)
2013年春( 4 - 6月期)
50音検索