2013年03月06日

ビブリア古書堂の事件手帖 第9話

「タヌキとワニとイヌが出てくる絵本」2013年3月11日

 篠川栞子(剛力彩芽)と五浦大輔(AKIRA)は、大輔の勉強のため定休日に古書店巡りをすることを決め、写真集専門の古書店へやってくる。ギャラリーを併設したその店で写真を見ていると、写真は好きか、と高坂晶穂(矢田亜希子)が声をかける。晶穂は、大輔の高校の同級生で元恋人だった。カメラマンの晶穂は、野上司(望月章男)という気鋭のカメラマンと写真展を開いていると説明。そんな晶穂は、栞子が古書店店主だと知ると、「タヌキの絵本」を探してくれと頼む。タイトルや作者は覚えていないが、舞台は外国でタヌキなどさまざまな動物が出てきてみんなで家を建てる話だったという。それを聞いた栞子は、知っている話のようだが詳しくはわからないと答える。

 後日、晶穂が「ビブリア古書堂」を訪ねてくる。志田肇(高橋克実)が焼き上げたパンの試食をすすめるが晶穂はそれを断り、今日来たのは思い出したことがあるからだと言った。絵本にはほかに、サイとワニ、成績の悪い男の子も出てきたと話すが、栞子は思い当たらない。晶穂は、あとは実家を探すしかないと言うが、母親・ミズエ(かとうかず子)との関係が悪く会いたくないので、栞子に同行してほしいと頼む。

 栞子と大輔が晶穂とともに実家を訪ねると、迎えたミズエの態度は冷たく晶穂を見ると「栄養不足」などと言う。さらに、部屋で絵本を探しているとミズエが入ってきたので、大輔が絵本に心当たりはないかと尋ねるが、ミズエは覚えていない、と言い放つ。それどころか、亡くなった夫が残した書籍を買い取ってくれ、と頼む。

 数日後、大輔は買い取った書籍代をミズエに届けに行き、その際、大輔が庭に残された「なかよしの家」と名付けられた犬小屋のことに触れる。「なかよしの家」とは、絵本に出てきた家を真似て晶穂が付けたものだ、と。するとミズエは、犬小屋に「友だちの家」と付けたり、飼い犬に「トービク」と名前を付けるなんてバカだ、と返した。

 「ビブリア古書堂」に戻った大輔は、栞子にミズエとのやりとりを話す。すると、大輔が犬の名を言う前に、栞子が、「トービク」ではないかと聞き、絵本がわかった、と言った。

 翌日、栞子は、「ビブリア古書堂」にやってきた晶穂に、パペットアニメーション映画『チェブラーシカ』のDVDを差し出す。意表を突かれた晶穂に、栞子はチェブラーシカの物語を話してやる。チェブラーシカがライオンに子犬のトービクを紹介したり、みんなで友だちの家を作るという物語は晶穂が言っていた通りだが、大きな瞳と耳を持つ主人公・チェブラーシカのキャラクターが、晶穂が話していた「タヌキ」とは異なる。

そこで、栞子が1冊の絵本を取り出した。それは、『チェブラーシュカとなかまたち』という『チェブラーシカ』の原作になった本で、そこには、タヌキのようなキャラクターが描かれていた。栞子は以前、映画『チェブラーシカ』を見た篠川文也(ジェシー)からストーリーを聞いていたが、絵本を読んでいなかったため、そのふたつがすぐに結びつかなかったのだ。それを聞いた晶穂が感心すると、栞子はミズエの言葉にもヒントがあったのだ、と言う。ミズエが犬小屋を「友だちの家」と呼んだのは、最近映画を見たからで、それはつまり、密かに絵本を探していたからだ、と。探したが見つからず、代わりに見つけたDVDを見たのだろうと栞子は言うが、そんなことはあり得ない、と晶穂は受け入れない。

すると、栞子が晶穂の実家にあったメモ用紙をつなぎ合わせた地図を見せる。それは、晶穂が写真展を開いていた場所を示したものだった。さらに、ミズエが書籍の買い取りを依頼したとき、晶穂が携わった写真集だけは売らなかったことも告げた。そして、栞子は、パンの匂いを受け付けないなどの理由から、晶穂が妊娠していることを言い当てた。相手は、野上で絵本が見つかったらそれを打ち明けようとしていたのでは、と言った。晶穂はそれを認めたが、大事な時期にいる野上には話せないし、子供を産んだとしてもミズエのような母親になるのが怖いのだ、と葛藤を明かした。

 そこへ、ミズエが入ってきた。ミズエは晶穂の様子から妊娠にも気づいていたが言い出せなかったのだ。ついに、晶穂と向き合ったミズエは、出産をためらう晶穂に、素っ気ないながらも出産を後押しする言葉をかけた。そして、「私、産むから」という言葉を聞くと、店を後にした。その後、晶穂は野上にも妊娠を告げ、ふたりは結婚することになった。

 晶穂とミズエの結末を聞いた志田は、母娘はどこか深いところでつながっているものだ、と言った。それを聞いた栞子は、ノートに挟んでいた母・智恵子(安田成美)の写真を取り出すが、すぐに閉じてしまう。

第1話 2013年1月14日「偽のサインと古書に秘められた謎」
第2話 2013年1月21日「なぜ犯人は一冊だけ本を盗んだのか」
第3話 2013年1月28日「本日のお客様は脱走犯!?」
第4話 2013年2月4日「鍵のかかった部屋から盗まれた本」
第5話 2013年2月11日「今回は、結末が2つです」
第6話 2013年2月18日「脅されているんです、異常な男から」
第7話 2013年2月25日「複数の真実」
第8話 2013年3月4日「真犯人はビブリアにいる」
第10話 2013年3月18日「江戸川乱歩!?」

ビブリア古書堂の事件手帖 TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ

『ビブリア古書堂の事件手帖 第9話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(9) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【ビブリア古書堂の事件手帖】 第9話 感想
Excerpt: 子供のころに読んだ絵本をもう一度 読みたい。 そう思って絵本を探す人は少なくないかもしれません。 記憶の糸を手繰り寄せ、その絵本とまた出会いたいと思うのはどんな時でしょうか? そして、その思..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2013-03-12 00:01

「ビブリア古書堂の事件手帖」第9話
Excerpt:   第九話栞子と大輔は、大輔の勉強のため定休日に古書店巡りをすることを決め、ある日、写真集専門の古書店へやってくる。ギャラリーを併設したその店でふたりが写真を見ていると...
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2013-03-12 07:03

ビブリア古書堂の事件手帖「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの」
Excerpt: 思えば、矢田亜希子。以前は、長く、素直なお嬢さん役が続いてたのに、復帰後は、随分と気難しい役が多いですね。 どうやら、原作を、かなりアレンジしてたみたいで、そういうブーイングもあったみたいですが..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2013-03-12 08:13

泣くな、はらちゃん八話&ビブリア古書堂の事件手帖九話感想
Excerpt: ■泣くな、はらちゃん八話七話でついに、長瀬智也・はらちゃんだけでなく、漫画の世界の仲間全員が現実世界に出てきてしまうことに。。彼らはそこで自分達がいる世界とはまったく違う世界と景色を目の当たりにするが..
Weblog: NelsonTouchドラマブログ
Tracked: 2013-03-12 09:06

ビブリア古書堂の事件手帖 第9話★タヌキ目店主とタヌキの絵本
Excerpt: 「ビブリア古書堂の事件手帖」第9話 タヌキとワニとイヌが出てくる絵本 吹き替えの世界で不可欠の存在だった名声優・納谷悟朗さんが逝去。 小生にとってはおそらく『コンバット』のヘンリー少尉役..
Weblog: 世事熟視〜コソダチP
Tracked: 2013-03-12 11:55

ビブリア古書堂の事件手帖 第9話
Excerpt: 栞子(剛力彩芽)と大輔(AKIRA)は、大輔の勉強のために定休日には古書店巡りをしていました。 ある日、写真集専門の古書店へ行った時にギャラリーを併設したその店で2人が写真を見ていると、高坂晶穂..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2013-03-12 17:53

ビブリア古書堂の事件手帖 第9話
Excerpt: 『タヌキとワニとイヌが出てくる絵本 内容 大輔(AKIRA)は、栞子(剛力彩芽)と写真集専門の古書店を訪れた そこで、大輔は高校の同級生・高坂晶穂(矢田亜希子)と再会する。 カメラマンをやっている..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-03-12 18:49

ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」 第9...
Excerpt: 子供のころに読んだ絵本をもう一度読みたいという想いが生まれる時はどういうときか--------。最近は大輔の勉強がてら、定休日は古書店巡りをしているという大輔と栞子。今日は写真集...
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2013-03-12 20:50

ともだちはみんなあちこちのとおりでいなくなってしまったの(剛力彩芽)
Excerpt: 「チェブラーシュカとなかまたち/ウスペンスキー」は1974年に日本で翻訳刊行された絵本である。 原典はソ連時代の1966年に児童文学家エドゥアルド・ウスペンスキーによる「ワニのゲーナ」シリーズである。..
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2013-03-12 22:20

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
2015年秋(10-12月期)
50音検索