2013年03月05日

サキ 第10話

第10話「姉さんごめん…母さんを殺したのは、僕です」2013/3/12

妻・恵(富田靖子)にイヤリングを見せられ、サキ(仲間由紀恵)に嵌められたと知った須藤(高嶋政伸)は、自宅を飛び出し、サキの元へ向かい理由を問い詰める。サキから「母を殺した5人の男のうちの一人」だと突きつけられる須藤。しかし、須藤に心当たりはまるでなかった。

一方、サキの自宅から、父・須藤(高嶋政伸)が出て来るのを目撃した和繁(庄野崎謙)は、事情を聞きにサキを病院に訪ねる。父がサキを息子の相手ではなく、女性として見ており、息子と別れてくれと言いに来たのだと聞かされた和繁は、怒りのあまり帰宅するやいなや須藤を殴り、問い詰める。それを聞いた恵は、夫の上着に入っていたイヤリングもサキのものだと察して愕然。サキの自宅へ乗り込むと、激昂してサキに襲い掛かる。

「絶対に夫は渡さない」と包丁を向ける恵の姿を「イキイキしてる」と笑ったサキは、「そういう本当のあなたに戻ればいい。何が一番の幸せかよく考えて」と諭す。サキの言葉に、憑き物が落ちたかのように落ち着いた恵は、「あなたに出会えてよかった」と漏らし、須藤のことが気持ち悪くなったと明かす。 その夜、帰宅した須藤はテーブルの上に置かれた離婚届を見つける。一方、家を出た和繁はサキに父と縁を切ると宣言し、「もう一度やり直して欲しい」と懇願。ところがサキからは「ただのバカ」と言い捨てられ、ぼう然となる。

サキの仕掛けた罠により、見事なまでにバラバラに崩壊してゆく須藤一家。
一方、隼人(三浦翔平)は、直美(内田有紀)らとともに、サキの復讐のターゲットとなった3人の男たちと母・明美(朝加真由美)との接点を探っていた。そんな中、「母は5人の男に殺された」というサキの言葉の真意を探るため、母が搬送された病院で死因を改めて調べていた隼人は、医師の「過去に大きな手術でもしていない限りは、死因を早めた原因もない」ということばにハッとなる。

夜、誰もいなくなった家でひとり過ごす須藤は、喪失感に苛まれ、部屋の中で暴れだし、部屋に火を放つ。
そのころ、サキはステーキ肉を取り出し、須藤家が誕生した1989年のワインと共に味わいながら、隼人からの留守番電話を聞いていた。「姉ちゃんは知ってたんだね。俺が、母さんを殺したことを…」。

第1話 2012年1月8日「美しい隣人のサキが甦る!“姉弟”の再会に潜む毒」
第2話 2013年1月15日「悪女の微笑みは復讐の始まり…最初の標的は」
第3話 2013年1月22日「禁断への階段をかけ上がる男、運命を操る女」
第4話 2013年1月29日「第一ターゲットの結末…秘めた恋が暴かれる時」
第5話 2013年2月5日「新ターゲットへの赤い罠…姉への疑惑完全犯罪がバレる時」
第6話 2013年2月12日「弱者の逆襲!追い詰められた悪女」
第7話 2013年2月19日「母へ…明かされる“悪女”の履歴書」
第8話 2013年2月26日「母のための復讐…妻が寝ている間に男を誘う女」
第9話 2013年3月5日「セレブ妻を狂わす疑惑の真珠…4人目の復讐」
最終話 2013年3月19日「ついに今夜完結!明かされる復讐の真相と、悪女の最後」

サキ TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:サキ

『サキ 第10話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(10) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

サキ「姉さんごめん…母さんを殺したのは、僕です」
Excerpt: ついに、理事長・須藤の家庭は崩壊。屋敷に放火して、たぶん理事長(高嶋政伸)も… サキ(仲間由紀恵)は、お約束。祝宴のワインとお肉をもぐもぐ… だけど、高嶋政伸に富田靖子、すっかり狂気を怪演の人に..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2013-03-13 08:19

サキ (第10話・3/12) 感想
Excerpt: フジテレビ系ドラマ『サキ』(公式)の第10話『母を殺した最後の男』『(ラテ欄)姉さんごめん…母さんを殺したのは、僕です』の感想。 少し脚本が雑になってきているような… 今期の中..
Weblog: ディレクターの目線blog@FC2
Tracked: 2013-03-13 10:54

サキ 第10話
Excerpt: 『母を殺した最後の男 「姉さんごめん…母さんを殺したのは、僕です 内容 直美(内田有紀)に問い詰められても、 “罪も無ければ、証拠も無い”と言いきるサキ(仲間由紀恵) そのころ、夫のスーツにイヤ..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-03-13 17:44

【サキ】第10話 感想
Excerpt: 姉ちゃんは…知ってたんだね。 俺が…母さんを…母さんを… 殺したことを…。 サキ 第10話      あ〜面白かった…。 爆笑した…。 こんな見方でいいのか…..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2013-03-13 19:28

サ キ 第10話
Excerpt: 1989年のワインは須藤の家族が生まれた日。 「・・・家族3人のお祝いなの・・♪」  よくもまぁそんな楽しそうに おいしそうに・・ねぇ。 ぞ〜〜〜。 死んでった3人の接点が見つからない。..
Weblog: shaberiba
Tracked: 2013-03-13 21:52

サキ 第10話「姉さんごめん…母さんを殺したのは、僕です」
Excerpt: これまで張ってきたサキの罠が発動。 崩壊する須藤家!  須藤と息子は親子だけに同じ部分が多いので罠にはめやすいでしょうね(笑) どちらも盲目な愛に一直線だし。 恵も須藤を ...
Weblog: D☆エディション
Tracked: 2013-03-13 21:54

サキ 第10話:姉さんごめん…母さんを殺したのは、僕です
Excerpt: 肉食った〜! (○`〜´○)モグモグ 理事長の生死は不明だけど、確かに須藤家は崩壊だもんね。 マイヤー的には一丁上がりってことで、祝杯あげてたんだねー いやぁ〜、しかし恵も和繁坊ちゃんもちょろい..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2013-03-13 21:57

ドラマ「サキ」 第10話 あらすじ感想「...
Excerpt: 須藤家の崩壊-----------!!なんというか、すっごい展開だったなぁ。ちょっとこれは苦笑しちゃたかも(^^;)サキの家に怒鳴り込む須藤。どういうつもりなのか?サキは落ち着いて答...
Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
Tracked: 2013-03-13 22:05

「サキ」 第10話 母を殺した最後の男
Excerpt:  いや〜今回は須藤一家には笑わせてもらったよ〜すばらしい仕事っぷりでした。 さて、恵(富田靖子)に怯えて理事長(高嶋政伸)が逃亡した後・・・・向かった先はサキ(仲間由 ...
Weblog: トリ猫家族
Tracked: 2013-03-14 15:00

サキ(10)
Excerpt: 視聴率は 8.1%・・・前回(8.9)より 母を殺した最後の男
Weblog: ドラ☆カフェ
Tracked: 2013-03-14 20:13

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
2016年春( 4 - 6月期)
2016年冬( 1 - 3月期)
50音検索