2013年02月17日

とんび 第7話

第7話「父と子の巣立ち」2013年2月24日

平成4年。
東京で大学生活を送るアキラ(佐藤健)から電話で「雑誌の編集部でアルバイトをしていて、将来的には雑誌の編集者になりたい」とはじめて明かされたヤス(内野聖陽)。

法学部で法律を学んでいるアキラは弁護士になるものだと思っていたヤスは、編集者になることを認めないと激怒して電話を切ってしまう。

怒りが収まらないヤスは、面と向かって話をしようと考えている矢先、アキラが働く編集部から仕事中にアキラに怪我をさせてしまったという謝罪の電話が入る。

アキラのことを心配するも、東京に行くことをためらうヤスの代わりに照雲(野村宏伸)がアキラの様子を見に東京を訪れることになり…。

第1話 2013年1月13日「〜昭和を生きた家族の愛と命の感動物語〜どうしようもない男がどうしようもなく妻と息子を愛した30年間…全ての父親に捧ぐ−」
第2話 2013年1月20日「最愛の決断−」
第3話 2013年1月27日「父と子の反抗期」
第4話 2013年2月3日「本当のお母さん」
第5話 2013年2月10日「さらば愛しき人」
第6話 2013年2月17日「父と息子の最期」
第8話 2013年3月3日「父と息子の遺言状」

とんび(TBS版)TOPへ
各話視聴率へ
2013年冬ドラマ(1-3月)TOPへ
2013年冬ドラマ視聴率一覧へ
タグ:とんび

『とんび 第7話』の上へ

『ドラマハンティングP2G』のトップへ

posted by Dhunting | Comment(0) | TrackBack(4) | 2013年冬ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【とんび】第7話 感想
Excerpt: 子供は、二十歳も過ぎると、もう自分のことを一人前だと思い出す。 だけど、親にしてみたら、まだまだ子供だとしか思えない。 親子には必ず そんな季節がやってくる…。 とんび 第7話 ..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2013-02-25 02:26

日曜劇場 「とんび」 第7話
Excerpt:  「あの・・・・親父 生きてますけど」旭  ヽ(´∀`)ノ よっしゃーー!!ヤスは生きてたぞーーー! って、わたしゃ信じてましたョ、信じてたけどさぁ、それでも、紛らわしい ...
Weblog: トリ猫家族
Tracked: 2013-02-25 16:49

とんび 第7話
Excerpt: 『父と子の巣立ち』 内容 由美(吹石一恵)は、旭(佐藤健)の父・安男(内野聖陽)が存命と知り、 驚きを覚えていた。亡き母の写真だけじゃさみしいということだった。 そんななか旭は、由美と指輪を買いに..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2013-02-25 17:33

とんび 第7話
Excerpt: 1992年、ヤス(内野聖陽)は、東京で大学生活を送る旭(佐藤健)から電話で、「雑誌の編集部でアルバイトしていて、将来的には雑誌の編集者になりたい」と初めて明かされます。 ヤスは、法学部で法律を学..
Weblog: ぷち丸くんの日常日記
Tracked: 2013-02-26 11:46

年度別・放送局・ドラマ名で検索

2020年春( 4 - 7月期)
2020年冬( 1 - 3月期)
2019年秋(10-12月期)
2019年夏( 7 - 9月期)
2019年春( 4 - 6月期)
2019年冬( 1 - 3月期)
2018年秋(10-12月期)
2018年夏( 7 - 9月期)
2018年春( 4 - 6月期)
2018年冬( 1 - 3月期)
2017年秋(10-12月期)
2017年夏( 7 - 9月期)
2017年春( 4 - 6月期)
2017年冬( 1 - 3月期)
2016年秋(10-12月期)
2016年夏( 7 - 9月期)
50音検索